会費の消費税区分について - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会費の消費税区分について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/05/26 11:12

消費税法、消費税法基本通達によると、同業者団体や組合などに支払う会費や組合費などが課税仕入れになるかどうかはその団体から受ける役務の提供と支払う会費などとの間に明らかな対価関係があるかどうかによってい判定することになっており、対価性があるかどうかの判定が困難なものについては対価に当たらないものとして継続して処理している場合はその処理が認められ、この場合団体は構成員にその旨を通知する事になっています。
しかし、この場合でも個人的に対価性があると解釈した場合、構成員の立場では課税仕入れとして処理をしてもよろしいのでしょうか。
また、対価性がないと言う事であれば、個人的には「寄付金」に当たるのではないかと思うのですがいかがでしょうか。

ただお0301さん ( 埼玉県 / 男性 / 57歳 )

回答:1件


消費税の取扱いは団体と整合が必要と思います

2009/05/26 11:47 詳細リンク

こんにちは。
団体が対価性がない、と判断し、構成員に通知している場合に、個々の構成員が「対価性がある」と判断することは、整合性がないことになりますね。
団体からすれば、対価性がある、ということは、消費税に関して、課税売上になるわけですので、会費に5%の消費税を付して請求し、消費税を納税すべきことになります。
個々の個人や企業の納税者に対して、実際に消費税の税務調査が即座にあって、是正されるかは何とも言えないところですが、是正される、つまり、消費税の仕入れ税額控除になりません、と判断され、追徴されることはありうるでしょうね。
対価性がない、とされる場合でも、一概に「寄付金」とされるものではないと思います。
団体に対する会費で、対価性を有しないもの、は、団体としての業務処理のために必要な費用を、各会員が「実費弁償」的に、会則に従って給付・納入している、という考え方をしていると思います。
従いまして、一概に「寄付金」の限度額計算に算入すべきものとはならないと考えられます。
法人税では、基本通達9-7-15の3〈同業団体等の会費〉において、原則、支出した日の属する事業年度の損金に算入されることとされております。
お分かりいただけたでしょうか。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告でレンタルオフィスの扱いについて tabacさん  2011-03-07 12:01 回答1件
海外事業主との取引に消費税は発生するのか? katukinさん  2009-03-11 10:15 回答1件
個人事業主の消費税と法人税について pupleさん  2009-01-20 20:39 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)