家計判断をお願いします。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計判断をお願いします。

マネー 家計・ライフプラン 2009/12/21 23:19

家計判断をお願いします。

■夫29才(地方公務員 一般職上級)
妻30才(専業主婦)子供なし
■年収490万(税込) 手取り24万 ボーナス年85万
■住宅ローン 2700万借入 (変動金利)

住宅ローン 43000
電気代 1万(オール電化)
水道代 9000(2か月)
食費・消耗品・外食代 4万
ガソリン代 4000
生命保険(2人)17000
携帯代(2人)6000
ネット・電話代 6000
車検積立 8000
奨学金返済 15000(残り140万)
犬代(ワクチン代積立も)9000
課の積立 3000
こづかい 旦那1万 妻5000
個人年金 1万
貯金 4万(残業代)

■車の保険 3万 (軽自動車を一括で購入済)
■固定資産 7万
■住宅ローン20万はボーナス払い
残りのボーナスは雑費・医療費・貯金(約7万)になります。

子供も望んでいますので、住宅ローン・教育費を考えるとこれからが不安です。宜しくお願いします。

補足

2009/12/21 23:19

■住宅ローンの金利ですが、変動金利ですと0.975%(全期間1.5%優遇)と低金利でしたので、しばらくは変動で繰り上げ返済を頑張っていこうと思っています。
しかし、変動金利は心配ですので、銀行には相談に行く予定です。

mi-toさん ( 兵庫県 / 女性 / 30歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンと教育費について

2009/12/22 09:18 詳細リンク

mi-to 様

初めまして、ライフ・プランの実現と資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

現況の家計からのアドバイスとして

現在住宅ローンは変動金利です。
将来の金利変動に備えるため、10年固定、20年固定などへの借り換えのご検討をお勧めします。
∵通常住宅ローンは20年〜30年にわたる返済が必要です。将来お子様を得た場合の家計負担の際に困らぬようお勧めいたします。

住宅ローンの返済にかかわる指標をご紹介いたします。
それは、収入(可処分所得)に対する返済負担率で、私は20%未満が望ましく、高くても25%以下と考えています。

現況は変動金利で19.2%〜24.6%です。
(4.3万円×12+20×2)÷373万円×100≒24.6% または(4.3万円×12+20)÷373×100≒19.2%
ただし、貯蓄額が、現在年間50万円(4万円×12ヶ月+α)以上になりますので、家計は健全と拝察申し上げます。


お子様の教育費は、どのような進学コースを選択するかで大きく異なります。下記を参照ください
子供の教育費
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894


但し、現況だけでなく、将来の家計を検討するためには、キャッシュフロー表の作成が有効です。

ご夫婦の将来の夢や希望を、ご家族のイベントとして、例えば出産・入学・進学コース、車・住宅のリフォーム、レジャーや趣味の費用とともに記載するイベント表と、

収入・支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表の作成です。

これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、お子様を育てるのに必要な収支計画、貯蓄目標も明確になります。

サンプルと作成手順を下記に記載しています、ご一読ください
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/list/series/7802/

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/12/22 09:52 詳細リンク

mi-toさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『子どもも望んでいますので、住宅ローン・教育費を考えるとこれからが不安です。』につきまして、ご主人様の手取り月収金額24万円に占めるボーナス分も含めた住宅ローンの負担割合は31.8%ほどになりますので、負担割合としては決して低くはありません。

尚、他の家計支出につきまして、特に過剰と思われる支出項目は見あたりませんので、家計はしっかりと管理されています。

また、手取り月収金額24万円に占める個人年金も含めた毎月の貯蓄の割合は、20.8%ほどとなりますので、ご主人様だけの収入でしたらこの水準まで貯蓄できていれば大丈夫な水準となります。

今後のことを考えて貯蓄を殖やして行きたいのでしたら、奥様も子どもが生まれるまでの期間でしたらある程度の収入を確保してもよろしいと考えます。

今のうちに少しでも貯蓄をしておくと、今後必要となるライフイベント資金のことを考慮した場合、やりくりが楽になります。

ご主人様とも良く話し合っていただくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断です

2009/12/22 10:39 詳細リンク

大阪の独立系FP会社の岡崎です。
公務員に特化したFPサイト参照してください→http://www.56fp.com

今はお子さんがおられないです、貯蓄ができるはずですので少しでも多く貯蓄いていきましょう。住宅ローンも当面は変動金利で大丈夫でしょうが、金利上昇リスク軽減のためにもこれも貯蓄で対応できますね。教育費もしかりです。

これからが不安とのことですからぜひライフプランを作成してください。ご自身でも可能でしょうがプロに任せるとさらに安心です。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

収入を増やす時期 

2009/12/22 11:18 詳細リンク

mi-toさん、今日は。CFPの小林治行です。

家計を拝見しました。良くマネージされているとお見受けしました。
お小遣いが夫+妻で15,000円は相当切り詰めていらっしゃると言うことでしょう。
ですから、支出項目で申し上げることはありません。

幾つかコメントを申し上げます。

1. 今後のライフプラン
今は収入も安定して月4万円の貯蓄が出来ていますが、子供が生まれると支出がグンと上がってきます。その為には収入を上げることと、支払を下げることですね。

2.収入
夫の収入を簡単に上げることは出来ないので、今は身軽な貴女が正社員を目指して就職することしか良策はありません。103万円の夫の扶養以内でパートと考える必要はなく、特技を活かして働き口を探して下さい。
子供ができるまでの期間が、貯蓄を積み立て期間です。

3.ローン
住宅ローンと奨学金ローン合計で2800万円以上あるのでしょうか。
特に現状変動金利で借りている住宅ローンは借入を下げて置きたいですね。妻の就職積立の半分くらいを繰り上げ返済に充てて将来の学資の出費に備えて下さい。
金利状況はここ2年くらいは低いでしょうが、上がり始めると早いものです。その時の対応を銀行に相談しておくことは必要です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

貯蓄・保険の割合は適していますか? 3939ハハハさん  2012-01-22 23:55 回答2件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
家計診断お願いします。 happy_tomoさん  2013-07-28 09:46 回答1件
我が家の家計診断お願いします。 happy_tomoさん  2012-07-17 13:38 回答1件
家計相談…もう限界です peridotshinyさん  2011-09-10 01:07 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)