本当にローリスク・ハイリターン投資? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本当にローリスク・ハイリターン投資?

マネー 投資相談 2009/05/19 19:04

証券会社から、ローリスク・ハイリターン商品として、
東芝のPO(公募売出)株の購入をすすめられたのですが、
本当にそうか?

もっこすさん ( 神奈川県 / 女性 / 51歳 )

回答:2件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

POでも購入後の株価上昇・下落のリスクは変わりません

2009/05/19 20:39 詳細リンク

もっこす様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

証券会社の担当の方が、どのような理由で東芝のPO(公募・売出株をローリスクでハイリターンとご紹介したのか判りませんが、公募・売出株購入の手順についてご説明を受けられましたでしょうか?

公募・売出の大まかな手順を述べますと

目論見書の発行を受け、ブックビルディングに参加します。

そのブックビルディングへの参加方法は
通常、公募・売出(PO)の場合、当該銘柄(今回の例は東芝です)は、株式市場で日々売買されていますので、ブックビルディングに参加する際には、「今の株価」の何%引きだったら購入したいか?という形式で価格提示いたします。

そしてそれを基に、需要予測が行われます。
そして最も割引率が低い方(参加者の中で高い価格で購入する方)から順に購入申し込みが出来ます。

その後、株価○○円、公募売出価格 ××円 割引率△△%k提示を受け、訂正目論見書を確認して購入申し込みをいたします。

従いまして、今の株価よりも安い価格で購入できますが、その後の価格上昇を保証する訳では有りません。購入後価格が上昇すればリターンが大きく、価格が下がれば損失が出ます。

購入方法に割引した価格の提示があるので、そのことに着目すれば有利な購入方法と目されますが、ローリスク・ハイリターンといえるかは不明です。

購入価格がその時点での株価よりも安く買えることにより有利とは考えますが、長期間保有される場合には当然に当該企業の固有のリスクと東証一部が保有する市場リスクが内在しています。

以上です。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

株式の購入は自己責任となっています。

2009/05/20 17:23 詳細リンク

もっこすさん、今日は。CFPの小林治行です。

もっこすさんは証券会社の担当者からローリスク・ハイリターン商品として、東芝のPO株の購入を勧めれた訳ですが、それを相談される理由は何でしょうか?
ご自分では購入しても良いが、セカンドオピニオン的に他の人の意見を聞いてみたいと言うことでしょうか?

POとは増資のことです。増資をするくらいの会社だから安心と言う人もいるでしょうが、資本が不足しているとも言えます。
そもそも株式にローリスク・ハイリターンというものはありません。
もしローリスク・ハイリターンの株式がありましたら、天井知らずの株価になっているでしょう。しかし、同社の本日5/20の終値は355円です。

証券会社の社員がどのようにご説明したか分かりませんが、顧客を断定的に誘導するような説明は金商法で禁止されています。勿論、説明の資料は提供してくれるでしょうが、最終判断は自分でしなくてはなりません。

Profileへご相談されましても、資格を持っている者が同社のPOの株価の行方を答える人はいないでしょう。(金商法による)

株式を選ぶ慧眼を養う必要があります。
その会社の過去の業績や今後の業績予想、キャッシュフロー、商品分野、経営者の哲学、社員のモラル等々ご自分で調べて下さい。その際1年程度で売り買いを考えず、10年-20年の長期を前提として成長すると思われる会社を選ぶことが肝要です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

新興国在住者、何を選べばよいのか? pasemiさん  2013-02-22 17:41 回答1件
証券会社から投信の買い替えをすすめられています。 あかねakaneさん  2011-03-01 14:26 回答2件
現状の株についての質問です。 ともちゃん13さん  2011-02-12 19:15 回答3件
投資信託と販売会社の選択基準について pokaさん  2008-10-20 22:49 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)