個人向け国債(固定5年) - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人向け国債(固定5年)

マネー 投資相談 2006/03/08 11:11

先日父が亡くなり、まとまったお金が入りました。
4000万円程なのですが、銀行から個人向け国債(5年固定)を2000万
購入したらどうかと強く薦められていますがどうでしょうか?
リスクは負いたくないので、他に何か良い方法があったらアドバイスよろしくお願いします。

ゆきにゃんさん ( 群馬県 / 女性 / 41歳 )

回答:2件

山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

選択肢は色々。

2006/03/09 13:10 詳細リンク

ゆきにゃんさん、お父様が亡くなったばかりで、とてもおつらい時だとお察しいたします。銀行から早速様々な提案がされ戸惑っていらっしゃるのでしょうね。

まず個人向け国債(5年固定)は2年経過後はいつでも買った値段で換金してもらえるし(ペナルティはありますが)金利も銀行の定期預金に比べると魅力的です。一つの銀行に多くのお金を預けておくより、ペイオフ対策としての債権運用も選択肢としてはいいと思います。

でも必ずしも個人向け国債が最善の選択肢とも限りません。

例えば、住宅ローンは残っていませんか?お子さんの教育資金は、準備できてますか?老後の暮らしはイメージされていますか?

お金の運用で大切なのは、金融商品選びより、むしろライフプランです。落ち着いたら、信頼できるファイナンシャルプランナーにご相談されてみてはいかがですか?リスクの怖さを克服し、将来に安心が訪れる運用方法がきっと見つかると思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


「いつごろ、何に使う予定なのか」が重要

2006/04/10 16:51 詳細リンク

まとまったお金の運用では、そのお金の全部または一部を使う予定があるのかないのか、あるとすれば何年後くらいなのか、ということが商品選択を行う場合の最重要条件となります。

「ゆきにゃん」さんの場合、数年後に2000万円を使う予定があるということであれば、その分を5年ものの個人向け国債(固定金利型)にしておくというのはよい選択と思いますが、特に使う予定はないという状況ならば、とりあえず同じ個人向け国債でも、金利の上昇局面に対応しやすい10年ものの変動金利型を選択しておいた方がよいでしょう。また逆にもっと早い時期に使う予定があるということならば、MRFやMMFなどの公社債投信や定期預金の方がよいと思います。

ただし、もしも私がFPとして「ゆきにゃん」さんのご相談を直接お受けしたのなら、ライフプランをよく確認した上で、長期間運用可能なお金については分散投資によるポートフォリオ運用(目標収益率、年3〜5%程度)をお薦めするでしょう。大切なお金なので、リスクを負いたくないという気持ちもよくわかりますが、全くリスクのない金融商品というものは存在しません。手に入れる機会が少ないまとまったお金だからこそ、将来のインフレリスクなども考えて、しっかり運用するべきだと思うからです。

リスクを避け続けるのではなく、リスクをコントロールする方法、リスクと上手に付き合う方法をアドバイスするのがFPなのです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

使う予定のないお金 nanacoさん  2007-07-24 14:19 回答7件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
金(ゴールド)への投資について sub_gp02さん  2011-09-25 12:29 回答2件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 投資信託「最適診断」
荒川 雄一
(投資アドバイザー)