ローンの種類 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ローンの種類

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/06/28 22:59

現在社員として花屋に努めていますが、来年春先を目途に退職し独立しようと考えています。
場所がやや田舎なので、街中に店舗を借りようかと思いましたが、主人名義で築3年になる戸建てを所有しており、その住宅ローンに加え店舗家賃が加わるとやはり高額になるので、どうせ同じ金額を払うならと店舗兼用住宅を新たに他の地で建ることを検討しています。主人もサラリーマンとして勤めていますが、将来は夫婦でともに経営していきたいと考えています。
ひとまず軌道に乗るまでは主人は現状維持し、私一人でお店を回そうと考えています。店舗兼用住宅だと、住宅部分と店舗部分のローンが異なることは最近調べて分かってきたところなのですが、いくつか疑問が浮上してきたので以下の点について専門家の方に教えていただきたくお願いします。
●私の名義だけで考えた場合、退職を考えていてもローンを組むことは出来るのか
●主人名義の場合、セカンドローンもしくは他の金融機関で住宅ローンを組むことは出来るのか
●今の戸建てをもし賃貸にする場合、住宅ローンではなく違うローンになると調べたのですが、住宅ローンのままにする方法(身内に貸すなど)はないのか

以上です。
お手数ですが、宜しくお願い致します。

corinthiansさん ( 神奈川県 / 女性 / 27歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/06/29 09:23 詳細リンク

corinthiansさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

質問1について
勤務中でしたら住宅ローンの申し込みは可能だと思われます。

ただし、退職した後からの返済計画をしっかりと立てておかないと、住宅ローンの返済ができなくなってしまうなど、大変なことになると思われます。

質問2について
ご主人様に収入の面で返済の余力があるのであれば、可能性はあると思います。

尚、新たにローンを組むことで、無理な返済計画にならないようにしていただくことをお勧めします。

質問3について
住宅ローンにつきましては、自らが居住することが融資に当たっての要件となります。

今住宅ローンを返済しているにもかかわらず、新たに住宅ローンをくむということは、家計のうえからは大きなリスクとなります。

また、住宅ローンにつきましては、幾らまでかりられるではなく、幾らまでならば無理なく返済していくことができるかで判断をするようにしてください。

よって、しっかりとした資金計画をたてたうえで、行動するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

店舗は当初賃貸にされある程度の頭金を貯めてから!

2009/06/29 08:20 詳細リンク

corinthians様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、corinthians様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.corinthians様名義によるローン借入可否につきまして、
新規事業資金の借入は国民生活金融公庫等で行っていますが、不動産購入資金等の資金は難しいと思います。

2.ご主人さま名義でセカンドハウス購入のため、
現状のローン借入残があり、新たな借入は上乗せされるため難しいと思いますが、お取引銀行で相談されることをお勧めいたします。

3.もしも、既住宅を賃貸する場合につきまして、
上記2と関連いたしますので、住宅ローンを継続出来ないかもしれません。

以上を考慮いたしますと、店舗は当初賃貸にされある程度の頭金を貯めてから、所有物件を検討されてはいかがでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
低所得者の住宅ローンについて ぷりまさん  2015-07-11 13:06 回答1件
住宅ローンの毎月の返済額を抑える方法について akremさん  2012-06-25 02:13 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)