新会社の設立について - 会社設立 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新会社の設立について

法人・ビジネス 会社設立 2009/05/26 10:55

現在会社を経営しているのですが、自分55%、従業員45%の割合で株主となり、別に新しい会社を設立する予定でいます。税務的、法律的に注意すべき点があれば教えて下さい。

ただお0301さん ( 埼玉県 / 男性 / 57歳 )

回答:1件

小竹 広光

小竹 広光
行政書士

- good

株主の保有株式の割合について

2009/05/28 22:23 詳細リンク

初めまして。

行政書士の小竹です。

ご相談内容、読ませて頂きました。

まず、早速ですが、もちろん仲良くやれている間は何も問題はありません。

しかし、業績の悪化や事業の大幅な変更などが必要となった場合、株主の議決権の割合が問題となる場合はあります。

「会社」は、重要事項については、株主総会の決議によって決定しますが、会社法によって「特別決議」や「特殊決議」が求められている事項があり、それらについては、「過半数」ではなく、「出席株主の3分の2」または「議決権を行使可能な株主の議決権の3分の2以上」によって決議しなければなりません。

そして「特別決議」や「特殊決議」が必要な事項には以下のようなものがあります。

募集株式の事項の決定、募集株式の割当、監査役の解任、資本金の額の減少、定款の変更、事業の譲渡や譲り受け、解散、株式併合、株式交換、株式移転、全部の株式を譲渡制限とする定款の変更、
などなど。

つまり、会社の運営を単独で完全に支配したいのであれば、「3分の2以上」、つまり67%以上あることが理想と言えます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社設立にあたり届出など たんたんたぬきさん  2016-03-02 15:31 回答1件
新設法人でのアパート経営の準備について 薬学不動産さん  2016-01-25 20:22 回答1件
従業員が会社設立の登記をすることについて。 jeantaさん  2015-07-01 13:43 回答1件
デイトレーダー(株式投資)の会社設立のメリットについて ララマーボーさん  2015-05-07 23:01 回答1件
会社設立にかんして エスティさん  2014-05-17 15:00 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)