予定納税の減額 - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

予定納税の減額

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/08/04 16:54

法人ですが昨今の不況から、予定納税を納付するのが
難しい状況です。
そこで予定納税を減額するにはどの様な手続きがありますか。

前年と比べて利益が激減している場合、納税額も減額は
出来ますでしょうか。

宜しくお願い致します。

megsasukeさん ( 大阪府 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

仮決算による申告があります。

2009/08/05 14:54 詳細リンク

予定納税額の減額の手続きには仮決算による申告があります。

税務署・都税事務所からの予定納税額の通知は、単に前事業年度の申告を基に機械的に算出しているだけですので、その金額によらず、当事業年度の6ヶ月間の実績値をもとに決算し、申告することも可能です。

前年から大幅に業績悪化されたということであれば、納付税額の減額となるでしょうね。

仮決算に基づく申告書の提出期限・納付期限は前事業年度の実績による予定納税額の納付期限と同じです。12月末決算法人であれば8月末日です。

半期で決算・申告をすることになるので手間はかかりますが業績が大幅に悪化したということであれば検討されてみてはいかがでしょうか?

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


仮決算をして中間申告を出します

2009/08/04 17:47 詳細リンク

こんにちは。
法人の場合には仮決算をして、その決算に基づいて中間申告書を提出します。
たとえば仮決算をした結果が赤字だった場合には、中間申告を提出することで、予定分の法人税は納税する必要がない、ということになります。
提出期限は確定申告と同じで計算期間の末日から2カ月以内に提出します。
たとえば12月決算の場合には1月〜6月の半期について仮決算、中間申告を8月末までに提出することになります。
減額申請と言う制度は、個人の所得税の制度で、法人税の場合には上記のような方法になります。
注意点としては、申告期限までに中間申告を出さないと、前年実績の予定申告税額で確定してしまうので、必ず期限内に提出しなければなりません。
お分かりいただけたでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告時実際の収入に応じた額で納税する便宜的方法 よしみつさん  2009-03-10 15:32 回答1件
法人の役員報酬とその他 nature_lunchさん  2015-12-09 14:34 回答1件
確定申告と税務調査について PF tomoeさん  2015-10-05 20:43 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)