背後の住宅の盛土の擁壁の仕方について - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

背後の住宅の盛土の擁壁の仕方について

住宅・不動産 新築工事・施工 2009/10/08 18:15

新しく3区画発売される建築条件付の土地を購入予定です。
もともとあったお屋敷は1件屋で間口16mあります。約300?のお屋敷を道路に面して敷地中央に正方形に10m×10mで一区画・両サイドに3mの通路を設け、手前の正方形の土地の背後に旗状地を2区画に分筆し、合計3区画で販売になります。
自分が購入を検討しているのは手前の正方形の土地です。
もともと建っていたお屋敷は地面から1メートル盛土をしており、不動産屋の話では手前の正方形の部分は1メートル掘り下げ、後ろの2件は1メートル盛り土を残して建てるそうです。
その際購入予定地の北側にできる1mの擁壁は逆L型擁壁で、当方購入予定の土地にL型の底の部分がかかると聞いております。
L型の擁壁の部分は背後の家の土を留めるものなのですが、擁壁部分のみ当方購入の敷地内にするそうなのですが、このような土地を購入して後々揉めるような事にはならないのでしょうか?
本来ならば、擁壁部分も背後2件の敷地内でしなければならないと思うのですが、法律上は問題ないのでしょうか?
建築関係、又は法律関係の専門家のご意見をお願いできませんでしょうか。

kaoringoさん ( 香川県 / 女性 / 29歳 )

回答:1件

横田 之宏

横田 之宏
建築家

- good

昔は擁壁面での分譲は多くありました。

2009/10/19 08:46 詳細リンク

昔は擁壁面での分譲は多くありました。最近は、kaoringoさんが懸念されているとおりです。もう一度ご説明を確認してください、1m程度の擁壁の場合で逆Lではそのようなことにはならないとおもうのですが、状況がわからないので、図面等の閲覧を求めてください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

旗竿地(敷地延長)は買わないほうがいいですか? sawasawa123さん  2011-11-03 11:58 回答5件
変形土地への建設と法的な問題について 1971takaさん  2010-08-03 12:20 回答5件
外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
旗竿地への建設と法的な問題について NOKITA3さん  2012-02-19 17:14 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)