万引きでの任意取調べ・・・買取。 - 刑事事件・犯罪 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

万引きでの任意取調べ・・・買取。

暮らしと法律 刑事事件・犯罪 2009/11/27 17:33

最近、朝、警察の方が来て、万引きについての取調べを任意でしています。
防犯カメラに映像が残っていて、そのお店のカードを使った事から、捕まったようです。
それから自白し、さらに2件の被害届が出されました。
上記の事に関しては、本当に深く反省してあり、
お店の方はもちろん、迷惑をかけている主人にも申し訳ないと思っています。
罰は受けるつもりです。

本題ですが、まだ使っていない商品があったので、
警察の方に提出しました。
警察の方から返してくれるとの事でしたが、
警察の方が
【買取りになると思います。私達が返しに行ったら連絡をするので・・・】と言われました。
その場合、私1人で謝罪と買取りにいくのでしょうか?
恥ずかしながら、勇気がなく・・・。
でも自分のしでかした事なので、仕方がないとは思っています。
どうしたらいいのか分からず、悩んでいます。

後、私の罪はどう言うものなのでしょうか?

任意取調べがいつあるか分からない時は、
あまり家をあけない方がいいのでしょうか?
主人の出張などについていく事もあります。
(3泊4日くらい)

たくさん質問してしまい申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

よちさん ( 愛媛県 / 女性 / 33歳 )

回答:1件

羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

2 good

窃盗

2009/11/30 14:48 詳細リンク
(5.0)

謝罪や買い取りに行くのはあなたの責任ですが、もちろん誰かに付き添ってもらうことは構いません。

あなたがしてしまった万引きは窃盗罪になり、刑法235条により「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」とされています。

ただしこれは起訴されて有罪判決を受ける場合のことで、起訴猶予で終われば実際に処罰されることはありません(前歴にはなります)。

起訴するかどうかは検察官が決めますが、被害額が多額にのぼらず、初犯で被害を弁償して反省の態度を示せば、起訴猶予で終わるでしょう。

任意調べが何時あるか分からない時は、出張や旅行に行く前に一応、担当の警察官に伝えてから行くのが良いでしょう。

その時は反省しても、万引きを繰り返す人は結構多いのが実情です。あなたの場合も、なぜそんなことをしたのか、自分でよく考えて下さい。繰り返して一生を台無しにするかどうかはあなた次第です。

評価・お礼

よちさん

ありがとうございます。
とても分かりやすい説明で、本当に助かりました。

自分の犯した罪の責任はとるつもりです。
これからは絶対に万引きはしません。

追加質問なのですが、
まだ事情聴取が残っています。
弁済金額が分からず、
いつ頃、謝罪と弁済に行けばいいのでしょうか?
突然、誤りに行っても、
お店の方も困ると思いますし・・・。

よろしくお願いします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

万引きしました。将来がすごく不安です。 やえざわさん  2008-05-02 17:05 回答1件
万引きで被害届が出る前に謝罪、買取の場合 comet5442さん  2009-04-06 11:21 回答1件
窃盗罪 2度目 comet5442さん  2009-03-18 22:42 回答1件
万引き 初犯 胸毛はげさん  2013-02-13 21:54 回答1件
窃盗罪 被害届 サイクロンさん  2012-12-17 00:03 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

対面相談

交通事故/後遺障害/示談/慰謝料の相談

交通事故の慰謝料は、後遺障害の認定で増額します。後遺障害の認定には「初期の対応」が重要です。

松浦 靖典

尼崎で交通事故の損害賠償請求および後遺症認定の代行手続きを行う 松浦法務事務所

松浦 靖典

(行政書士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)