住宅ローンの適正借入額について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの適正借入額について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/10/24 11:37

夫33歳・年収500万円、妻40歳・年収700万円の夫婦です。
頭金1000万円で5100万円の物件を購入しようかと考えています。(不動産屋への手数料など込み込みの価格です)

不動産屋では変動金利1.25%、35年ローンで4100万円を借りた場合、月々支払いが120000円程度(ボーナスなし)といわれました。
しかし、妻が40歳で子供に関してまだ可能性を持ちたいと思っており、その場合、産休をとって復帰したとしても現在の会社で勤めるのは難しい(時間的ハード)と考えており、復帰するにしても良くて年収200万円程度、パートで100万円程度になってしまうのではないかと見込んでいます。

このような2人で、夫68歳まで毎月12万円を返済していくのは無謀ではないでしょうか?
繰上げ返済すればと不動産屋はいいますが、年収500万円の収入に妻パート100万円程度の家計で、子供が1人いた場合、繰上げなど不可能ではないかと考えています。

もっと堅実な安い物件を選ぶべきでしょうか?
よろしくお願いします。

とうほうさん ( 東京都 / 女性 / 40歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入について

2009/10/24 14:11 詳細リンク

こんにちは。

4100万円の借り入れを変動金利で借りるのは金利上昇リスクがあり危険です。
完済時期がご主人年齢で68歳を考えているのであれば長期(30年から35年)の固定金利を選んだほうがいいです。それで返済し続けられるか検討しましょう。
不動産会社の人が金利が上昇したら固定金利に変更すれば良いと言うかもしれませんが、金利が上昇するときには長期金利から上昇します。よって、常に世界情勢、国内情勢をチェックして先を読まないとなりません。かなり判断が難しいです。

また、奥様の年収が100万円から200万円になる可能性があるのであれば、4100万円の借り入れは多すぎると思われます。
今後の予定や目標などを考え、検討してみてください。

どうしても購入したいのであれば、一度お近くの独立系のファインナンシャルプラナー(上級資格CFP保持者)にご相談され、今後の家計のシミュレーションを作成してみると状況が明確になります。

株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/10/25 10:16 詳細リンク

とうほうさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このような2人で、夫68歳まで毎月12万円を返済していくのは家棒ではないでしょうか?』につきまして、借入金額4,100万円を2人合わせた手取り年収1,200万円で返済していくというのでしたら大丈夫かも知れませんが、ご主人様の年収プラス100万円〜200万円の収入を基に、4,100万円を返済することは相当にリスクが高いと思ってください。

不動産屋さんはご検討されている物件をとうほうさんに販売してしまったあとから、住宅ローンが返済できなくなってしまっても、何も責任をとってはくれません。

要するに誰でも良いから売ってしまおうという考えでいるだけです。

尚、とほうさんが利用しようとしている住宅ローンは変動金利となりますので、ローンの更新が半年ごとに行われることになります。

現在の適用金利が1.25%で済んでいますが、将来適用金利が3.0%にまで上昇した場合、毎月の返済額は158,000円ほどにまで上昇することになりますがこの金額でも、無理なく返済をしていくことができるかどうかをもう一度ご検討ください。

一般的に変動金利を利用する方につきましては、ほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことができる、比較的収入にゆとりのある方に向いた住宅ローンとなります。

尚、住宅ローンを組んで家計を圧迫するようなことなく無理なく返済していくためには、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として、28%ほどに収まるように住宅ローンを組むようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

ご主人さまのみの年収での!

2009/10/25 00:54 詳細リンク

とうほう様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、とうほう様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.ご主人さまのみの年収での借入限度額につきまして、

年収500万円、期間35年、金利4.0%(審査金利)、返済負担率(〜35%以内)、他の債務考慮せず

・毎月の返済限度額 145,833円以内
・年間の返済限度額1,749,996円以内
・借入限度額 3,290万円以内

2.これは、銀行等が住宅ローン申込者に対しての返済能力を最もポイントとされているからと考えます。その返済能力を加味しながらとうほう様の年収を除き、ご主人さまのみの年収から住宅ローン借入の目安とされてはいかがでしょうか。

・3,290万円以内(借入限度)+1,000万円(自己資金)=4,290万円以内(目安)

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

近々家を買いたいのですが可能でしょうか? こんぶさん  2008-07-08 01:44 回答7件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
住宅取得するべきか、迷っております。 ムムムムムさん  2009-02-18 13:05 回答4件
住宅ローンについて ひろ24さん  2016-05-22 08:17 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)