これからの資産管理 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

これからの資産管理

マネー 家計・ライフプラン 2007/04/23 11:48

夫(47歳、年収900万円程度)、妻(46歳、専業主婦)、子ども(17歳、14歳)の4人家族です。
先日、学資保険と養老保険の全期前納を済ませました。
月々支払っていた保険料5万円弱を、これからの老後資金として貯蓄していこうと考えています。
具体的にどのような運用方法が良いかお聞きしたいと思います。
自分で考えたところでは、投資信託(国内海外バランス型、販売手数料、解約手数料とも無料)の定期積立がよいのでは思っていますが、投資信託はほぼ初めて(MMFや公社債投信は経験有り)ですので、いきなり月々5万円投入してよいものか迷っています。
また、これとは別にネット銀行で積立定期預金を月々15万円しているのですが、こちらとの兼ね合いも検討する必要があるでしょうか?
今後必要となる子供達の学資については、それぞれ600万程度用意済みです。家のローンも終わっています。
その他の預金は、銀行定期や郵便定額に500万程度です。
よろしくお願いいたします。

こてまりさん ( 千葉県 / 女性 / 45歳 )

回答:3件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

定期的な確認・見直しも行いましょう。

2007/04/23 15:34 詳細リンク

こてまりさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

着実に今後のライフプランの準備を行っていらっしゃいますね。

老後資金準備については、
投資先・商品・時間の分散を行い、
投資した後も進捗状況を定期的に確認し、

「そのまま投資を続ける」「投資先を変更する」
などの判断・対応が継続的に必要になってきます。

そういった意味からも
「家計」は一つの「会社」みたいなものです。
運用の結果はすべてこてまりさんの家計に反映されます。
最低でも半年に一回は資産の状況を確認しましょう。

私のFPコンセプトである
「家計=企業」の考え方はまさしくこの考えです。
今後もしっかりとした家計運営を続けて行ってください。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

数本に分けて運用してはいかがですか?

2007/04/23 12:26 詳細リンク

こてまりさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

住宅ローンも完済、教育資金も準備済みとはすばらしいですね。

老後資金としての月々5万円の運用ですが、1本のファンドではなく、数本に分けて積み立てしましょう。販売手数料も大切ですが、それより大切なのは運用成績とリスクの分散です。

世界債券型、日本株式型、米、欧株式型など分散して積み立ててはいかがですか?それもできれば新しいものではなく、5年くらいの実績が確認できるものがいいでしょう。もちろん、分配金重視のものは老後資金作りには向いていません。

また、ご主人の会社に退職金や企業年金制度はありますか?老後資金を考えるには公的年金、退職金、企業年金なども調べた上で、セカンドライフに必要な資金を割り出し、目標リターンを設定してポートフォリオを組みます。

定期預金の積み立て、預金残高などもすべて考慮して考えたほうがいいですね。

定額貯金をされているようですが、いつのものでしょう?定額貯金は10年間利率の決まっている固定金利商品ですので、低金利の頃のものでしたら、有利とはいえません。

質問者

こてまりさん

ご回答ありがとうございます。

2007/04/23 12:45 固定リンク

はじめまて。ご回答いただき、ありがとうございます。

やはり、数本にわけて投資したほうが良いのですね。
今回考えている投資信託は海外株式と海外債券(先程国内も書きましたが間違いでした)に分散投資するものですので、これならリスクが少ないかと考えていました。また、実績についても新しいものですので、まだありません。
もう少し勉強が必要ですね。難しいです。

主人の会社に退職金はあります。
企業年金制度があるかは不明ですので、調べてみたいと思います。
「セカンドライフに必要な資金を割り出し、目標リターンを設定してポートフォリオを組みます。」
いよいよ難しいですね。

定額貯金は、今年に入ってから低金利の時に預けたものは、預け直しました。
ネット銀行のほうが金利も良いのですが、ひとつの金融機関に片寄ってしまうのもいけないかと思い、定額貯金もしている次第です。

こてまりさん (千葉県/45歳/女性)


時間も味方につけましょう

2007/04/24 10:06 詳細リンク

こてまりさん、初めまして小出と申します。

こてまりさんご夫妻は私と同世代ですので、老後のことについてご心配なのはよくわかります。私はぜひプランニングされることをお勧めいたしますが、ご質問について気になったことについてお答えします。

毎月投信を購入されるのは目的にかなったよい方法だと思います。ただし積立に適したファンドをお選びいただきたいと思います。

新しい商品とか分散型ファンドではなく、既に実績のある評価の高い株式型のファンドで市場を分散されることをお勧めします。

また教育資金等当面の必要資金もご用意済みのようですし、今後預貯金を増やすのもいかがでしょうか。預貯金は半年程度の生活に必要な金額が目安となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
家計管理&資産運用について 考えて結論が出ない・・さん  2008-05-10 16:05 回答6件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
資金運用について (教育資金、老後資金の為) gomagomaさん  2011-08-09 20:30 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)