住宅ローン選択 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン選択

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/08/12 13:43

住宅ローンの選択で迷っています。

借入額:3100万 返済期間:35年
年収600万

金融機関1
・35年固定
・金利2.57%
・繰り上げ手数料:無料

金融機関2
・10年固定
・1.65%(期間終了後、店頭金利より1.0%優遇)
・繰り上げ手数料:50万以上の返済で無料
・県から5年間で計100万の住宅ローン補助あり

10年間で、単純計算で300万円くらいの差額がでることから金融機関2でいきたいと考えておりますが、10年後の金利上昇のリスクを考えて、金融機関1の考えも捨てきれません。

プランを決めるにあたり、どのうな考え方をすればよいか、アドバイスいただけると幸いです。
非常に迷っております。よろしくお願いいたします。

ごるおさん ( 千葉県 / 男性 / 31歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/08/12 15:56 詳細リンク

ごるおさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『プランを決めるに当たり、どのような考え方をすればよいか、アドバイスいただけると幸です。』につきまして、住宅ローンを組むに当たりほぼ毎年のように繰り上げ返済を行うことが可能ということでしたら、早期完済を目指すことになりますので、ローン金利も低くて済む変動金利や短期固定金利で住宅ローンを組むことになります。

ただし、住宅ローンの更新が頻繁にありますので、返済の途中で金利が上がり、毎月の返済額が増えてしまう可能性がありますので、収入のうえである程度余裕があることがひとつの条件になってしまいます。

この場合とは逆に、繰り上げ返済は3年に一回程度ということでしたら、早期完済という訳には行きませんので、多少ローン金利が高くなっても長期固定金利にすることで、返済の途中からローン金利が上がり毎月の返済額が増えたりする心配がありませんので、将来のマネープランがたてやすくなります。

また、住宅ローンを組む場合、返済当初は資金的にも余裕があっても、例えば、お子様がいるご家庭では将来お子様の教育資金が増加していった場合など、将来予定しているライフイベント費用のことも考慮して、無理のない返済プランをたてるようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン返済額を算出いたしますと!

2009/08/12 18:14 詳細リンク

ごるお様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、ごるお様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.金融機関1・2の住宅ローン返済額を算出いたしますと、
(金融機関1の場合:全期間固定金利型)

・毎月の返済額 111,990円
・年間の返済額 1,343,880円
・返済負担率 22.40%
・支払い総額 47,035,800円(内、利息16,035,800円)

(金融機関2の場合:35年の内10年固定金利指定型)

〜10年まで(固定金利指定型)
・毎月の返済額 97,211円
・年間の返済額 1,166,532円
・返済負担率 19.44%

11年以降〜(審査金利5%で計算)
・毎月の返済額 126,666円
・年間の返済額 1,519,992円
・返済負担率 25.33%

・支払い総額 49,485,120円(内、利息18,485,120円)

以上、金融機関1・2の支払い総額の比が約250万円と予想いたしました。

2.そこで、一部繰上げ返済を進めて返済期間を短縮、さらに完済を早める方法をすれば、金融機関2での対応が良いと思います。

3.それに、相反してじっくりと長期的に対応されるのであれば安心した金利の金融機関1が良いかと思います。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

金利プランの変更かフラット35への借り換えか 菖蒲さん  2013-05-17 17:53 回答1件
住宅ローンの変動金利と固定期間選択型について 背番号1さん  2013-02-08 01:12 回答1件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
住宅ローンの借り換えについて 綾波さん  2010-08-09 22:14 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)