住宅ローンの繰上げ返済と住宅控除について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの繰上げ返済と住宅控除について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/01/11 13:20

住宅ローンの一部繰上げ返済と住宅控除について教えてください。
私は、平成15年にマンションを購入したのですが、2250万円を35年間の返済期間にて借入いたしました。今日に至るまで、住宅ローンに関してあまりに無頓着でいたのですが、結婚を機に真剣に考えようと思っております。
私自身勘違いをしていたのですが、一部繰上げ返済をしても住宅控除がなくなることはないのでしょうか。
また一部繰上げ返済はこまめに行ったほうがよろしいのでしょうか?逆にある程度まで貯まってから行うほうがよろしいでしょうか?
お願いいたします。

サンジ001さん ( 埼玉県 / 男性 / 34歳 )

回答:2件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

繰上げ返済と住宅ローン控除について

2010/01/11 14:56 詳細リンク

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

住宅ローンの繰上げ返済に関しては、2通りの繰上げ方法があります。
一つは、毎月の支払額が変わらずに借入期間が短くなる:期間短縮型、
もう一つは、借入期間は変わらずに毎月の支払額が少なくなる:返済額軽減型です。
繰上げ返済を行うときに、返済方法をどちらか選ぶことができます。
同額での繰上げ返済であれば、通常、期間短縮型の方が利息の軽減効果が大きくなります。

住宅ローン控除の適用要件の一つに、借入期間が10年以上というものがあります。
繰上げ返済の際に、期間短縮型を選択し、借入期間が10年よりも短くなってしまうと、
住宅ローン控除の適用がなくなるので注意が必要です。

現状、住宅ローン控除を受けていて、繰上げ返済によって影響が受ける部分は、
借入期間の部分だけです。

また、繰上げ返済による利息の軽減効果は、
利息部分が大きい借入初期のタイミングの方が大きくなります。
可能であれば、なるべく早く繰上げ返済を行ったほうが良いと思います。

繰上げ返済の返済金額に関しては、
繰上げ返済手数料と利息の軽減分との兼ね合いになります。
最近は、インターネット経由での繰上げ返済手数料が無料のところも増えてきました。
借入銀行に、繰上げ返済手数料を確認してみてください。

仮に、繰上げ返済手数料がかかる場合は、繰上げ返済による利息の軽減部分が
繰上げ返済手数料よりも大きくなければ意味がないので、
ある程度まとまった金額での繰上げ返済になると思います。

繰上げ返済手数料が無料であるならば、
こまめにでも構わないので、なるべく早いタイミングで
繰上げ返済することをお薦め致します。

少しでもお役に立てれば幸いです。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

住宅ローンの繰上げ返済と住宅ローン控除について

2010/01/11 16:25 詳細リンク

回答791_original
サンジ001 さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、


「一部繰上げ返済をしても住宅控除がなくなることはないのでしょうか。」

につきましては、借入期間が10年以上という条件がございますので、繰上返済をすることによって、借入期間が10年未満にならないように注意が必要です。(借入期間であって、残期間ではありません)


また、「また一部繰上げ返済はこまめに・・・・・ほうがよろしいでしょうか?」

につきましては、繰上返済することによって、支払利息を減らすことができますので、こまめに繰上返済するにこしたことはございませんが、ほとんどの金融機関では、繰上返済するにあたって繰上返済手数料が発生します。
そのため、毎月1万円というような単位での繰上返済はあまりお勧めできません。

住宅ローンの繰上返済は、毎月の支払額が変わらずに借入期間が短くなる『期間短縮型』と、借入期間は変わらずに毎月の支払額を少なくなる『返済額軽減型』があります。
繰上返済を実施するタイミングでどちらか選択することができますので、その時の状況に合わせて選択されてください。


以上、ご参考になりましたでしょうか


アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

ペアローンへの借り換えと持ち分の変更 朧月夜さん  2009-09-01 09:10 回答3件
繰り上げ返済のタイミングについて ゆうぱぱさん  2012-12-24 06:31 回答3件
住宅ローン控除適用後の継続条件について TaTachiさん  2011-11-23 23:25 回答2件
10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)