医療保険を迷った場合の決め手を教えて下さい。 - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療保険を迷った場合の決め手を教えて下さい。

マネー 生命保険・医療保険 2009/06/05 11:42

初めまして。35歳の専業主婦です。(私は全労災の医療保険に入ってます)
夫39歳の医療保険で悩んでいます。
子供がいないので掛け捨ての医療保険を考えているのですが・・・
?アクサ損保 アクサダイレクトの医療保険(5千円タイプ)
55歳以降保険料半額 がん保険料免除特約
?ソニー損保 SUREワイド(5千円プラン)
60歳以降保険料半額 交通事故傷害介護保険金毎年200万
?損保ジャパンひまわり生命 健康のお守り(5千円プラン)
保険料終身払い
合ってるかなっと思い選んだのが、この3つです。
掛け金も保険金もだいたい似てるように思うのですが、
?と?は先進医療保障があり?には無く、その代り?には
ガン入院保険金があります。
保険料は終身払いより??のように、高齢時に負担が軽減されている方が良いように思えます・・・
?の『交通事故傷害介護保険金毎年200万』は別の保険で入ったほうがいいのかなぁと思ったりします・・
他にもっと重要視するべきことがあるのでは・・・とも思います。
そもそも、歳から考えると医療と生命保険がセットになった保険を考えるべきなのでしょうか?
何を聞いているのか解りにくい質問ですが、
よろしくお願いいたします。

りっちゃん▼さん ( 兵庫県 / 女性 / 35歳 )

回答:7件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険商品選択について

2009/06/05 14:31 詳細リンク
(5.0)

りっちゃん 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

ご主人の医療保険ですが、何を重視するかは加入される方の考え方ですから、この保険の方が良いですよ!という判断は難しいですね。

ただ、掛捨ての医療保険でしたら、先進医療の特約が付加された保険の方が良いかと思います。
先進医療特約がついた終身医療保険でしたら、オリックス生命のCUREかアリコジャパンの新終身医療保険の方が保険料は安くなりますね。

がん保険ですが、費用対効果を考えれば、単体のがん保険にご加入された方が良いでしょう。

2の『交通事故傷害介護保険金毎年200万』は別の保険で入ったほうがいいのかなぁと思ったりします・・
→この件も加入者の考え方なのですが、公的介護保障、自動車保険に付加されている補償などを考えれば、必要でしょうか?

そもそも、歳から考えると医療と生命保険がセットになった保険を考えるべきなのでしょうか?
→生命保険と医療保険がセットになっているもの選択することはおすすめできません。
加入目的別に保険を加入される方が費用対効果を考えれば効率的です。


ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
もやもやとした悩みが晴れて
考えやすくなりました。
オリックス生命とアリコジャパンもチェックして
また考えたいと思います。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

少しづつ、整理して考えてみましょう。

2009/06/05 17:14 詳細リンク
(5.0)

りっちゃん▼さんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

似通っている商品ですから、いろいろと悩みますね。

まずは保障内容からお話します。
あくまでも個人的意見になりますが、高度先進医療は付けておかれることをお勧めします。治療の選択肢の幅が広がるからです。それと、入院日数(成人病とその他)・手術給付金を今一度ご確認ください。それぞれの保険に相違点があるようですが、今ご加入の保険と保障が重ならないのをご確認のうえ、最後はお気持ちで決められてもよいでしょう。

保険料についてですが、
それぞれの累計の支払い保険料を比較してみることをお勧めします。グラフにしてみるとなお分かりやすいです。今のお財布の状況を見ながら、お気持ちに合ったものを選ぶとよいでしょう。ちなみに、健康のお守りにはだんだん割もあります。

死亡保障もとお考えなのでしょうか。
現在の死亡保障額をお聞きしていないのですが、保障額が少ないのが気になっておられるのでしょうか。新たな加入をご検討の場合、保険会社にはそれぞれ強みがありますので、その強みを上手に活かした保険の加入をお勧めします。

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
累計の支払い保険料のアドバイス、すごく
参考になりました。
高度先進医療は迷ってたところなので、
意見していただいて助かりました。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

澤田 勉 専門家

澤田 勉
保険アドバイザー

- good

医療保険選びの決め手は?

