専業主婦の投資信託の運用について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

専業主婦の投資信託の運用について

マネー お金と資産の運用 2009/07/27 17:29

現在、専業主婦で給与収入はなく、夫の扶養に入っています。
同じ証券会社の一般口座と特定口座(源泉徴収あり)にそれぞれ投資信託を保有しています。

<質問1>
一般口座の投資信託の利益が年間38万円以下になるように調整して売却(解約)していますが、もし、源泉徴収ありの特定口座で利益を出した場合、一般口座と利益が通算されてしまうのでしょうか?
源泉徴収される場合、通常は確定申告は必要ないと思いますが、両方の口座の合計を38万円に収める必要がありますか?(その他の所得はありません)

<質問2>
最終的には特定口座のみにするつもりです。
一般口座から特定口座へは移管出来なかったため、一般口座の投信を一度売却し、特定口座で買いなおしているのですが、現在一般口座の含み益が100万円以上出ているため、売却時に利益が38万円を超えないようにすると、しばらく両方の口座をもつような形になりそうです。
もしその含み益を全て確定させる(確定申告をする)場合、夫の配偶者控除がなくなると思いますが、その他にどのようなデメリットがありますか?素直に38万円に抑えた方が良いでしょうか。

色々調べてはみたのですが、混乱してしまっているので、アドバイスいただければ幸いです。

parfaminさん ( 大阪府 / 女性 / 30歳 )

回答:1件

小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

投資信託の損益通算

2009/07/27 18:56 詳細リンク

parfaminさん、今日は。CFPの小林治行です。

質問1
源泉徴収ありの特定口座で利益を出した場合、強制的に一般口座と利益が通算されてしまうことはありません。
源泉徴収ありの特定口座のメリットは申告不要ですが、申告することも出来るという点です。
もし特定で利益が出て、一般で赤字の時は通算して税金の還付を受けるのが通例です。

両方で利益が出ているなら、源泉徴収ありの特定口座のほうは考慮不要です。

質問2
配偶者控除は所得の種類に関わらず、一律に合計所得金額が38万円以下の配偶者に適用される制度です。

仮に80万円の利益が出たときは、
80万円-38万円(基礎控除)=42万円が株式等の譲渡に関わる課税譲渡所得等の金額となり、
所得税では7%、住民税では基礎控除33万円控除の47万円に分離課税の3%がかかるという仕組みです。(すいません、専門用語が多くなります。)


以上より、一般口座では38万円のラインを超えないようキープしつつ譲渡していくことになりますね。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養内主婦 株取引 ぷちこめさん  2015-05-31 16:52 回答1件
余裕資金の運用について カプカープさん  2015-06-26 12:45 回答1件
日本版ISAの前に売却すべき? かめままんさん  2013-05-13 12:27 回答1件
貯蓄を投資に bingobingoさん  2012-09-15 22:19 回答1件
今後の家計費運用・貯蓄について ストレイシープさん  2010-03-10 02:52 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)