住宅財形(会社を通して契約するタイプ) - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅財形(会社を通して契約するタイプ)

マネー 家計・ライフプラン 2009/12/01 15:38

会社を通して行う住宅財形を検討しております。
5年後の住宅取得を目指して毎月普通預金10万円分を住宅資金として貯めていますが、それよりメリットがあればこちらに変更しようかと検討しております。アドバイスをお願いします。
-------------------------------------------------
金融機関:三井住友銀行
内容:給与天引き1口(1000円)から
メリット:非課税限度額550万円。利子補給あり、会社利率8.5%。会社積立利率と銀行所定利率との差を利子補給する。
利子補給限度額400万円までそれ以降が銀行利息のみとする。
デメリット:住宅以外に使用した場合、会社が利子補給した額を積立開始時にさかのぼって会社に返還する。

はむ太郎さん ( 東京都 / 女性 / 28歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅財形での貯蓄が優位と考えます

2009/12/01 15:50 詳細リンク
(5.0)

はむ太郎 様

初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

私は住宅財形での貯蓄をお勧めします。
5年目以降に住宅のご購入を予定されているならば、リスクの高い商品での貯蓄は、必要な時期に元本割れなどの可能性もあり、予定金額に届かなくなることも予想されます。
また、リスクの低い商品での運用は、リターンが期待できません。

従いまして、リスクとリターンの観点からは当該住宅財形が勝るものと考えます。

また、将来他の用途で使用する場合にも、会社からの利子補給分を変換するだけで済みますから、元本が毀損するわけではありません。また、銀行利息は残ります。

従いまして、使用用途は限られますが、住宅財形での貯蓄が有利と考えます。

評価・お礼

はむ太郎さん

吉野様

早急なご回答ありがとうございました。
他の質問者さんに回答していらした「家計の管理表
」もとても参考になりました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅財形貯蓄の件

2009/12/01 16:17 詳細リンク
(5.0)

はむ太郎さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『メリットがあればこちらに変更しようかと検討しています。』につきまして、既にメリット・デメリットを幾つか書き出していますので、補足を少しさせていただきます。

住宅財形貯蓄を利用するメリットとして、ご記入された以外にも住宅ローンを利用するときの手数料がかからなかったと思います。
また、住宅財形の場合、固定期間は5年固定金利となりますが、適用されるローン金利の面でも通常のローン金利よりも有利となります。

ただし、デメリットとして、会社経由となりますので、将来、退職をした場合の取り扱いにつきまして、事前に確認をしておく必要があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

はむ太郎さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

はむ太郎さん

渡辺様

補足のメリット・デメリットありがとうございました。
退職時は利子補給が受けられない可能性が確かにありそうです。聞きづらい部分ですが、今後出産・育児等で予期せぬ退職も考えられますのでしっかり確認しておこうと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)


ファイナンシャルプランナー

- good

もちろん財形が有利ですよ

2009/12/01 16:22 詳細リンク
(5.0)

はむ太郎さん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

いまどき金利が8.5%ですか!
それほど恵まれた財形はめったにありませんよ。
普通預金よりはずっと有利ですし、元本保証でその金利よりよいものはありません。

5年以内ですと、元本保証が原則ですし、財形をお勧めします。

それですと、財形融資の場合も利子補給があるかもしれませんね。
財形融資とは財形貯蓄残高の10倍の額(最高4,000万円)まで、所要額の80%を限度として借り入れできる制度です。

5年固定で現在は1.76%

5年後はどうなっている変わりませんが、一つの選択肢としてお考えになるといでしょう。

まずは、確実に頭金をためるには他にはない有利な商品だと思われます。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

評価・お礼

はむ太郎さん

羽田野様

明確にメリットがあると回答くださりありがとうございます、迷いが取れました。
金融商品に疎く、資産運用をした事がありません。住宅購入資金をリスクあるものに投資はできないし、現在不規則な就業時間であり副業も現実的でない。その中で、限られた収入を少しでも活用したかったので。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
出産後の資金運用について りんけんさん  2008-12-29 22:42 回答4件
貯蓄の優先順位は…? かわいいモンキーさん  2007-04-26 23:42 回答4件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
老後の資金準備 akichan19さん  2011-02-13 18:35 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)