2009/06/05 18:14 詳細リンク
(5.0)

りっちゃん様

こんにちは。
ライフィ(http://lify.jp/)澤田と申します。

ご質問の医療保険選びはなにを規準に選ぶのか?は
すごく難しい問題ですね。

人によって「決め手」が変わってきますので。

野菜を例にご説明しますと、ひとつ選ぶにしても
・有機野菜、無農薬を重視する
・まとめ買いで安く買う
・国内産を重視する
・価格を重視する
・宅配で便利さを重視する
・鮮度を重視する ・・・etc.
というように、人によって基準が変わってきますね。

医療保険も似たようになにをポイントに選ぶのか?が
変わっていいと思います。

もし私が自分の医療保険を選ぶとするならば、
●まず、''「医療保険は鮮度重視」''です。
最新の医療保険であればあるほど、安くて保障範囲が
広がってきています。
●先進医療特約の付いたものを選ぶ。
医療技術は日進月歩。先進医療も必要でしょう。
●終身保障の終身払いを選択する。
数年後にもっと良い保険が出た時に乗り換えても
損が少ないように。
●日額1万円にするならば、5千円ずつ2社に分けたい
1社破綻しても半分残る。また、保障範囲の違う商品を選ぶ。

ちゃんとしたお答えになっていないかもしれませんが、
ご参考まで。


*参考リンク

・「最新!医療保険の比較検討一覧」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p24.php
・「医療保険の入院限度日数、何日あればいい?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p23.php
・「医療保険の入院日額5千円か、1万円か?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p22.php
・「先進医療ってなに?」
http://lify.jp/contents/health/h03.php
・「結婚を期に考える奥様の医療保険」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p17.php
・「妊婦でも加入できる医療保険は?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p21.php

http://lify.jp/

評価・お礼

りっちゃん▼さん

重ね重ね回答ありがとうございます。
病気になって保険の乗り換えが出来なくなる可能性も
忘れず、やはり「医療保険は鮮度重視」なのですね。
おかげさまで、考えが自分なりにまとめられそうです。
>保険料が1000円上がるとするならば、この分を貯金に・・・
あとは、余裕のできたお金を貯金に回す強い意志を
持てるように頑張ります。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

回答専門家

澤田 勉
澤田 勉
(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

澤田 勉が提供する商品・サービス

対面相談

法人保険を活用した節税対策

決算に応じ、財務体質強化につながる設計、生命保険をお見積り

対面相談

法人保険のご相談

財務体質を強化する決算に応じた法人保険の活用

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/06/05 17:09 詳細リンク
(5.0)

りっちゃんさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

安い保険を検索すれば、ご記載の3つのうちどれかでいいいと思います。

しかし、社会情勢が変化する中で、その医療保険の価値が変動していく
ことを検討すべきでしょう。

また、完治してから請求(それまで貯金の切り崩しによる立替)、着金
というのではなく、診断給付金のように先に受け取れるものの方が
治療には前向きになれますよね。
・・・こんなことも想定してみてはいかがでしょう。

具体的には、
>1.診断給付金付のものを検討
2.がんや先進医療など「高額出費」のためだけに備える<
などです。

また、医療保険と死亡保険がセットになっているものは控えた方が
いいでしょう。

下記のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459
(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その2)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44460
(医療保険とがん保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44457
(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447
(安い保険を探す前に・・・)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/17622
(100%給付金を受取るためには)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/15505

以上、参考にして戴けたら幸いです。

りっちゃんさんのご多幸を祈念致します。

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
コラムを読ませていただきました。
とても勉強になります。
『保証します』という言葉に踊らされて・・・
何の為に保険に入るかを
もっと実用的に考えてみます。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

まずどういった事に備えるのか・・・

2009/06/05 17:52 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、りっちゃんさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。



