Google Waveって? - ITコンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ITコンサルティング

Google Waveって?

法人・ビジネス ITコンサルティング 2009/05/31 00:41

「Google Wave」という新しいコミュニケーションツールが発表されたニュースを読みました。漠然とした質問ですが、今のG-mailと付加された諸々の機能とどう異なるのでしょうか?なんだかBtoCのマーケティングツールになりそうなサービスですが…

piyo-ruさん ( 神奈川県 / 女性 / 19歳 )

回答:3件

村本 睦戸 専門家

村本 睦戸
ITコンサルタント

- good

ネットでやりとりするすべての情報をググル

2009/05/31 11:00 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。ホロデックスの村本です。


yupaさん、お目が早い!

私見ですが、


**確かに、見た目は、G-mailの機能とチャットをたして、見た目が使いやすくなったという画面です。どこが違うの?という感じです。

しかし、ネット上でのコミュニケーションの主流を以下のものに大きく変更したという点が、「すべての情報をググル」というグーグルの戦略がいよいよ新たな段階を迎えていることを示唆しています。

>・通信規則がメール独自のものでなく、ブラウザが使う規則に対応
・やりとりする内容をすべて検索できるデータベース化に対応
・コミュニケーションツールの開発スピードをアップさせるためシンプルな開発環境に対応<


例えば、ネットショップ業界では、現在「Amazon」のサービス、日本であればモールは「楽天」か「Yahoo」というが城ができているように見える。

なぜなら、その強さの1つのポイントとして、彼らは、早くからネットを活用するタイミングで、圧倒的な技術力あるいは開発力でサービスを開発し、いつも一歩先じてサービスインできる人材と体制を持っているという強みがあるからです。

さらに、その強みは、すでに集めたデータの分析にて、リードできるタイミングを確実にはかりやすいというように、Win-Winスパイラルを独自構築しています。


****で、早い話。GoogleWaveを活用できれば、第二の「アマゾン」あるいは「楽天」のような体制で開発しビジネスできるチャンスが生まれる!?


*グーグルにとっては、情報社会のインフラ業(パソコンでいえばOS的)のNO.1をめぜる一歩を踏み出せることでしょう。


マイクロソフトも実は、似たようなことをやっていますが、彼らは老舗。開発者・技術者・営業サイドをがっちりと固め、一気にひっくりかえすような布石をしているというイメージなので、あんまり表は見えないですが・・・・


以上、あくまで私見です。ご参考になれば、幸いです。

評価・お礼

piyo-ruさん

ありがとうございます。
大変おもしろく読ませていただきました。

回答専門家

村本 睦戸
村本 睦戸
(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

村本 睦戸が提供する商品・サービス

メール相談

会議やプレゼン企画書外部チェックサービス

~30代からの現場力アップシリーズ~

メール相談

行政ウケする助成金、補助金申請書チェックサービス

~30代からの現場力アップシリーズ~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
睦好 正治

睦好 正治
経営コンサルタント

- good

次世代の情報インフラ基盤技術

2009/06/01 12:00 詳細リンク
(5.0)

yupaさん、おはようございます。
睦好(むつよし)@タートルキュー、と申します。

公開されたgoogleのブログにあるスクリーンショットは、ゴチャゴチャしていますね。

回答に先立ち公式ページにあるYoutubeの動画(なんと80分もあります)を視聴してみました。

この技術のポイントは、
**(1)クライアントとサーバの間を1文字単位で通信することができ、
**(2)複数の人が1つのコンテンツをリアルタイムに操作が出来ること、
にあるようです。

彼らは、Google Waveを、
*"コラボレーション(共同編集)による生産性向上"の基盤となる技術
に育てたいようです。

ですから「既存のサービスに何かの機能を付加する」「実践的なマーケティングツール」といった用途に使うかどうかは、この技術を使用しアプリケーションを開発する人が決めることに思えます。

また、この技術の広範囲な普及を目指し、
(1)みなさんのPCに入って入る標準的なブラウザで動作する。
(2)通信手順を公開し、誰でも開発に携わることができる。
(3)サーバの実装を、オープンソースで公開し、ライセンスも無償。
のような"オープン"さにこだわっていることも特徴です。オープンにこだわることで、ライバルのMicrosoftのビジネスモデルに打撃を与えることも意図されているかと思います。

Google自身も、この技術の有効な使い方を見出せていないために、冒頭のようなゴチャゴチャした適用例が紹介されているのではないでしょうか?未成熟な公開する理由は、早くから世間にオープンにし、多くの賛同者を得たいのでしょう。

Googleのビジネスモデルは奥が深く、彼らがどうやって利益を産み出そうとしているのか、なかなか見えません。私見ですが、Googleは、大口のクラウドコンピューティング利用者に有償で情報基盤を提供することを考えていると想像します。

評価・お礼

piyo-ruさん

ありがとうございます。
オープンソースなのですね。今後の展開が楽しみです。

本間 卓哉

本間 卓哉
ITコンサルタント

- good

Google Waveはメール(コミュニケーション)を再発明

2009/06/03 10:10 詳細リンク
(5.0)

EC studioの本間と申します。

私のコメントではないのですが、弊社代表山本による
Google Waveの解説があるので、ご参照いただければと思います。
>Google Wave を使いこなせる企業とそうでない企業で圧倒的な
IT格差が生まれることになると思います。
それは携帯電話の時代に公衆電話しか使えないのと同じくらいの
差だと思います。<

**次世代コミュニケーションツールGoogle Wave(良記事&デモ動画)
http://blog.ecstudio.jp/ec_studio_blog/090601about_google_wave.html

評価・お礼

piyo-ruさん

ありがとうございます。
リアルタイム翻訳機能でコミュニケーション、という点が大変おもしろそうですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

フリーのASPツールはどこまで導入してよいか 専門家プロファイルさん  2008-06-26 11:52 回答7件
沈黙する社内SNSを活性化させる方法は? 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答8件
非常時を想定して、Webサイトの管理を分散させたい 専門家プロファイルさん  2009-02-12 19:21 回答6件
Googleで見当たらなくなりました。 stkm4961さん  2008-12-15 20:36 回答2件
BCMやBCPを見据えたWEBサービスの保守体制 専門家プロファイルさん  2008-08-28 10:09 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

西野 公啓

株式会社ニシノ・アイティ・オフィス

西野 公啓

(ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)