生命保険の限度額について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の限度額について

マネー 生命保険・医療保険 2009/08/17 20:23

結婚2年目ですが夫は生命保険に加入してません。
夫の両親が結婚前から夫の生命保険料を支払っており
結婚後は当然、そのままこちらに移行し私たちで続きを
支払っていくと思っていました。
しかし、結婚した今でもなぜか夫の両親は夫の保険料を
自分たちで支払っています(受取人はおそらく両親です)
世帯が別なのに疑問です・・・。

私は、結婚前から私の両親が保険料を支払ってくれ
結婚後に夫受取人で移行しました。
夫の生命保険を今から加入しようと思いますが
例えば死亡した場合の金額が3000万の保険に加入した場合、
夫の両親が他社の生保で3000万の保険に加入している場合
私の受け取る金額は減ってしまうのですか?

1人に対する補償額って限度はあるのか心配です。
あるなら、夫の両親には支払いをやめて欲しいって思うので。
夫が死亡したり病気で入院したり・・・した場合
困るのは世帯が一緒の私だけなので・・。



よろしくお願いします。

ネコネコさん ( 東京都 / 女性 / 33歳 )

回答:7件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険金の限度額について

2009/08/17 21:10 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険金の限度額はありますが、6000万円ぐらいの死亡保険金額では通常は特に問題はありません。
ご両親が受取人を変更してくれないのであれば、別にご主人が保険に加入されたほうが良いですね。


保険の検討の仕方については、私のコラムをご参照ください。

死亡保険の考え方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/25920

死亡保険金額の計算の仕方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22163

遺族年金について(サラリーマンの場合)
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22181

医療保険を選ぶポイント1
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2050

医療保険を選ぶポイント2
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2155

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山口 京子 専門家

山口 京子
ファイナンシャルプランナー

- good

受取人がご両親の保険について

2009/08/18 03:42 詳細リンク

ネコネコさん

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの山口京子です。

まず、生命保険は、損害保険と違い
保険金2社で、割合に応じ
保険金を分ける、みたいなことは、ありません。

3000万円、でしたら
2社から3000万円ずつ受け取れます。

私はいつも、お客様に
ご両親がかけていた保険については
ご両親の意志を尊重して下さいねと
お話しています。

世帯が別になっても、
保険は、親が契約者、子が被保険者で
受取人が親というのは、何の問題もありません。

今まで大事に育てて来た子に、
万一先立たれたら、親としてどんな想いでしょう。

老後の面倒をみてくれる人や
老後、やさしく声をかけてくれるはずだった
最愛の子どもがいなくなる訳です。

お金には、その淋しさを紛らわすことや代わりになる物は
買えませんが、何もないというのは
考えられないという人もいます。

親が払ってきた保険は、親の財産なので
老後も安心出来るように、そのままにしておく
というお子さんもいらっしゃいます。

保険の名義を妻に変えるかどうかは
そのご家族の事情によります。

ネコネコさんが、ご自分のご両親がかけていた
保険の受取人をご主人になさった事で
ちょっと不公平とお考えになるかもしれませんが
自分達でお金を払っていく事になるなら
新しい保険に入ってもお金の負担は一緒です。

この件に関しては、ネコネコさんのご主人にもう一度
ご両親の意志を確認してもたっら方がいいですね。

気をつかっていたのに、案外
「あ、忘れてた。そうだったね。はいどうぞ」と
保険証券を渡してくれる、というケースも多々あります。


やっぱり、保険証券は渡してもらえなかったら
どうぞ、またご相談下さい。
必要な保険だけ入れば、そんなにご負担もありません。
保険の事でずっと悩んでいた方は
「あ〜、すっきりした!!」と安心なさいます。

保険がすっきりしないと、マネープランどころでは
ありませんからね。

はやく、すっきり!出来ますように
お祈りしております。

回答専門家

山口 京子
山口 京子
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
山口 京子 
03-6380-8619
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

家計管理から、保険、お金をふやす運用までアドバイス。

将来が不安と思っている人は多いけれど、そのために準備をしている人は少ないのです。今だけでなくも将来も、安心して暮らせる、お金の貯め方、守り方、ふやし方をお伝えします。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の件

2009/08/18 22:08 詳細リンク

ネコネコさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『私の受け取る金額は減ってしまうのですか?』につきまして、ご両親が息子さんに掛けている生命保険につきまして、万が一の時の受取人は生命保険に加入したときに指定した方となります。

