住宅ローンの組み方と繰り上げ返済 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの組み方と繰り上げ返済

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/12/02 20:36

初めて質問をさせていただきます。

来年4月に入居予定で、ローンの正式申込を今月行います。
借入金は2800万円です。返済期間は25年です。
変動金利と固定10年の2本立てで申込み予定です。
変動金利は2.475%(▲1.4%)で1400万円借入 年間返済額65万円
固定10年は3.350%(▲1.4%)で1400万円借入 年間返済額72.2万円

固定10年と変動の金利差が0.875%しかないと2本立てにするメリットは少ないのでしょうか?
また、金利が上昇した場合、変動から固定に切り替えるタイミングは、固定金利が金利差の0.875%程度上昇する頃が目安になるのでしょうか?

繰上げ返済は、年80万円程度考えています。
2本立てで組んだ場合、変動と固定のどちらを先に繰上げ返済した方がいいのでしょうか?

他の方の似たような質問の回答を拝見しましたが、
高い金利の固定金利の方がいいと言う方と、
リスクの高い変動金利の方がいいという方と分かれていたのですが。。
これはその人の考え方ということでしょうか?

長くなり、まとまりのない文章で申し訳ありません。
ご回答をよろしくお願い致します。

ゆきひろさん ( 東京都 / 男性 / 46歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/12/03 09:22 詳細リンク

ゆきひろさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『固定10年と....メリットは少ないのでしょうか?』につきまして、変動金利を加えたミックス型にすることで、毎月の返済額を多少なりとも軽減することはできます。

『金利が上昇した場合...目安になるのでしょうか?』につきまして、金利もそうですが毎月の返済額が固定金利負担分を上回ってしまった後からでは手遅れとなります。

尚、変動金利から固定金利への切り替えのタイミングはとても難しいと思われますが、上手に乗り越えてください。

『2本建てで組んだ場合...いいのでしょうか?』につきまして、一般的にはローン金利が高い方を優先して繰り上げ返済することになります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

単純に変動金利型から繰上げ返済するをことではなく!

2009/12/03 11:30 詳細リンク

ゆきひろ様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、ゆきひろ様からのご質問につき、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.住宅ローンの繰上げ返済のポイントとしては、

・早い時期に、
・金利が高いものから、
・残債の多いものから、
・期間の長いものから、

2.そして、10年(固定金利指定型)の場合は、その固定金利指定型以外(11年目以降分)を優先して繰上げ返済されることとお考えください。

3.そこで、単純に変動金利型から繰上げ返済するをことではなく、その時の金利状況等によってどの様にするかを判断して、実行されてはいかがでしょうか。

以上

渡邊 英利

渡邊 英利
ファイナンシャルプランナー

- good

固定金利と変動金利を組み合わせる意味は?

2009/12/07 12:02 詳細リンク

ゆきひろ様

はじめまして。
住まいの資金計画アドバイスを専門のひとつとしております、
ファイナンシャルプランナーの渡邊英利です。

ご不安な点が多いことと存じますが、以下をご参考にしてください。

■固定金利と変動金利を2本立てにするメリット

固定金利と変動金利を組み合わせることのメリットは、金利上昇リスク
をある程度回避できることに尽きます。

この先の金利が上がるか下がるか、それがどの程度かは誰も当てる
ことはできませんので、当初の選択が得か損かは、後になって判明
します。

2009年現在、一番メリットがあるのは、変動金利で組んで積極的に
期間短縮型の繰上返済をしていくことでしょう。
ただ、金利上昇のリスクと、予定通り繰上返済ができるか?という
心配を常に抱えることになります。

それはさすがに不安が大きいと思います。
その不安を和らげるために、固定金利やミックスという選択肢があります。

■変動から固定に切り替えるタイミング

もし仮に適用金利が同じ幅で上昇し続ける場合、変動の適用金利が
固定の適用金利を上回っても、まだ変動の方がメリットはあります。

ですが、金利がどのように動くかは、誰にもわかりません。

「金利が上がってきたら固定に切り替えればいい」というトーク
は鵜呑みにせず、ゆきひろ様のライフプランに合わせて、
家計運営と気持ちの両方とも安定した組み方をされるのがよろしい
かと思います。


住宅ローンの選定、返済プラン作成に、簡易シミュレーションツール
をご用意しております。お気軽にご利用ください。
エクセルでカンタン!住宅ローンシミュレーション


住宅ローンサポートパック
住宅ローン、固定派/変動派をきめる7つのポイントは?
マイホーム取得後のキャッシュフローを見据えた相談ができる、
専門FPが住宅ローンにまつわる不安の解消をお手伝いします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン返済に無理はないでしょうか? まーとんさん  2013-08-06 11:00 回答1件
現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
フラット35の融資期間と借り換えについて mocchyさん  2010-03-22 00:35 回答2件
住宅ローン フラット35か固定10年か Maximさん  2009-07-23 14:20 回答3件
50歳過ぎてからの住宅ローンについて NatsuIroNancyさん  2015-07-11 13:16 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)