まだどういったリスクがあるかを漠然と考えたまま悩まれているように思います。

医療保険に限らず、保険商品はいろんな商品があり迷われると思います。

しかし、まずどういったリスクに対して保険で準備しておくのかを考えられてから商品を考えられると良いでしょうね。

また保険商品だけがリスクに対する準備かと言えば、普段の食事を気をつけたり運動したりするのもリスクに対する備えです。

また、何かあった時の為に貯蓄をしておくのもリスクに対する準備ですね。


保険料の払い方ですが、将来半額になるものは若い内には一般の保険の保険料より多少割高になっており、将来の分の前払いをしている事と同じ事ですね。

考え方次第ですので、現在を安く抑えておく事も考えられます。

またインフレを考慮した場合には、将来のお金の価値が目減りして、保険料が負担にならないであろうと言う考え方もあります。

ご自身に合った保険料の払い方を選ばれても良いでしょう。


死亡保障は医療保険とは別に考えても良いと思います。
ただ、葬儀代くらいの整理資金としてお考えでしたら、医療保険についているものでも良いと思います。

保険商品は対面で相談されると、いろんな組み合わせも出来ますからご相談に行かれると良いと思いますよ。

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
そうなんです。漠然と考え悩やんでいます。
若い内に前払いをして高齢にそなえるか、
インフレになると予想して終身払いにするか、
色々な考えがあるのですね。
すごく参考になりました。


安くて負担の少ないものを

2009/06/06 17:05 詳細リンク
(5.0)

りっちゃん、こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

医療保険の選択は難しいです。加入しないという選択肢があれば、私はそれを選びます。
ただ、今回の3つの中から選ぶとすると、3つめの、ひまわり生命の''「健康のお守り」''でしょうか。

先進医療特約は、使う可能性は低いので、保険料は月100円前後ですが、使うとなると1,000万円まで保障してくれるので、保険という商品の本来の目的に合致しています。

これをメインに考えると、日額の保障は最低の5千円で良いですし、支払いは終身で良いと思います。

色々ある意見のひとつとして参考にしてもられば幸いです。

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
先進医療特約のご意見、とても参考になりました。
納得して付けれそうです。


ご主人の医療保険につきまして

2009/06/08 09:41 詳細リンク
(5.0)

りっちゃんさん、こんにちは。

年金・保険相談を専門にしている中山社会保険労務士・FP事務所の中山です。

まず、医療保険と死亡保険は別々に考えられた方が良いと思います。
セットで加入すると、途中で死亡保険が必要なくなった場合など、解約したくても死亡保険だけは解約できない、など融通が利かないケースがあります。
検討されるのであれば、その点を確認されてからが良いでしょう。

医療保険についてですが、基本的な考え方について説明しているので、よろしければ以下のサイトを参考にしてみてください。

[[http://nakayama-sr-fp.com/useful/useful06.html

少しでもお役に立てれば幸いです。

不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

[[n-n@nakayama-sr-fp.com]]

評価・お礼

りっちゃん▼さん

回答ありがとうございます。
医療保険と死亡保険を別に考えようと
おもいます。
サイト、参考にさせてもらいます。

質問者

りっちゃん▼さん

終身払い

2009/06/08 12:15 固定リンク

回答ありがとうございます。
保険料の終身払いにするのは、
毎月の保険料を低くしたいから・・・だけじゃなく
『数年後にもっと良い保険が出た時に乗り換えても
損が少ないように』
という考えもあるのですね。
若いうちに前払いをして、高齢の時に負担を減らそうと
「終身保険○○歳払い込み」を考えていたのですが、
保険を乗り換えるかもしれないという事に
重点をおいた方がいいのでしょうか?

りっちゃん▼さん (兵庫県/35歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

終身ガン保険+医療保険はどこがよい? mako-tさん  2009-08-29 03:08 回答6件
10年更新の総合保険(?)か掛け捨てか mimiko35さん  2012-09-20 01:43 回答3件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件
結婚後の生命保険と医療保険について ミシェル9176さん  2014-07-06 23:54 回答2件
生命保険の見直し monmon1206さん  2013-07-04 02:05 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

対面相談 鹿児島市保険の見直し訪問サービス
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)