相続時精算課税;贈与者より受贈者が先に死亡した場合 - 遺産相続 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

相続時精算課税;贈与者より受贈者が先に死亡した場合

人生・ライフスタイル 遺産相続 2006/03/28 22:35

■現状
住宅の相続時精算課税制度を利用し、父より2000万円の援助を受けマンションを購入(物件価格4500万円、ローン残高1500万円)。またマンション保有権利者及びローン債務者は私1人だが、仮に私が死亡した場合、ローンが免除され妻に相続される見通し。

■質問
父財産の相続時精算課税を行なう前に私が死亡した場合、2000万円に対する課税はどのように行なわれるのか。妻がマンションを相続した場合に妻はマンション対価に対して相続税を支払う必要がありますが、相続時精算課税制度対象の2000万円に係る税金を妻が支払う必要はあるのでしょうか。

極力、妻に負担が掛らないようにしたいと考えています。
アドバイスお願いいたします。

neruさん ( 東京都 / 男性 / 29歳 )

回答:1件


相続時精算課税:贈与者より受贈者が先に死亡した場合

2006/03/31 14:07 詳細リンク

相続時精算課税制度の適用を受けるには「相続時精算課税制度選択届出書」の提出が必要になりますが、この届出書提出後に受贈者が贈与者よりも先に死亡してしまった場合は、以下の通りとなります。

受贈者が贈与者よりも先に死亡した場合、その贈与財産は、死亡した受贈者の法定相続人がその相続割合に応じて相続時精算課税制度の適用を受けることに伴う権利・義務を継承することになります。
今回のご質問のケースの場合、相続時精算課税制度で受贈した2000万円に関しては、あなたが死亡した時点では、法定相続人である奥様に(お子様がいらっしゃる場合にはお子様にも)税金がかかることはありません。しかし、贈与者(お父様)が亡くなられた時点で、受贈した2000万円は相続財産に持ち戻されて、相続税計算が行われ、相続税がかかることもあります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

親からの援助で住宅を購入の場合、支払う税金 ゆきゆきjpさん  2010-03-26 08:02 回答1件
贈与と税対策 BAROさん  2009-11-09 16:40 回答1件
住宅ローンの連帯債務を借り換えで一人の債務にした時 ふみさんさん  2009-10-24 09:57 回答1件
両親からの贈与と夫婦共有名義の割り合いについて uguさん  2009-06-09 11:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

藤宮 浩

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)