生命保険について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険について

マネー 生命保険・医療保険 2009/08/18 14:44

9月でかんぽの普通養老保険が満期になります。
10年の契約で満期金が100万です。
現在、32歳(女性・独身)です。

かんぽ以外には、何も加入していません。
これからかんぽを継続するか、その他の生命保険に加入か迷っています。
県民共済なども良いということは聞いたことがありますが、何を基本に判断するべきかアドバイスをお願いします。
心配なのは、入院したときや老後です。子供もいないので死亡後の事などは気にしていません。

宜しくお願いします。

エリンゴさん ( 福岡県 / 女性 / 32歳 )

回答:10件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の考え方

2009/08/18 15:25 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険の考え方ですが、保険は万が一のときにお金に困るから加入するのです。お金に困らなければ加入する必要はありません。
まずは万が一のことを考えどのくらいを保険でカバーするべきなのか計算しましょう。次に目的にあった保険商品と保険会社選びです。日本は競争社会ですので1社ですべてを決めると保険料は高くなります。家電製品のように選ばないとなりません。
最後に保険料の検討になります。保険料が高ければ何か妥協するしかありません。


*独身の場合の保険の一般的な目的について
1、亡くなった時の葬儀費用などの準備をするかどうか。
するのであれば、その目的にあった保険は保障が一生涯の保険が適しています。
具体的には、今の時代は変額保険(終身型)や外貨建て終身保険などです。

2、入院時の保障はどうするのか。
入院時の保障については、すべてを保険でカバーすることは難しいです。手元の預貯金とのバランスを考え検討しましょう。
保障期間は一生涯がいいでしょう。
具体的な保険種類は、医療保険、がん保険などです。

3、介護状態になった場合にどうするのか。
介護状態になった場合にどこまで手元の現金を用意し、どのくらいを保険でカバーするのか考えましょう。やはり保障期間は一生涯のほうがいいでしょう。

4、老後の生活資金について
個人年金保険というものがありますが、現在は低金利ですのでその低い金利が長期で固定されるためにインフレリスクがありよくありません。現時点は保険での貯蓄はやめましょう。(保険でも金利が変動する物などは別です)
インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の件

2009/08/19 09:39 詳細リンク

エリンゴさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『これからかんぽを継続するか、その他の生命保険に加入か迷っています。』につきまして、一般的ではありますが、かんぽさんの保険商品につきましては、比較的加入するときの審査が緩めの分、毎月の支払い保険料は割高になってしまうと聞いています。

よって、現在加入している養老保険が満期を迎えるのでしたら、かんぽさん以外の保険会社の保険商品で保障を確保していくとよろしいと考えます。

生命保険で確保できる保障としては、
・死亡保障
・医療保障
などがありますが、死亡保障につきましては、エリンゴさんに万が一のことがあった場合に生活費などの面で、困る方がいない限り無理に加入する必要性は乏しいと考えます。

尚、医療保障につきましては、今のうちから終身タイプの医療保険に加入しておいてもよろしいと考えます。

60歳で保険料の支払いが完了して、保障は一生涯続くタイプの終身医療保険などをご検討されてはいかがでしょうか?

尚、老後資金を確保していくうえで、生命保険を活用することはあまりおすすめはできかねます。

そもそも保険商品そのものがとても割高な金融商品であることに加えて、今の予定利率(便宜的に支払い保険料の割引率とお考えください)の低さを考慮した場合、十分な運用利回りを確保していくことは難しいと思われます。

よって、老後資金の確保に関しては、毎月の貯蓄を中心にお考えいただき、まとまった資金ができたら、改めて運用する金融商品をご検討していただくとよろしいと考えます。

また、十分な運用資金が確保できていない段階から、投資信託など、リスクを伴う金融商品で無理な運用をすることはあまりおすすめはしません。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

澤田 勉 専門家

澤田 勉
保険アドバイザー

- good

独身女性は医療保障を重視で!

2009/08/19 11:16 詳細リンク

こんにちは。

ライフィ澤田です。

独身女性の場合、死亡保障は最低限の葬儀代程度で
十分でしょう。
ご参考ですが、今一番安いと思われる2社、

・ライフネット生命の場合、32歳女性、保険金500万円、
期間20年定期保険で月々¥816円です。
http://lify.jp/EXT/?param=lifenet1
・SBIアクサ生命の場合、32歳女性保険金500万円、
期間55歳まで定期保険で月々¥745円で済みます。
http://lify.jp/EXT/?param=sbi-axa
2社ともご自分で保険料の試算がネットでできますので、
やってみてください。

それよりも医療保障ですね。
女性の場合、男性よりも複雑な身体をしていますので、
病気に対する備えが重要です。
ご参考:http://lify.jp/contents/health/h02.php

保険料のやすさと保障の充実からいってお勧めは
オリックス生命「キュアレディ」です。
http://lify.jp/contents/insurance/114/curelady/index.htm
32歳・女性、保険期間終身、保険料払込期間終身払、
スタンダードプランで月々¥3,670円です。



