個人再生について弁護士に相談しました。が・・・ - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2016年12月05日更新

個人再生について弁護士に相談しました。が・・・

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2009/05/17 15:17

先日、こちらで個人再生について質問した者です。

弁護士に相談に行ってきました。
そこで今までの事情を告げたところ下記のような回答が
ありました。

・まずは過去の完済分も含め任意整理の方向で動く。
その後に、任意整理継続又は個人再生で処理するかを考える。

・借り入れが2社のため片側が否決する可能性が無いともいえず
その場合は個人再生が不可能になる。

との事でした。

私は初回から個人再生の方向で検討されるものと考えて
いましたのでちょっと戸惑っています。

藁をもすがる思いでしたので契約をしてきましたが、
このような検討の仕方は普通なのでしょうか?
もしおかしければ弁護士さんを変更しようかと思っています。

以上です。
よろしくお願いいたします。

【現状の借り入れなど】

【収入等】
年収:560万円
33歳・独身・会社員

【住宅ローン】
残額:約3300万円
金利:約3.17%
完済日:平成46年4月
月返済:約16万円(均等払)

【無担保ローン】
残額:260万円
月返済:5万円 ボーナス時:14万円
金利:13.8%
完済日:平成25年11月

【カードローン】
残額:約40万円
月返済:2万円

LEGACYB4STIさん ( 東京都 / 男性 / 33歳 )

回答:1件

石川 雅巳

石川 雅巳
弁護士

- good

納得のいくようにきちんと説明してもらう

2009/05/18 11:24 詳細リンク

弁護士は、法的なアドバイスをしたり、代理人として活動したりしてくれますが、手続を進めるのはあくまで依頼者ですから、弁護士も依頼者の意思に逆らって事件処理していくことはできません。

今回民事再生の希望を出したところ、まず任意整理を勧められたとのことですが、法律の原則は、借りたお金は返さなければならないというところにあります。それを貫くとどうしても債務者の経済的更生に支障が出る場合に破産や民事再生を認めるということですね。

ですから、支払が可能な状態で民事再生を申し立てても裁判所の開始決定を受けられないということになります。

これは推測ですが、相談された弁護士はその辺のことを配慮して、支払が可能なのであればまず任意整理で行くということを勧められたのかも知れません。

弁護士がそのような処理方針を勧める理由を十分に説明してもらって納得の上で手続を進めていくようにされて下さい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

再婚相手の養育費減額請求について せせさん  2015-03-04 13:23 回答1件
個人再生法と資産の活用はどっちが有利? ebimonkyさん  2007-03-03 23:52 回答1件
弁護士費用及び和解金について質問があります。 たまごやきさん  2010-06-11 23:20 回答1件
損害賠償請求 GUCCI4991さん  2008-06-13 02:09 回答1件
個人情報の開示、削除について エミリアさん  2008-04-13 10:41 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)