猫の肛門腺手術について - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫の肛門腺手術について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/10/14 07:59

1歳の♂のマンチカン(去勢済み)ですが、肛門腺が詰まりやすい&炎症を起こしやすい体質で、月2回は病院で肛門腺を絞っています。
普通に絞るだけでは全部が出きらず、肛門腺に水を注入しての洗浄をしているのですが、絞るたびに炎症を起こして、悪循環になっているようです。

そこで、かかりつけの獣医さんから、肛門腺の除去手術をしたほうがいいと奨められました。肛門腺が破裂したことは今までありませんが、一生毎月絞りに行くよりは、思い切って手術をしたほうがいいのかもとも思います。

手術自体は難しいものではないとのことですが、全身麻酔です。
身体にメスを入れてまでするべき手術なのか、猫にとって毎月肛門腺を絞られるよりは、一回の手術で快適(?)な身体を手に入れる方がいいのか、迷っています。

こういう症状が続く場合、肛門腺の除去手術自体はポピュラーなものなのでしょうか。また手術のリスク(脱肛しやすくなるとか)や、術後気をつけるべきこと等、教えてください。

よろしくお願いいたします。

れじろうさん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

回答:1件

RE:猫の肛門腺手術について

2009/10/23 15:48 詳細リンク

猫の肛門腺疾患は犬に比べると発生率は低いですが、存在します。肛門腺(肛門嚢)摘出術は今回のような再発性の肛門嚢炎には適応になります。手術の合併症としては、術後肛門の狭窄、排便失禁(便が無意識に出てしまう)などがありますが、多くのものは慎重に手術を行うことにより防げるものや内科的にコントロールできるものです。今回の場合、手術も適応になりますが、内科的治療として、抗生剤を肛門嚢に注入したり、動物病院から指導を受け、れじろう様がご自身で毎月絞り、定期健診で確かめてもらうことなども負担を軽減する方法だと考えられます。いずれにせよかかりつけの先生と良くご相談されることをお勧めします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

猫の去勢手術後の経過について うらん◎さん  2009-08-10 15:03 回答2件
猫の食欲がものすごく、鳴き喚くので困っています yuzumaruさん  2008-04-27 02:08 回答1件
頻尿・血尿・嘔吐 うっかりさん  2015-05-25 13:23 回答1件
腎不全猫の血圧について nekonyanさん  2015-03-06 17:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

お筝(琴)教室 レッスン&作法

お筝(琴)教室 レッスン&作法  お教室は広尾ガーデンヒルズ

松井 千恵美

桜ことスクール

松井 千恵美

(マナーコンサルタント)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)