虫歯治療した歯の詰め物(銀色)がとれました - 一般歯科・歯の治療 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

虫歯治療した歯の詰め物(銀色)がとれました

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2009/10/27 05:06

虫歯の歯の詰め物(銀色)がとれ、虫歯になっています。(38歳女性)今後の治療について悩んでいます。自分の歯を長く使いたいので、歯にとって最善の治療をしたいです。「保険治療」と「自由診療」のどちらがベストでしょうか?【保険治療】削る→詰める(レジンor金属の詰め物)【自由診療】ラバーダム使用・顕微鏡を使って削る→消毒→(セラミック等)詰め物 と解釈しております。保険治療では詰める前に消毒をしないのですか?自由診療の方が、再発リスクが小さいのでしょうか?データ的な裏づけがあることなのでしょうか?また、どの先生が虫歯の再発リスクを低く治療できる方なのかがわかりません。どうかよろしくお願いいたします。

補足

2009/10/27 05:06

お忙しい中、丁寧な説明をしてくださりありがとうございました。アドバイスからやはり自由診療の方が良いと判断して、まず近所の歯科医院の先生に相談しました。大学病院の準教授の先生を紹介していただき、早速行ってきました。自由診療で、ラバーダム使用・顕微鏡を使って削る→消毒→ハイブリッドセラミックの詰め物 の治療予定です。他に歯と歯の間の虫歯がみつかり、そちらもあわせて治療していただきます。その際、虫歯の再発リスクを下げるため、やっていただくと良い施術・気をつけておくことがありましたら教えていただけますでしょうか?よろしくお願いいたします。

moetmoetさん ( 千葉県 / 女性 / 38歳 )

回答:3件

保険診療と自由診療の違い

2009/10/28 15:48 詳細リンク

こんにちは。むつみデンタルクリニックの倉田です。

どちらの方法でも『虫歯を除去して詰め物を入れる』という違いはありません。

ただ、保険診療は診療報酬や使用材料の縛りがあるためにどうしても治療方法や使用材料に制限がかかってしまいます。
その点、自由診療では使用金属・材料などを自由に選択することができます。それにより精度の高い形成・型取り・修復物にすることができます。

当医院では保険診療でも消毒は行いますし、逆に自由診療でもこのような場合はラバーダムは使用しません。
これらの判断は医院ごとに異なりますので、相談されてもいいかと思います。

moetmoetさんが最高の治療を望むのであれば、自由診療を選ばない手はないかと思います。

「虫歯になりにくい治療を行う先生」・・これは調べるのが難しいですね。最近ではホームページなどの媒体も充実していますので、その先生の治療方針に共感できれば受診してみてもいいでしょう。

千葉県松戸市 歯科 むつみデンタルクリニック

歯HOO!ブログ〜松戸市の歯医者さん〜

回答専門家

倉田 友宏
倉田 友宏
(長野県 / 歯科医師)
倉田歯科医院 院長
0265-76-1610
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

長野県でインプラント治療を中心にお口の健康をサポート

虫歯・歯周病治療からインプラント、レーザー治療、メタルフリーの審美治療まで幅広い治療で患者様に多様な選択肢をご提供しています。2014年からは地元の長野県でお口の健康をサポート。健康な歯を長く使っていただくため、予防に力を入れています。

倉田 友宏が提供する商品・サービス

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
小川 朗子

小川 朗子
歯科医師

- good

詰め物について

2009/10/28 12:24 詳細リンク

はじめまして。歯科医師の小川です。
虫歯になったところの治療ですね。

保険治療でも自由診療でも、「虫歯を確実に除去する」という部分では同じなのですが、虫歯の除去→詰め物の型取りから接着までに使用する材料や機器が、自由診療の場合にはとても精密に、“より歯にとって良い”治療を行うことができます。

保険治療でも虫歯を取って消毒して、歯の神経を保護するお薬を使用しますので、きちんとその過程がなされていれば、虫歯の再発リスクは低いです。


しかし、詰め物の材質とその際の接着技術で、長期的に見ると虫歯の再発リスクに違いが生じてきます。
たとえばセラミックの場合は、保険の銀の詰め物に比べ歯の硬さに比較的近いことから詰め物自体の歯へのなじみはいいですし、
接着法や接着剤も非常に優れていますから、詰め物の歯への接着度や封鎖性はとても高いです。そのため、限りなく自分の歯を残し、かつ虫歯の再発も防ぐことができます。


“歯のための良い治療”を行うために、私たち歯科医師が技術や知識を高めるのはもちろんのこと、材料メーカーが常に、臨床現場での声を反映させて新材料の開発に取り組んでいるため、自由診療のレベルはとても向上しています。




そういった意味では、私個人的には自由診療のほうが「歯にとっての最善の治療」なのではないかと思っています。

金田 竜典

金田 竜典
歯科医師

- good

質問にお答えします。

2009/10/28 19:31 詳細リンク

moetmoetさん、こんにちは。

歯科医師の金田 竜典です。

保険診療でも消毒はしますが、ラバーダム、顕微鏡までは行いません。

最高かつ最善の治療を望むなら自由診療をおすすめします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

虫歯治療の詰め物について umi79さん  2011-04-11 21:12 回答3件
保険範囲内での歯の治療 はなやまはなこさん  2010-11-26 10:20 回答2件
前歯の虫歯について質問です。 テルキさん  2009-11-06 13:04 回答2件
神経を抜くと簡単に言われました たんくさんさん  2008-10-21 21:45 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

対面カウンセリング

心療カウンセリング・キャリアカウンセリング

小柳 義朗

吉祥寺心療カウンセリングセンター

小柳 義朗

(シニア心理カウンセラー)

田尻 健二

心理カウンセラー・産業カウンセラー・夢分析家

田尻 健二

(心理カウンセラー)

対面相談

対面カウンセリング初回60分 【女性限定】

あなたの絶対的な味方になります。どうぞ安心して何でもお話しください。

藤井 雅子

メンタルエステ ココロの部屋

藤井 雅子

(心理カウンセラー)

電話相談 電話相談
小柳 義朗
(シニア心理カウンセラー)