ご参考関連リンク
・「最新!医療保険の比較検討一覧」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p24.php
・「結婚を期に考える奥様の医療保険」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p17.php
・「妊婦でも加入できる医療保険は?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p21.php
・「医療保険の入院限度日数、何日あればいい?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p23.php
・「医療保険の入院日額5千円か、1万円か?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p22.php
・「先進医療ってなに?」
http://lify.jp/contents/health/h03.php

回答専門家

澤田 勉
澤田 勉
(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

澤田 勉が提供する商品・サービス

対面相談

法人保険を活用した節税対策

決算に応じ、財務体質強化につながる設計、生命保険をお見積り

対面相談

法人保険のご相談

財務体質を強化する決算に応じた法人保険の活用

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

エリンゴさんの考え方や価値観が大切ですよ

2009/08/19 16:59 詳細リンク

はじめまして、FPの照井です。

今後ご希望通りの人生を過ごされるために必要な支出や、
予想される収入を数字に落とし込み、同時に価値観や
保障に対するお考えなど、伺ってみるといろいろなことが
みえてくるかと思います。

大切なのはその方の考え方や価値観だったりします。

「心配なのは、入院したときや老後です」とのこと。

ご希望に合った終身の医療保険を選ぶ、
というのもひとつの方法でしょう。

その場合解約返戻金のないタイプの医療保険は、
仮に一度も入院しなければ払った保険料は全額掛け捨て
となります。(多くの場合日額にもよりますが、
生涯で100〜200万円単位の保険料)

仮に掛け捨てになっても保障があったほうが安心、
とお考えか、あるいは、満期金の100万円は当面使う予定はない、
もしくはまとまった貯蓄があるので、病気になった場合は
それを取り崩してもよい、とお考えなら医療保険には加入しない、
という選択肢もあるかもしれません。

共済は60歳以降の保障が極端に薄くなりますが、それまでに
まとまった資金を医療の目的で貯める自信があるのなら、
割り切って共済を選ぶ、という選択肢もあるかもしれませんし、
保険料は高くなるが、払った保険料が全額戻る貯蓄性のあるタイプで、
かつ保障は一生続く、というタイプが適しているのかもしれません。

老後に対する備えも、最適なのは、今後できるだけ貯蓄しておくこと
なのかもしれませんし、介護の状態をカバーできる保険商品に
今のうちに加入することなのかもしれませんが、
もしかしたらご希望を叶えるためには保険に加入することではなくて、
今後30年かけて資産を形成し始めることなのかもしれませんし、
あるいは一生現役でいられるようなスキルを身につけるため、
今はご自身に投資すること、なのかもしれませんよね。

エリンゴさんの人生を、保障も含めてトータルに考えてくれる
アドバイザーを持てると、後悔しない保険選びができる
のかもしれませんね。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
(岐阜県 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスシノワ 
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

終身の医療保険や終身保険を検討されては

2009/08/19 22:15 詳細リンク

はじめまして。
鹿児島県在住のファイナンシャルプランナーの宮里です。

そうですね。エリンゴさんが、書いていらしゃるように、心配なのは、入院したときと、老後ということですので、終身保障の医療保険と、葬儀資金程度の死亡保障を終身保険で加入されてはいかがですか?
終身保険であれば、60歳まで保険料を払い込んで、それ以降は、払い込んた゜以上の解約返戻金があるので、貯蓄性もあります。

共済は、死亡保障と医療保障を兼ねた割安な保険料のものですが、60歳65歳以降は、極端に保障は少なくなります。

民間の終身保障の医療保険をいくつか、比較検討されてもいいと思います。
高額療養費制度(私のコラムをご覧くださいませ。)なども考慮に入れて、入院をしたときの、収支をだしてみてから、日額を検討されたほうがいいですね。

詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

一生涯の医療保障を考えましょう

2009/08/18 17:13 詳細リンク

エリンゴさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

同じような養老保険に加入して、また満期がくると特約の医療保障がなくなります。
その繰り返しではいつか持病を持ったときに入れなくなります。

またかんぽの終身保険で特約での医療保障でしたら、どちらも一生涯の保険です。
しかし、終身保険はいつかは必ず誰かがもらう保険ですので保険料は高くなります。

保険料を抑えたいとお思いでしたら、医療保障は特約ではなく、単体の医療保険に加入したほうがいいでしょう。
共済は死亡保障と医療保障両方があっていいと思われますが、一生涯の医療保障はありません。

またがんの場合は高額となりますし、医療保険ではカバーできない場合もあります。
できればがん保険もお考えください。

保障は必要最小限掛け捨てで確保し、老後の備えはなるべく保険ではなく、貯蓄で備えましょう。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/08/18 18:04 詳細リンク

