死亡保険 - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

死亡保険

マネー 保険設計・保険見直し 2009/07/10 00:34

生命保険の死亡保険の受け取りが配偶者(妻)で契約していたが実際に亡くなった時は離婚2ヶ月目の場合どうなるのでしょうか? 受取人はそのままで贈与税になるのか・・・

kanonnさん ( 北海道 / 女性 / 37歳 )

回答:5件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

死亡保険金の件

2009/07/10 14:47 詳細リンク

kanonnさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『生命保険の死亡保険受け取りが配偶者で契約していたが、実際になくなった時は離婚二ヶ月目の場合はどうなるのでしょうか?』につきまして、受取人を変更していないのでしたら、そのまま配偶者が死亡保険金を受け取ることになります。

尚、税金に関する専門家は税理士さんとなりますので、必ず税理士さんにもご確認していただく必要がありますが、受け取る保険金につきましては、何らかの税金の課税対象となります。

以上、ご参考にしていただけますと幸です、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

- good

相続税の対象となります。

2009/07/11 03:49 詳細リンク

はじめましてkanonn様。アイスビィの植森宏昌です。

今回のご相談のケースですと保険契約者、被保険者共にご主人様である場合は離婚後であったとしても相続税の対象となります。

但し、最終的には税金に関しては専門家である税理士さんに確認下さいね。

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

植森 宏昌が提供する商品・サービス

セミナー

出産、マイホーム、老後などの人生設計

ご自身に合った最適な住宅ローンとは?

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

保険は、契約によりますので。

2009/07/10 05:23 詳細リンク

はじめまして、kanonnさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


保険金の受取人は、契約によって成り立っていますから、受取人が元配偶者のままになっていれば、離婚後も元配偶者へ保険金受け取りの権利があります。

その場合は、受取人は相続人では無くなっているので、相続税ではなく贈与税の対象になるでしょう。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

相続税の対象となります

2009/07/10 06:54 詳細リンク

kanonnさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

保険契約者と被保険者が元夫でしたら、離婚した後であっても受け取る保険金は相続税の対象となります。
しかし、法定相続人ではありませんので、500万円の非課税枠はありません。

受け取った保険金すべてがその他の相続財産として加算され、その相続財産が基礎控除(5000万円+法定相続人×1000万円)以上ある場合は相続税がかかります。

相続税がかかる場合、被相続人の1親等の血族及び配偶者以外の場合に該当しますので、税額が2割加算されます。

相続税が発生しない場合は税金は発生しません。

ただし、保険金請求には死亡診断書などが必要となりますので、親族以外の方の請求は結構トラブルになるようです。


受取人はそのままで相続税の対象となります

2009/07/10 09:43 詳細リンク

こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツを経営するCFPの藤井です。

今回のようなケースは結構あります。離婚して受取人を変更しておくべき場合でも、手続きがなされていないことが多いのです。

今回は、保険金の受取人は前の配偶者のままで、受取る保険金は、相続税法上は見直し相続財産となります。しかし、他によほど多くの財産がない限り、基礎控除の範囲内で相続税は掛からないでしょう。

質問者

kanonnさん

死亡保険

2009/07/10 14:38 固定リンク

回答ありがとうございました。今回住宅も夫婦名義でしたが保険も住宅も財産放棄してほしいという話になっていまして・・・。住宅は相続放棄して生命保険は一旦受け取りのちに相続人の親に渡す場合私には税金は発生しないのですか?のちのちトラブルに巻き込まれないようにするには何か必要な事はあるでしょうか?

kanonnさん (北海道/37歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険見直しについてお願いします。 ティラミス☆さん  2009-05-27 15:47 回答6件
保険の見直しについて質問させてください 小夏さん  2008-06-27 09:21 回答9件
保険の見直しをしたら条件付きに。。。 りきゅうさん  2013-01-19 00:19 回答1件
生命保険の見直しについて。 ssyu-mii-mさん  2009-08-28 17:19 回答7件
保険料について ネコネコさん  2009-08-23 23:53 回答9件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)