事業承継の納税制度の利用 - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

事業承継の納税制度の利用

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2009/08/05 06:44

新しい事業承継税制についてお聞きします。
社長の死亡時に会社株式の相続税がゼロになるという話ですが、是非利用を検討したいと思っています。
どのような要件があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

ブレイブさん ( 茨城県 / 男性 / 69歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2009/08/07 10:26 詳細リンク

いつもAll About ProFileをご利用いただきありがとうございます。

事業承継税制について少し誤解があるようですね。 制度が非常に複雑なので、概要について少し説明しておきましょう。

経営承継円滑化法による新しい事業承継税制((相続税と贈与税、2つの納税猶予制度があります。))は、その適用を受ければ相続税の一定部分が

''『免除』 される''

というもののではなく、一定期間

''『猶予』 される''

に過ぎません。 つまり、適用を受ければある時期までは払わなくてよいけれども、ある事由が生じた場合、その時点((事由該当から2ヵ月以内)) でその 「猶予」 されていた税額を全額払わなければならないというものです((この時 「利子税」 も併せて支払わなければなりません))。

逆に言うと、一定の要件を満たし続けることで、次世代以降も延々と税金の一定額を ''繰り延べていく'' ことができるという制度なのです。

そしてその適用を受けるための要件が

''(1) 会社''
''(2) 後継者''
''(3) 被後継者''

と各事業承継当事者ごとに定められており、さらに株式の相続 (贈与) から ''事業継続要件'' と言って、先代から株式を引き継いだ後継者 (一定の親族)

''(1) 代表者であり続ける''
''(2) 株式の過半数を持ち続ける''
''(3) 筆頭株主であり続ける''

こと、そして会社についても

''(4) 従業員数80%を確保する [20%の減少のとどめる]''

など、円滑化法・税法で定められた項目を、''5年間'' に渡り継続維持しなければなりません。

言ってみれば、5年間は会社の支配構造、カタチを変えてはいけないという高いハードルが設定されています。

また、その ''5年間経過後'' もさらに ''株式の継続保有'' 他((これ以外にも、当事者ごと一定の要件が定められています。))、いくつかの要件が定められており、これらも満たし続けることで初めて特例の適用を受け続けることができる仕組みとなっています。

補足

このあたりについては、制度がまだ新しくそして非常に複雑であることから、

''制度の適用を受ける = 税金を払わなくてよい''

という誤解が多く生じています。

なお、計画的かつ円滑な事業承継を可能にする制度趣旨から、適用にあたっては、事前の 『確認』、相続 (贈与) 後の 『認定』 というお役所の2段階のお墨付きが必要となっています。

いずれにしても、お話のように

''(×) 制度の適用を受ける = 税金を払わなくてよい''

''(○) 制度の適用を受ける = 税金の支払いを一定期間繰り延べることができる''

その適用には、当事者ごと一定の要件を、一時のみならず一定期間クリアし続けなければならない点に留意が必要です。

ブレイブさんの事業承継にあたって、新しい納税猶予制度が適用可能かどうかの判断につきましては、ブレイブさんの会社のご事情等をヒアリングさせていただく必要がありますので、別途お問い合わせいただければと思います((ご事情によっては、納税猶予制度の利用が適当でなく、別の方法が考えれるケースもあり、ご事情に応じた適切な承継方法をご提案させていただけると思います。))。

ご質問ありがとうございます。
今後とも、All About ProFileをどうぞよろしくお願いします。


*''◆◇ 組織再編・事業承継はYSCのビジネスソリューションを ! ◆◇''
''ご相談は「無料」 まずはお気軽にお問い合わせください!''
''弊社WEBサイトはコチラ'' → http://www.ysc-business.com

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡部 徹

岡部 徹
税理士

- good

税理士 岡部

2009/09/15 12:21 詳細リンク

相続税については、すべての資産評価が必要です。

非課税枠、5千万円+相続人一人一千万円 以下であれば課税されません。

新事業承継税制は難解です、適用要件が多すぎて、税理士でも受ける人は少ないです、

まずは、全体の財産評価をして下さい。

宜しければ電話下さい。

岡部徹税理士事務所 5340-2501

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与の納税制度について さぶろさん  2009-09-05 21:13 回答2件
事業の承継について タマさん  2008-05-01 20:01 回答2件
株式の買取価格について マーーーチンさん  2016-02-03 12:54 回答1件
会社の分割(分社)に関して flyingkids999さん  2014-03-02 20:16 回答1件
株式会社消滅の後始末について まこまこまさん  2013-07-10 20:57 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)