不動産売買契約の手付金返還について - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

不動産売買契約の手付金返還について

住宅・不動産 不動産売買 2009/06/22 14:11

来春竣工予定のマンション購入のため不動産売買契約を締結し、手付金として約1割のお支払いを済ませているのですが、先日マンション敷地内にて身元不明者のご遺体が工事着工後に発見されていたことが判明致しました。契約をしたのは今年の4月で遺体が発見されたのは平成19年10月13日で、工事着工日は平成19年10月1日です。明らかに工事着工後の出来事です。しかしながらこの事実が重要事項説明に記載がなく、この事件を知っていれば契約は間違いなくしなかったです。後日マンション販売会社へ問い合わせをしたら、紙きれ一枚だけ持って家に説明にきました。事件の事実を認め、今後の契約者には重説には記載はしないものの、その紙一枚をもって説明をするという事でした。一旦は、それを受け入れたもの、今ではネット上で「首吊りマンション」とまで呼ばれ将来の資産価値に影響も出てくるのではないかと懸念致し、マンションの解約を考えているのですが、この場合、手付金は返ってくるのでしょうか。アドバイスをどうぞ宜しくお願い致します。

有栖川さん

回答:2件

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

手付金の返還と売買契約解除

2009/06/24 17:48 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、今回のような場合、業者が事前に知り得た重要な事実を故意に伝えなかったとして判断できる内容でしょう。


法律には「重要な事項について、故意に事実を告げず、または不実のことを告げる行為をしてはならない」とあります。

今回の事案は、重要事項説明書に必ず記載すべき内容とは言えませんが、購入に際し、「顧客等の判断に重要な影響を及ぼすこととなるもの」について、故意の不告知には問題があると言えるでしょう。

その結果として、売主が重説とは別にこの事案を書面にて説明することとしたのは、事案の告知の必要性を認識したことと理解できます。

ですから、契約前に故意の不告知の行為があり契約解除と手付金の返還を売主に求めてもいいかと思います。

こうした違反行為に対する罰則規定も強化されていますので、業者側もそれなりに対応するかと思われます。


私共でも、こうした契約等に関するサポートを行っておりますので、宜しければ個別にご相談下さい。


以上、ご参考になれば幸いです。

詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。



*■住まいづくりを中立的立場でサポート!! 詳しくはこちら


***注文住宅・一戸建の契約相談受付中!!詳しくはこちら


***新築・中古マンションの契約・解約に関するご相談 受付中!!
***お申込はコチラ


***★☆マンションってどうよ?


***住宅ローンの審査基準

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤田 将友

藤田 将友
不動産コンサルタント

- good

手付金返還について

2009/06/23 20:07 詳細リンク

有栖川さま

はじめまして、株式会社Rバンクの藤田と申します。

ご質問頂いた件についてですが、厳密に重要事項説明に記載が必要な事項か

どうかは、判断に迷いますが、

「建物内の死亡ではないこと」「死因にもよること」

倫理的には、事実をしっていた売主は、それを購入者に伝えるべき内容だと

思います。本ケースでは、県の宅建指導課に相談に行くべき事項だと思われます。

宅建指導課では、宅建業法の見解のみならず、消費者側の目線にたって、売主と

しての会社の姿勢が間違っているものかどうかの判断をして、不動産業者への勧告

等も行ってくれるケースもあります。

あとは、売主の不動産会社側の倫理観が大きく左右されます。社会的に認知度の高い

企業であれば、今回のようなケースで、あまり購入者の方と争う形を取らない事の方が

多いと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

不動産売買契約に於いての手付金返還について ホームラン王さん  2009-06-16 17:43 回答1件
新築ワンルームマンションの今後について コチコチさん  2013-09-23 03:15 回答2件
譲渡所得に関して やたろうさん  2011-01-14 21:01 回答1件
マンション売主の信頼性について T.M.さん  2009-11-17 23:10 回答1件
不動産売買について piyon0815さん  2009-09-27 16:16 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)