よって、この場合、たぶんご主人様の両親になるものと思われます。
ただし、ご両親が一旦受け取るようなことになっても、あとからきっとネコネコさんに渡してもらえると思われます。

ご主人様のご両親にとって、ネコネコさんは血はつながっていなくても、息子さんの大事なお嫁さんになるのですから、その点で心配するようなことはないと考えます。

尚、死亡保険に加入するに当たり、限度額は特にありませんので、別にネコネコさんがご主人様に死亡保険を掛けても大丈夫です。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

限度額はありますよ。

2009/08/17 21:02 詳細リンク

はじめまして、ネコネコさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


あまり喜ばしい話ではないですが、危機意識の少ない人は世の中には結構いますよ。
親が保険を掛けていることもすらも知らない人は多いでしょう。

ご主人様に大黒柱としてしっかり家族を守ってもらえるように保険の見直しも兼ねて、ご主人様と保険について話し合われてはいかがでしょうか。

年齢に応じて限度額はありますよ。
ただ普通の保障でしたら、保険を下げて加入しなくてはならないということはないでしょうが、告知で済む契約も健康診断が必要になったりもします。

また親御さんが加入されている保険も、今のご家族にあっている保険なのかも分かりませんね。

まず親御さんが加入されている保険を診断されるなどしても良いでしょうね。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

見直しと新規を一緒にできるように!

2009/08/18 08:42 詳細リンク

ネコネコ様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、ネコネコ様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.先ず、生命保険(人保険)は損害保険(物保険)と異なり、既に生命保険に加入されていても減額されることはありません。

2.生命保険には、「死亡保障=第1分野」と「生きる保障=第3分野」に分けることができると考えます。そして、ネコネコ様がおっしゃる3,000万円の死亡保障をつくる根拠が、私どもが言うライフプランニングから算出されます。

3.ネコネコ様とすれば、以前からの生命保険3,000万円(親御さまが保険料を払込み中)が気になると思いますが、ネコネコ様とご主人さまがのこれからのライフステージを基に必要とされる金額を保障額(第1分野及び第3分野)と考えて新規保険加入をご検討されてはいかがでしょうか。

4.勿論、家計に相当な負担が有るようであれば、保障額自体の検討も必要と思います。

5.又、親御さまが保険料負担の保険が、以前に加入であれば医療関係及び保障期間等で一般的に満足出来ないものであれば、見直しと新規を一緒にできるようにご家族でご相談されることをご提案いたします。

以上

大友 武

大友 武
ファイナンシャルプランナー

- good

親が支払ってくれている保険につきまして。

2009/08/18 21:17 詳細リンク

こんにちは。
この度は、ご質問いただきまして、ありがとうございます。

結婚されて、保険のことも気になるところですね。

今回、考えられている保険額でしたら、現在の保険と、新規に加入される保険は、万一の場合、両方から給付されます。

だんなさんのご両親が、かけてくれていることはありがたいことですね。
ただ、受け取りがご両親になっているとしましたら、やはり複雑かと思います。

一番いいのは、保険の中身を確認して、受取人の変更をされることかと思います。

ただ、ご両親もいろいろな考えがあって、加入されたかもしれないですし、現在、負担もしてくれていますので、中身の確認等を切り出しにくい場合は、新規で加入された方がすっきりされるのではないかと思います。

今回、思い立ったことを機に、お二人の保険をきちんと設計、加入されてみてはいかがでしょうか。

お二人の考えをすり合わせするいい機会になることを願っております。


RE 生命保険の限度額について

2009/08/18 07:49 詳細リンク

まいど・おおきに・生きてるだけで丸儲けの大阪から書かせていただきます

ご両親も保険金を受け取るからではなく、少しでも保険料負担などを手伝ってあげようと
お考えになって支払ってくれてるのだろうと思いますよ。

限度関しては、今回の金額では問題はないですが。
一度、ご両親とお話されてもいいですね。

私の話が少しでもお役に立てれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

独身の高度障害への不安 あんどさん  2012-05-01 14:17 回答3件
医療保険の加入について 野球おやじさん  2009-08-19 00:38 回答10件
生命保険と医療保険、これでよろしいでしょうか? かわママさん  2009-06-15 23:50 回答5件
夫婦の医療保険&死亡保障について はるかママさん  2008-06-16 15:58 回答7件
現在入っている生命保険・医療保険について なやみますよさん  2015-05-31 07:51 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)