養育費減額について - 離婚問題 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

養育費減額について

2009/07/04 13:58

離婚して6年がたち、前妻との間に子供が2人おり、養育費を現在月6万円支払っています。不況をあおりを受け収入が月に10万円程度減少してしまったため、養育費の減額をお願いしたところ、検討してもよいが返済プランを出せと言ってきました。養育費を減額してもらった分はあとで上乗せして支払うべきなのでしょうか?

タカノリさん ( 愛知県 / 男性 / 36歳 )

回答:1件

養育費減額調停を利用しましょう

2009/07/05 01:30 詳細リンク
(4.0)

養育費は、子供の父と母のうち、親権者でなく収入が多い親(通常は、父親)が子供のために親権者になった元配偶者(通常は、元妻で子供の母)に子供のためとして支払うお金です。

養育費は、離婚時の父母の収入の差を基本として支払う金額を決めますので、離婚時に決めた養育費の額が、将来、お互いの収入の増減により変動されることは当然に想定されるものです。

今回、支払義務者である父の収入が大きく減額になりましたので、養育費6万円の負担が難しくなったのは、仕方がないと思います。
そこで、元妻に対して、養育費の減額を求めるべきですが、前述のように、養育費の額は離婚時に決めた金額で不変ということではありませんので、減額したのちに6万円との差額を後日支払う必要はありません。

したがって、「返済プラン」などというものは不要であり、将来、減額してもらった額を上乗せして支払う必要もありません(払ってあげることは構いませんけど)。

以上から、現在のあなたの収入と相手方(元妻)の収入の差から適切な養育費を決めて減額を求め、もし、それに納得してもらえなかった場合には家庭裁判所に対して養育費減額調停を申し立てて、調停委員や裁判官に元妻を説得してもらうことが賢明だと思います。

頑張ってください。

評価・お礼

タカノリさん

とてもわかりやすいご説明ありがとうございます。元妻は物分かりが悪くなかなか融通がきかないところもあるので多少不安なところもありますが、最悪裁判所を利用して頑張ってみます。ありがとうございました。

回答専門家

三森 敏明
三森 敏明
(弁護士)
ヒューマンネットワーク三森法律事務所 所長弁護士

あたたかみのあるお付き合い。気軽に相談できる身近な弁護士

丁寧な説明と報告、依頼者の納得のいく解決を目指します。100%の力で、全身全霊を尽くして、問題解決に努めます。損害賠償請求事件、債務整理事件、債権執行事件、刑事事件など、あなたのお悩みが大きくなる前に気軽にご相談ください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

離婚後調停 nekojijiさん  2010-07-07 00:02 回答1件
養育費の減額請求について pyontaさん  2008-06-11 02:03 回答1件
離婚した元夫が破産、養育費が打ち切りに。 たらればさん  2008-05-22 12:49 回答1件
婚姻費用と養育費について 義行さん  2007-03-22 21:57 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

マーチン

恋愛クリエイション

マーチン

(恋愛アドバイザー)

マーチン

恋愛クリエイション

マーチン

(恋愛アドバイザー)

電話相談

芭蕉先生のなんでもお悩みカウンセリング

カウンセリング内容は、カテゴリーにこだわらずどんな内容でも構いません。

芭蕉先生

芭蕉の辻探偵事務所

芭蕉先生

(男女問題カウンセラー)

電話相談 電話 離婚回避・夫婦円満コンサルティング
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)
電話相談 不倫相手と直接交渉予行演習
芭蕉先生
(男女問題カウンセラー)