精神科での服薬治療中の血液検査について - 精神疾患治療 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:精神疾患治療

精神科での服薬治療中の血液検査について

心と体・医療健康 精神疾患治療 2010/01/06 17:37

当方は、今、アスペルガーであることが判明し、精神科の薬は一切飲んでいませんが、ついこの間まで、エビリファイ最大量30mgとデプロメール125mgを毎日、2年間近く飲み続けました。その間、血液検査は一切しませんでした。

しかし、向精神薬は肝臓や腎臓にダイレクトにモロに影響するので、不思議ではありました。で、アスペルガーということで薬を徐々に新しい主治医のもとで減薬したのですが、ちょうど薬がゼロになって2週間たってから、つまり、体から薬が抜けたときから、急に体中がかゆくなり始め、とりあえず、皮膚科に行きましたら、慢性蕁麻疹とのことでした。もちろん、過去の服薬・病歴などは全て告げてあります。で、精神科の主治医にこの話をしましたら、エビリファイの離脱症状で極稀に見られるとのことでした。で、様子を見ましょうということで、皮膚科でもらった抗ヒスタミンの薬を飲んでいたのですが、あんまり効かないのです。

こんど、主治医に話もしますが、一応、みなさまのご意見をお聞きしたくて、投稿しました。精神科の服薬治療で血液検査をしないことはザラにあることなのでしょうか?

ちなみに、たまに出来物もできますが、ほとんどはヒタスラかゆいだけです。今もかゆいです。口も渇くので・・・糖尿病になってしまったのでは・・・と不安です。今度、主治医に言って血液検査してもらいますが・・・。エビリファイを30mgも飲んでいたので・・・怖いです。口の渇きはありますが、水を飲まないと苦しいという感じでもありません。水分は普通に取っています。尿の質・量・回数も普通だとは思います。性欲も落ちていません。体重も一定です。もともと痩型です。

よろしくお願いします。

補足

2010/01/06 17:37

先生、御回答ありがとうございます。お返事遅れました。仕事などで忙しいので。すみません。参考になりました。お忙しい中、すみませんでした。先生に於かれましては、今後も引き続きネット・現実世界を通じて、たくさんの人々を救っていって欲しいです。

当方は統合失調症での治療をしてきたものですが、アスペルガー症候群であることが判明し、薬物療法は基本的に不要とのことになりました。

薬は全く効かなかったです。副作用だけが人並み以上に顕著でした。これもアスペルガーたる事由の1つですが。

7年くらい前から、日本の精神医学界でも、アスペルガーと統合失調症の誤診・混同さらにはDSMに記載されているにも関わらず無知である医師が圧倒的多数ということが裏で問題になってきました。ある意味、タブーなんですね。悪い意味で(笑)。もっとも、DSMも診断の参考的な出発点であり、絶対では有り得ません。DSMを絶対不可侵の教典として崇拝している医者もまあ、そんなにいないとは思いますがw 知的怠慢ですからね。プロなんだから先端の分野にどんどんチャレンジしないと。日本精神医学界の闇でもあります。こんなこと言ったらヤバイかな(笑)?でも、本当のことだもんね。以下、権威のある方のサイトですので、私の妄想(?)より当てになると思います。↓(2人の精神科医のサイト)

http://kids.gakken.co.jp/campus/jiritu/medical/backnumber/02_10/top.html

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/4511/

real-giftedさん

回答:1件

精神科の薬

2010/01/08 04:34 詳細リンク
(5.0)

一切服用していないというのですが、今現在ということですね?
エビリファイにしてもでプロメールにしても、精神科の薬です。

ちなみに三ヶ月に一回、あるいは半年に一回は採血します。
やはりいろいろな副作用など出やすいですので。

量が多いから怖いとかそういうのではありません。
必要な時期に、必要な量を服用しないと徐々に悪くなってきます。

評価・お礼

real-giftedさん

菅野庸先生、お忙しい中、有難うございました。これからも頑張って沢山の人を救ってください。応援しています!では、失礼致します。

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
(宮城県 / 院長・医師)
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

菅野 庸が提供する商品・サービス

メール相談

摂食障害の相談室

平成9年から続く、摂食障害メール相談の草分け的存在です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

認知症の母への治療について BBさん  2008-06-28 23:38 回答1件
適応障害の治療について honeybabyさん  2011-03-16 21:25 回答1件
父が病名不明で精神病院に入院。アドバイスください。 石井桜子さん  2010-01-20 23:03 回答1件
統合失調症の妻の服薬について faggotさん  2009-10-04 03:19 回答1件
心療内科の診察内容について camishaさん  2009-08-27 15:46 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

【電話カウンセリング】なるべく早く聴いて欲しい!相談したい!

なるべく早くご相談したい、話を聴いて欲しいといった方に対応します

小日向 るり子

フィールマインド

小日向 るり子

(心理カウンセラー)

メール相談

心と疼痛の温灸指導

様々な症状でお悩みの方に温灸指導させて頂きます

足立 美穂

鍼灸治療院東洋の森

足立 美穂

(鍼灸師)

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

メール相談 メールカウンセリング
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)