退職所得に係る住民税の還付について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職所得に係る住民税の還付について

マネー 税金 2009/07/17 17:46

今年2月に会社を退職し、近いうちに個人事業を始める予定です。
「退職所得の受給に関する申告書」を提出して退職所得から控除された住民税は、今年度の所得控除、及び、今年度事業所得の赤字分(今年度赤字見通しです)を含め、来年確定申告を行えば、退職所得に係る住民税は還付されるのでしょうか。
以上、教えていただけますでしょうか。

2083さん ( 千葉県 / 男性 / 48歳 )

回答:1件

退職所得に掛かる税金

2009/07/18 16:59 詳細リンク

*所得税
21年分の確定申告で、事業所得の計算上生じた損失額があるときは、その損失額は退職所得と損益通算されますので、退職金の支払の際に源泉徴収された所得税が、この損益通算後の所得を基にして算定された所得税を超えることとなるときは、その超えることとなる源泉徴収された所得税は還付されることとなります。

*住民税
その退職金の支払の際に現年分離課税によって個人住民税の所得割が課されたときに、その課税関係が完結しているため、事業所得の計算上生じた損失額は、現年分離課税の対象となる退職所得金額から控除することができません(所得税のように損益の通算をして退職所得金額が減少されません)。したがって、退職金の支払いの際に特別徴収された住民税が還付されることはありません。

※ 所得税を源泉徴収して納付すべき退職金に係る退職所得金額については、その退職所得の発生した年に、他の所得と区分して、現年分離課税の方法により個人住民税の所得割を課することとされています。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

事業所得から給与所得への変更における税金について ヒガシさん  2010-08-28 13:13 回答1件
確定申告は必要でしょうか? 広島のまこさん  2007-08-09 18:08 回答1件
アフィリエイトの確定申告での疑問 ヨッティさん  2009-08-14 10:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)