今が建て替え時? - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今が建て替え時?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/07/15 23:32

現在住んでいる家(父親所有)の建て替えを検討して
います。
今すぐ着工すべきか、もう少し頭金をためてから来年
着工すべきか検討しているところです。

本人(夫・会社員)34歳 前年度年収500万円
*今年度は業績悪化のため380万円見込
妻(専業主婦) 34歳
子(2人) 2歳と0歳

・貯金 450万円
・ボーナス年間100万円位(通常時・手取り)
*但し今年度は夏冬ボーナス無しの見込
・毎月の支出は約20万円
・現状の月収 28万円(手取り、給与カットの状態)
・月の貯蓄可能額 7万円〜8万円程
・子供の教育費として、毎月2万円積立

現在、大まかなプランニングの段階での費用は諸経費
込みで約2400〜2500万円です。
現時点での住宅に回せる頭金は300万円
(150万円を貯蓄として別に残す)
借り入れを2100〜2200万円と考えています。
10年固定金利で30〜35年返済、ボーナス返済は
無しでの返済、繰り上げ返済の前提で検討中です。
もし来年着工ということであれば、これから貯蓄して
頭金は追加100万円ほどは出来そうです。
(この場合、頭金400万円)

今の低金利や、ローン減税などの優遇措置などを考慮
した上で、今が建て替え時なのか悩んでいます。

現時点で車のローンやその他借り入れはありません。
妻は今、専業主婦ですが、子供たちがある程度大きく
なった頃にパートに出てもらい、2人の収入で返済し
ていく予定ですが、数年は私の収入のみでの返済とな
ります。

この不景気の状況下決して会社の状態も安定している
わけではなく、給与カットが続いている状態です。
来年度は前年度まではいかないまでも給与水準は戻る
見込みです。

今すぐ着工すべきか、来年着工すべきか悩んでいます。
宜しくお願い致します。

とら吉さん ( 石川県 / 男性 / 34歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/07/16 09:36 詳細リンク

とら吉さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今すぐ着工すべきか、来年着工すべきか悩んでいます。』につきまして、例えば、物件価格2,500万円につきまして、頭金300万円、借入金額2,200万円につきまして、ローン金利3.0%・35年返済とした場合、手取り月収金額28万円に占める住宅ローンの負担割合は、30.2%ほどとなり決して返済していくことができない水準という訳ではありませんが、家計の負担は少なくはありません。

尚、頭金を400万円とした場合の手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合は、28.8%ほどにまで低下します。

頭金が100万円増えれば、その分住宅ローンの負担は軽減できることになります。

通常、住宅を購入する場合、頭金として物件価格の20%プラス諸費用分は予め用意したうえで、購入することになりますので、住宅ローンを組んだ後からのローン返済のことを考慮した場合、頭金は少しでも多いに越したことはありません。

また、住宅ローンを組むときには今は返していくことできるということだけで住宅ローンを組むのではなく、例えばお子様がいる家庭では、将来の教育費用の負担増なども考慮に入れた上で、無理のない住宅ローンを組むようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅の建て替えについて

2009/07/16 10:13 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

2100万円から220万円借り入れして手元に150万円残す予定ということですが、建て替えの場合には思わぬ出費が出てくる可能性がありますので、建築費として100万円ぐらいは追加で使えるようにしておいたほうがいいでしょう。その他、建築中の家賃や引越し費用などもかかってきます。

また、現状の収入が不安定のようにも思えます。住宅ローンを組んでしまって本当に大丈夫なのかも検討してみましょう。

現状では若干無理があるようにも思えます。
ただ、今金利が低いのでどうしても建て替えをしたいのであれば、今後の予定を考え支払い続けられるのか検討してみましょう。
一度お近くのFPに家計のシミュレーションを作成してもらうといいと思います。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

この件が決着してから建築実施を!

2009/07/18 16:59 詳細リンク

とら吉様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、とら吉様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.前年及び前々年の年収が500万円以上で有ったとして、源泉徴収票を銀行等へ提出されても実質的年収380万円(本年度)で評価される可能性があります。そのため、住宅ローン2,200万円申込の対応は厳しいと思います。

年収380万円、借入期間35年、審査金利5%、返済負担率30%以内

・毎月の返済限度額 95,000円以内
・借入限度額 1,880万円

2.つまり、借入希望額2,200円から借入限度額1,880万円を差引くと320万円の不足となります。

3.そこで、親御さまを担保提供者兼連帯保証人として親御さまの年収(年金も可)を合算することで銀行等で相談されてはいかがでしょうか。

4.この件が決着してから建築実施を決めてはいかがでしょうか。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
家計診断と住宅購入の相談です。 よっつんさん  2009-07-12 01:19 回答6件
家計チェックと住宅購入について マイラーさん  2008-06-30 14:05 回答7件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)