住宅ローンと転職について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンと転職について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/08/14 20:36

現在住宅ローンが元本1800万ほどあります。転職をすることになり、収入が現在より10万ほど手取りがすくなくなります。
当面は退職金で月々の支払いは困りませんが、26年ほど返済期間が残っています。銀行を変更して3年の固定金利にしたほうがいいでしょうか。
また 自分が死んだ後 遺産相続をせず 区に物件をあげる代わりに住宅ローンを負担してくれることがあると聞いたことがありますが、本当ですか?手続きなどどこでできるのでしょうか

さうめいさん ( 東京都 / 女性 / 48歳 )

回答:4件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/08/16 09:38 詳細リンク

さうめいさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『銀行を変更して3年固定にした方がいいのでしょうか。』につきまして、住宅ローンの審査では同一業種への転職など一部の例外を除いて、勤続年数として3年以上は同じ会社に勤めていることが必要となります。

よって、転職して間もない今の時期では借り換えのために住宅ローンの審査に申し込んでも難しいかも知れません。

今しばらくは今のままで返済を続けていくことになってしまうと思われます。

『自分が真だ後、遺産相続をせず...聞いたことがありますが、本当ですか?』につきまして、取り扱いは地方自治体により異なりますので、さうめいさんが住んでいる区役所あるいは市役所で直接確認するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンについて

2009/08/17 13:07 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

住宅ローンを3年固定金利にしたほうがいいかについては、今後の完済目標によります。完済目標が20年などであれば金利の固定期間は15年から20年ぐらいの長期のほうが良いです。

死亡後に地方自治体が住宅ローンを肩代わりするというのは聞いたことがありません。通常は団体信用生命保険があるため住宅ローンはなくなります。

住宅を担保にして老後の生活費の一定額を出してくれるリバースモゲージというのはやっている自治体はあります。これは、生活費の一定額を支給してくれる代わりに本人がなくなったら住宅は自治体の所有になる制度です。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

生活費の軽減を図るように!

2009/08/15 12:35 詳細リンク

さうめい様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、さうめい様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.一般的な銀行等の住宅ローンの基本的な融資条件といたしましては、
資金用途・融資対象物件(土地建物)・物件(土地建物)規模・収入・借入額・借入期間・借入時年齢・完済時年齢・金利タイプ(変動・固定)・担保力・保証人・団体信用生命・その他があります。

2.万が一、さうめい様が不幸にして亡くなった場合にローン残債が有れば、上記の「団体信用生命」で対応いたします。但し、残った住宅につきましては、遺言書等を基に国または区への寄贈は可能と思いますが、弁護士や税理士等で相談されることをお勧めいたします。

3.又、転勤された場合の他銀行等への相談よりも、取引中の銀行等で先ずは相談されて内容によっては「条件変更等申請書」を提出して、さうめい様の生活費の軽減を図るようにご検討されてはいかがでしょうか。

尚、さうめい様の住宅ローン等の詳細が確認できれば、もっと積極的にお手伝いさせていただくことも可能です。よろしく、お願いいたします。

(携帯:繋がり易いです)090-9313-0247
(フリーダイヤル)0120-06-3201

野口 裕

野口 裕
不動産コンサルタント

- good

転職と住宅ローン

2009/08/16 14:04 詳細リンク

こんにちは、新築住宅の無料仲介を専門で行っている野口と申します。

以下回答させていただきます。

>銀行を変更して3年の固定金利にしたほうがいいでしょうか。

やはり現在の銀行に相談し、返済期間を延ばして月々の額を減らしてもらうなどの
相談に行かれるのが最良だと思います。

年収がさがっていること、転職が前提であれば借り換えは厳しいと思います。

また、転職前であれば他行等で安い金利の見積等をもらい、
それを持参して、金利を下げてもらうなどの交渉をしてみても良いかもしれません。


>自分が死んだ後 遺産相続をせず 区に物件をあげる代わりに住宅ローンを
>負担してくれることがあると聞いたことがありますが、本当ですか?

通常、債務者がお亡くなりになった場合は、
団体信用生命保険によってローンが完済されます。

もし保険が降りない場合は、相続人が相続放棄の手続きをすることにより
全ての資産を放棄する代わりに借金等の債務もなくなります。

相続人がいない場合は最終的に国のものになります。
事情がわからないので何ともいえませんが、
一度お住まいの区役所にご相談いただいたほうが確実でしょう。


以上、ご参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

相続対策と住宅ローン借入について ハナ875215さん  2015-09-07 14:03 回答1件
住宅ローン控除は受けれますか? あきちゃんSPさん  2013-06-03 08:29 回答1件
東京スター銀行への借り換えは妥当でしょうか lovery_kidsさん  2010-08-26 11:00 回答3件
住宅ローンについて イチゴ-444さん  2010-03-12 00:28 回答1件
姉弟間で名義変更と住宅ローン借り換え k.a.t.k.aさん  2016-01-23 17:59 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)