請負業務と派遣業務を兼務の際の確定申告について - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

請負業務と派遣業務を兼務の際の確定申告について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/08/16 12:24

現在設計事務所の下請けを中心とした請負業務を行っています。
不況の影響で仕事が激減したので派遣会社で登録を行い派遣業務と平行して現在の仕事を続けることになりました。
派遣会社から、長期間の契約の際には保険の切り替え(国保から社保)、年金の切り替え(国金から厚金)の必要があると言われました。
昨年までは個人で確定申告(白)を行っていたのですが、今年度も同様の申告は可能なのでしょうか?
給与所得があり厚生年金に加入しているのに個人事業主としての確定申告が出来るか教えてください。

シマネコさん ( 神奈川県 / 男性 / 34歳 )

回答:1件

中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

確定申告が必要です。

2009/08/17 18:26 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。

請負業務の年間の所得金額が20万円を超える場合には、派遣会社から受け取る給与所得とあわせて同様の申告が必要です。


給与所得は年末調整により課税が完結しますが、請負業務に関しては確定申告が必要です。その際は、請負業務の確定申告書に派遣会社から年末に受け取る源泉徴収票を添付して、あわせて確定申告をする必要がありますのでご留意ください。

ただし、「給与の全部について源泉徴収される人で給与所得以外の所得金額が20万円以下である場合」には確定申告をする必要がありません。つまり、請負業務の所得(収入-経費)が20万円以下であれば、確定申告は必要なくなります。

なお、この場合でも請負業務の所得が20万円以下であることが証明できるよう、収入と経費の領収書等の根拠資料は残しておいたほうがよいでしょう。

評価・お礼

シマネコさん

非常にわかりやすい回答をありがとうございました。
参考にさせていただきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の社会保険控除について panさん  2012-11-14 20:21 回答1件
確定申告で二重経費? fellowさん  2016-02-22 05:35 回答1件
契約内容の変更にともなう申告方法について 諸葛孔明三世さん  2008-06-25 22:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)