エリンゴさん、こんにちは。実務に強いFPの大関と申します。

目的がはっきりしているのであれば、あとは、そのリスクの期間が
どうなのかを整理すれば、自ずと答えは出てきます。

入院や老後保障となると「10年更新型」では不適当ですね。
**そうなると必然的に「終身保障」をベースにすべきと思われます。

養老保険は、満期時に明確な使途がある場合に有効、
県民共済は、副次的に補うものとして有効であり、
**両者とも、主体的にするにはやや役不足です。

下記のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447

(安い保険を探す前に・・・)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/17622

(養老保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/33643

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459

(独身女性のプランニングについて)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/47309


以上、参考にして戴けたら幸いです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

答えはご質問の中にありますね。

2009/08/18 18:26 詳細リンク

はじめまして、エリンゴさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


民間の保険に加入する場合には、目的を考えて加入されると良いでしょうね。

今回のご質問では、不安な事が書かれていますよね。

これが答えだと思います。

ここまで答えが出てきているのであれば、後はもう少し細かく心配事をもっと明確にして、保険の保障を出していけば良いだけでしょう。

怪我や病気に必要なのは、公的な医療保障もありますので、その補填として民間の生命保険の医療保険に加入されれば良いでしょう。

エリンゴさんは、女性の方ですので女性特有の疾病にも準備をしておきたいですよね。

老後の資金の心配をされていますが、保険は万が一の時の保障を考えるのには良いでしょうが、運用としては果たして良いのでしょうか?!

多くの方は保険での運用は、安全で安心と思われている方が多いように思いますが、それは万が一の死亡の時には約束された保険金が出ますが、生きている時に資金が必要になり保険を解約した場合には大きなマイナイスになっている事も多いのです。

老後資金は運用が目的ですので、30年という長期という時間もあり多少のリスクはあっても多くなってくる方が望ましいですよね。

保険も運用も目的に合った金融商品を使う事でより有効な資金の使い方が出来るのではないでしょうか。

大友 武

大友 武
ファイナンシャルプランナー

- good

養老保険につきまして。

2009/08/18 21:38 詳細リンク

こんにちは。
この度は、ご質問いただきまして、ありがとうございます。

今回、養老保険の満期が近づき、次の保険をどうするか考えられておられるのですね。

養老保険は、満期金という楽しみもありますね。

ただ、満期と同時に保障が終わってしまう保険でもあります。

今回、心配されていますのは、入院や老後といった、生きるための保険ですね。

そうなりますと、目的別に保険に加入されるといいのではないかと思います。

老後を迎えたときの入院も心配されているとのことでしたら、入院保険は一生保障が続くタイプを選択されるといいと思います。

共済もいい点は、ありますが、ある期間が過ぎますと保障額が下がったりしますので、老後の対策としては、あまり向いていないかもしれません。

老後資金対策としましては、個人年金は、今から加入するとしましたら、あまりメリットがないと思われます。
ただ、強制的に貯められるという点ではいいかもしれません。

いろいろな方法がありますので、それらの中から、ご自身に合った納得された方法で準備されるといいかと思います。


100万円は、日額1万円×100日分

2009/08/19 10:36 詳細リンク

エリンゴさん、こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

ご心配なのは、入院したときと老後ということであれば、こういう案は如何でしょう。

1.手元に戻ってくる100万円を、入院のための費用として貯めておく。

入院日額1万円の医療保険に加入しても、100万円を手にするためには、100日間入院しなければなりません。であれば、このお金は、まさかのときの入院費用として、ネット銀行の1年定期や、個人向け国債などで運用していっては如何でしょう。

2.老後のために貯蓄する。

老後資金を貯めるのに、生命保険を利用することは良くあるのですが、それはあくまで、保障を兼ねている場合に生命保険が有効だということで、単純にお金を貯める目的で生命保険を活用するのは、個人年金保険も含めて、現在の金利情勢では決して得策ではありません。

したがいまして、当面は老後資金を作るには、銀行での定額積立のようなものである程度貯めては、先ほどのネット銀行の定期に移したり、国債を購入したりする方法をお勧めします。

3.がん保険は有効か

通常の病気やけがのための費用は、100万円の資金で足りると思いますが、がんになったときには、保険外の費用などを掛けても治したいと思うのが人情です。したがいまして、がん保険などには加入しておいても良いかもしれません。がん保険は、がんという病気に特化している分保険料も安いです。

がん保険にも色々な種類がありますが、保険期間は終身で、日額1万円〜2万円、先進医療特約が付いているものをお勧めします。

具体的なご提案等必要であれば、ファイナンシャルアソシエイツまでお気軽にお申し付けください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の新規契約内容について もぐもぐさん  2008-07-22 00:04 回答8件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件
医療保険で迷っています kotonkotonさん  2010-03-20 15:13 回答5件
医療保険の加入について 野球おやじさん  2009-08-19 00:38 回答10件
生命保険のアドバイスお願いいたします。 imuyさん  2009-06-02 21:04 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)