家を買うための貯金のよい仕方は? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家を買うための貯金のよい仕方は?

マネー 家計・ライフプラン 2009/08/03 20:43

夫31歳年収500万 妻30歳年収300万
この二人が3000万円のマンションを買うのに今から始めた方がよい貯金の方法はありますか?新婚なので貯金が現在200万しかありません。
財形などどこのものがよいのか、アドバイスお願いします。

いなばさん ( 愛知県 / 女性 / 30歳 )

回答:5件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入のための貯蓄について

2009/08/04 10:26 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

何年後に購入したいのですか。
それによりお金のため方は変わってきます。
元本確保で確実に貯めるのか。それとも価格変動リスクや為替リスクはありますが、株式や外貨建て商品なども加え運用するのか検討しましょう。
ご自身の運用経験やいつまでに必ずほしいのか、それとも貯まったら購入したいのかによっても違ってくるでしょう。
住宅購入だけではなく将来の予定を一度夫婦で書き出してみるといいと思います。

ちなみに3000万円のマンションを購入するための貯蓄目標金額は、物件価格の3割(900万円)を目標にしましょう。


お金のため方としては、下記のようなものがあります。
預貯金などについては、インターネットでいろいろな金融機関を比較して見ましょう。1年定期で1%や3年定期で1.5%ぐらいのところがあります。会社の財形貯蓄ができるのであればその金利も見てみて下さい。預ける期間がなるべく短く金利が高いところを探しましょう。

元本確保のもの
1、普通預金
2、定期積立預金
3、定期預金
4、財形貯蓄
5、個人国債 など

価格変動リスクがあるもの、為替リスクがあるもの
1、株式
2、外貨建て商品(外貨預金、外貨建てMMFなど)
3、投資信託
4、るいとう
5、積立型投資信託 など

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

値動きのある運用についてどう思われますか?

2009/08/04 19:28 詳細リンク

いなば様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件、元本保証の運用にこだわる場合は、財形貯蓄や定期預金など、選択肢も限られてきますし、目標として設定できる利回りも、せいぜい年1%前後ですが、もし、値動きのある運用も勉強していきたいという場合は、時間を味方につけた資産運用で、年5%程度の運用成果を目指していくのもよいでしょう。

例えば、世界の株式市場全体の値動きに連動させることを目指すような運用方法であれば、統計学的には、時間の中で、リスクをコントロールできると考えられます。

この運用方法を分かりやすく説明すると、株価は、上がったり下がったりしますが、株式市場全体に投資すれば、永遠に下がり続ける確率は限りなく低い、といった特性を利用するということです。

ただし、最近は、市場環境も変化していますので、単純に持ち続けるだけのやり方ではなく、ある程度、定期的に資産配分の見直しをしていく必要はあると思います。

マンションは、何年後あたりに購入されたいイメージなのかが分かりませんが、例えば、15年後の購入を目指して、毎月10万円ずつ積立ができるとし、仮に、その間、年5%の複利運用をしたのと同じ成果が得られたとした場合は、15年後には、約2673万円になります。一方、年1%の複利運用では、15年経過しても、約1941万円にとどまります。その差は、約732万円です。
※税金・手数料は考慮していません

なお、値動きのある運用は、当然ながら、失敗すれば、元本割れになってしまうこともあります。

しっかりと金融や経済の勉強をしながら経験を積んでいけば、それほど怖がることはないのですが、何しろ、保証のない世界ですから、もし取り組まれる場合は、必要に応じて、特定の金融機関との雇用関係のない独立系アドバイザーと相談しながら、慎重に進めていかれることをおすすめします。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/08/06 17:15 詳細リンク

いなばさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『このふたりが3,000万円のマンションを買うのに今から始めた方が良い貯金の方法はありますか?』につきまして、住宅を購入するに当たりまず、頭金を準備する必要がありますので、毎月の積み立てを行うことをお勧め致します。

勤務先で住宅財形貯蓄があれば、そちらを利用するとよろしいと考えますし、もし、住宅財形貯蓄制度を勤務先で行ってない場合には、将来、住宅ローンを利用する可能性が高い金融機関で、自動積み立て定期預金などを始めておくようにしてください。

自動積み立て定期預金などを始めることにより、金融機関に対して実績を作っておくことができますし、金融機関によっては予め口座を開設していることを融資の条件にしている金融機関もあります。

尚、住宅を購入する場合、住宅を購入した後から住宅ローン負担で家計が圧迫されないためにも、また、借入金額を少なくすることで、少しでも住宅ローン審査を通りやすくするためにも、頭金として物件価格の20%プラス諸費用分は予め用意したうえで、住宅を購入するようにしてください。

いなばさんの場合、3,000万円の物件を希望されておりますので、現在の預貯金残高のプラスあと500万円を目標にしていただくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸です。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

今の時期に貯蓄を増やす

2009/08/03 23:08 詳細リンク

いなばさん、今晩は。CFPの小林治行です。

住宅金融としては住宅金融支援機構のフラット35、民間住宅ローン、財形住宅融資がメインです。

住宅を出来るだけ早く欲しいと思う人には、フラット35か、民間金融ローンでしょう。

仮にフラット35で愛知県の金利で2.97%とすると、35年で月11.5万円、年額138万円となります。
138万円はお二人でDINKSでの収入でしたら、収入の18%ですから、まだ余裕もあるでしょう。しかし、子供が誕生し夫君一人の収入で返済をするとすると、ほかに何も出来なくなってしまいます。

一方、今の時期(DINKSの時期)を資産形成の時期ととらえ、購入は先でも良いという人には財形住宅融資制度でしょう。仮に10年間で貯蓄を増やし、それを元手で融資を受けます。
財形住宅融資は残高の10倍、最高4000万円まで融資します。
(10年先まで同じ制度かどうかは保証できませんが。)

その期間は財形によって、準備して下さい。

後半の方をお勧めします。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

方法より額が大切です。

2009/08/05 10:32 詳細リンク

いなばさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

住宅購入時期が5年以内とすると、元本保証が前提ですので、商品にあまり差はありません。
とにかく毎月確実に積み立てる、目標を立ててその金額を決めるといでしょう。

確実ということですと、やはり天引きの住宅財形でしょう。
財形の場合の商品はいくつかありますが、どれも大差はないといったところでしょう。
それよりも目標と積立額を決めることが大切です。

たとえば、3000万円の物件の場合は諸費用が約150万円ほどかかります。
今の貯蓄額からいくとこれからいくら頭金をためることができるかが購入後の家計に影響するところですね。

今後お子さんができるとすると、ご主人の収入でやっていけるようにしておくことが大切です。
そういう意味からしても最低でも年間300万円は貯金に回したいところです。
たとえば、ご主人が月15万円、いなばさんが10万円の財形をすると年間300万円です。

2年後には600万円の頭金ができます。
2400万円のローンですと、ご主人お一人の収入になっても返済可能ですね。

貯金の方法よりも金額重視でいくといいと思いますよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

貯金できません・・・ らーらさん  2014-02-26 13:33 回答3件
資産運用とライフスタイルへのアドバイスを yarikuri7さん  2012-11-23 18:39 回答3件
今後の家計管理について @ひなこさん  2009-02-18 12:01 回答7件
一番いい方法を教えてください ヒロトママさん  2009-02-02 14:48 回答5件
貯蓄に関して hanadan38さん  2008-03-27 03:03 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)