育児休暇復帰後に仕事が与えられません。 - 労働問題・仕事の法律 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

育児休暇復帰後に仕事が与えられません。

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2009/05/29 13:56

育児休暇取得の後、5月から復帰しました。
復帰後、別会社に出向となりました。(雇用条件等に変化はなし)
配属された職場は、定年退職後の再雇用者が働く職場です。
人事から再雇用の定年を迎える事務員の引継ぎと説明され
配属先に出向くと、現場では「その予定はなく、引継ぎは
不要」とされ、以降ほとんど仕事がありません。
決まった仕事は、少々の郵便物を課員に配布することと、
社用品の発注作業(日に数回)のみです。

毎日が苦痛です。
上司に相談しましたが「ゆっくりしたら?」との回答のみで
状況は改善しません。

退職するように仕向けられていると感じています。
今の私に何ができるか教えて頂きたく相談いたします。

itaさん ( 大阪府 / 女性 / 33歳 )

回答:2件

小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

一度社外機関に相談してみては

2009/05/29 20:39 詳細リンク

とにかく仕事が与えられないようですが、それ以外に労働条件が悪化したり、遠回しではあっても具体的に退職を勧めるような言動があったりするのでしょうか。業務指示が適切に行われないということだけだと、明確な法違反とは言い切れない所ですが、それでも閑職に追いやって仕事を与えず、自主退職を待つというようなやり方は不当な部分はあるといえるでしょう。

会社側にもきちんと対応しようという姿勢が見られないようですから、当事者だけで解決するのは難しいように思いますので、一度社外の専門機関に相談して、具体的なアドバイスを受けてみた方が良いと思います。育児休業の復帰にからんでの行為なので、労働局の雇用均等室などが相談に乗ってくれるのではないかと思います。場合によっては会社への是正指導などをしてくれることもありますので、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

小笠原 隆夫が提供する商品・サービス

対面相談

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

対面相談

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
本田 和盛 専門家

本田 和盛
経営コンサルタント

- good

就労請求権と労働者の人格的利益

2009/05/30 00:20 詳細リンク

凄腕社労士 本田和盛です。

職場復帰後に就労する業務がなく、出向となることはあり得ますし、また出向先でも、とりあえず引き受けたが、当面やってもらうことがないということも、通常ありえます。

退職強要をされているわけでもなく、労務提供の受領拒否(仕事しないでじっとしていろ)をされているわけでもなく、今のところ法的な問題は生じていません。
今月復帰したばかりですし、出向先も受け入れ体制が整っていないだけでしょう。
暇であれば、出向先の仕事に関することを自分で調べて、まとめるとか、許可を得て過去の業務に関するファイルを閲覧して勉強するなど、仕事がきたら即戦力として働けるよう準備(勉強)しておけば良いでしょう。それと{仕事があれば、何でもやります」と周りに意思表示しておくことも大切です。熱意が認められ、徐々に仕事が増えていきます。

それでも仕事が無いとなると、就労請求権の問題も出てくるかもしれません。労働者は労働によって賃金を得るだけでなく、人格的成長、キャリア形成などを求めて働いており、不当な就労拒否は問題があります。労働者の人格的利益の侵害にもつながります。

しかし判例・学説とも就労請求権を否定するものが、最近は多いようです。労務提供の受領拒否は、労働組合法上の不当労働行為がらみで問題となることが多いようです。

とりあえず様子を見て下さい。退職強要などがあれば、その時点で対応を考えましょう。

回答専門家

本田 和盛
本田 和盛
(千葉県 / 経営コンサルタント)
あした葉経営労務研究所 代表
047-703-8305
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

私は経営者の片腕ではなく「凄腕」として、御社の人事・労務・組織に関わる諸問題を力強くサポートします。人と組織の問題でお困りの企業様は、どしどし私に質問して下さい。必ず納得のいく答えをお示しします。

質問者

itaさん

雇用均等室について

2009/06/01 10:08 固定リンク

ご回答有難うございました。

当初の質問では書き切れなかった事情があり再度質問いたします。

私が勤務する会社では、景気が悪くなると、育児休暇明けの社員が働きにくくなるような環境に復帰させる事例がしばしばありました。

それは、産休・育休前とは違う支店(県内から県外)に復帰させ、通勤時間を長くするという方法です。

逆に私の場合は、元の支店に復帰すると通勤時間が長時間になり、疲労のために持病が再燃する可能性が高いため、主治医に別の支店への復帰を会社側と交渉するように言われた事情があり、会社側と交渉しましたがダメでした。

その際、雇用均等室に相談しましたが、「罰則規定がなく、こちらでは何もできないので組合に相談を」との回答でした。

今回、戦後最悪の不景気下での復帰なので、何らかの嫌がらせがあることは覚悟しておりました。

会社側は触法しない範囲で「働きにくく、辞めたくなる」環境を作り上げています。

雇用均等室や労働基準局に相談しても、「努力義務なので何もできません」とまた言われるのかと不安です。

努力義務が武器ではどうしようもないのでしょうか?
また、会社側との交渉は、有事に備えて記録に残る形でやり取りをした方がよいのでしょうか?

itaさん (大阪府/33歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

育児休暇ごの復帰について いずみさん  2011-04-20 11:54 回答1件
育休後 退職か異動を求められています nyanyさん  2008-11-04 11:47 回答1件
育休明けの失業認定について みーやさん  2008-11-06 21:43 回答1件
休職後の復職について kaorin1970さん  2008-09-08 16:11 回答1件
退職させてもらえない 退職出来ないさん  2015-08-01 12:24 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

公務員面接対策(模擬面接2時間+想定問答)

公務員の面接経験者が個別に具体的に指導いたします。不利な経歴でも悩まずに。

安達瑠依子

sougen7

安達瑠依子

(転職コンサルタント)

セミナー

無料【就活】講習

大学や塾、親が教えないことが学べます。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)