社会保険について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険について

マネー 年金・社会保険 2009/08/20 12:20

今年の7月末をもって派遣社員での勤務(給与:1月〜7月末累計で約120万)が終了しました。
仕事があればすぐにでも始めたいのですが、思うような仕事がなく離職表の手続きをしている最中です。

恥ずかしながら社会保険について何も考えていませんでした。
現在保険証は返還し8/1付けで資格喪失しております。
次の仕事もいつから始めれるかまったく検討もついていません。
その間の保険は主人の扶養に入るのがいいのか、仕事をする気があるので、任意継続の手続きを早急にとるべきか で悩んでいます。

仕事が決まったとして、すぐに社会保険に入れるかどうかわからないので、社会保険に入れるのが確定するまでの期間は扶養に入る事になるのでしょうか?
それとも、仕事するつもりでいるので、扶養には入らず任意継続の手続きをとるべきなのでしょうか?
出来れば、私自身の収入がないので、扶養に入りたいと思っています。

また、一旦主人の扶養に入り、自分の社会保険が持てる様になり扶養から抜けるといった手続きは手間がかかる事なのでしょうか?

まったくの無知ですみません。
ご教示くださいませ。

とも2さん ( 広島県 / 女性 / 32歳 )

回答:1件

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

国民健康保険、国民年金加入になります

2009/08/20 16:33 詳細リンク

とも2さんへ。FPの杉浦恵祐です。

「離職票の手続をしている」が、雇用保険受給の手続をしているということなら、再就職の意思があるということになりますので、扶養に入ることは出来ません。

一方、任意継続は退職後20日以内に手続をとらなければなりませんので、もう時間切れです。

よって、次の仕事の会社の社会保険に加入するまでは、ご自分で国民健康保険及び国民年金に加入することになります。

補足

雇用保険の受給が終わっても、希望の職が無く、収入の無い状況が続くと見込まれるのであれば、被扶養者になれると思います。

(被扶養者になれるかならないかは、ご主人の会社が加入している制度毎(協会けんぽ、各健康保険組合、各共済組合)で異なりますので、雇用保険待機中はどうか等の詳細についてはご主人を通じてご主人の会社の担当者にご確認ください)

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

税金全般について RANKOさん  2012-12-09 12:10 回答1件
扶養について 凛♪さん  2009-02-01 14:30 回答1件
被扶養者資格損失 komoさん  2008-09-20 10:00 回答2件
世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)