現在の会社を転職すべきか?とどまるべきか? - キャリアプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

現在の会社を転職すべきか?とどまるべきか?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2009/05/16 00:36

29歳(女性)です。現在、イギリスで、希望職種(貿易物流関係)とは異なる職種(総務経理職)で働いています。

いずれは、希望職種に戻りたいと考えていますが、恥ずかしながら、年齢の割に転職経験が多く、これ以上の転職はマイナスにならないか心配です。

まず、新卒で入社した会社(旅行関係)では、毎日の深夜残業と休日出勤の為、体を壊してしまいました。

その後、療養し、経理事務をしながら、資格を取得しました。そして、無事に希望していた国際物流業務を経験することが出来たのですが、パートナーがイギリスで働く事となり、渡英する事となりました。この職場で長く働きたいと思っていましたが、結局2年弱で会社を辞めなければいけなくなってしまいました。

その後、イギリスの大学院で国際物流の修士号を取得し、現地で就職活動を始めたのですが、その矢先に金融危機が起こった為、「まずは仕事の確保を」との焦りから、現地で総務経理職としての職を得、現在働きながら転職活動を続けています。

しかし、気がつけば30歳を目前に4社目の就職で、各職場での経験が一年半程しかない、という「飽きっぽい」「無責任」のレッテルを貼られてしまいそうな職歴になってしまいました。

本来の自分は、真面目で責任感が強く、頑張り屋なのですが、書類選考の段階で、かなり悪い印象や誤解を与えているように感じます。自分の知識や経験を生かせそうなポジションでも面接にすら呼ばれない事も少なくありません。

私の様な経歴の持ち主の場合、このまま粘り強く転職活動を続けた方が良いのでしょうか?それとも、希望職種とは違っても、今の会社で長期間在籍した方が良いのでしょうか?

何卒アドバイスを頂けると幸いです。

minuさん ( 北海道 / 女性 / 30歳 )

回答:4件

中井 雅祥 専門家

中井 雅祥
転職コンサルタント

- good

希望と現実

2009/05/16 11:58 詳細リンク

希望通りの職種についたとしても
希望通りの企業でなければ…
希望通りの人間関係でなければ…
希望通りの待遇でなければ…

いつも 直面する問題で 転職を考えたりしてしまうものですが
得るものがあれば 失うものがあるはずだと思います。

必要とされているから 現在 職を得ているのだと思います。
希望と現実 は違う ということだと思います。

希望の職種に就くために 何を失うことができるのか?
極端な話ですが
もし 無給でいいのなら 職歴など関係なく
きっと希望職種に 就くことができると思います。

希望の職種につけたなら 経験もスキルもあるから 給料もあがり 将来も明るい
という事もいえるのかもしれません

希望職種が お金や環境より大事なのか?
が まずは 問題なのだと思いました。

少しのヒントになりましたら幸いです

美容師 理容師 エステティシャン ネイリストの求人サイトなら
関西の美容師求人 まっちんぐBB

看護師 福祉 薬剤師 医療系全般の 関西 東海の求人サイトなら
関西 東海の医療系求人サイト マッチングメディカル

求人サイト オーナーになって 独立やサイドビジネスに
求人サイト構築.jp 求人サイトオーナーへ

回答専門家

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
株式会社プレスクリエイト 

求人や採用の専門家です。企業M&Aコンサルもしてます

25年以上求人広告に携わり、採用コンサルや人材紹介業、企業の人事顧問もさせていただいたりしています。求人サイトや集客サイトも10年前から運営しています。キャリアコンサルタントとして転職や就職、起業のアドバイザーも行っています。

中井 雅祥が提供する商品・サービス

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

メール相談

求人のご相談

求人広告 人材紹介 人材募集について

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

面接で応えられる仕事の成果ってありますか?

2009/05/16 20:38 詳細リンク

一番、理想的な生き方は、
自分の希望する企業で、希望する職種で仕事をすることで、
そうなれば、充実感や満足感は高まるでしょう。
しかし、では、そういう仕事に従事できたら、ずっとそれで満足を感じていられるかというと
現実には、そういう人は極まれですね。

なぜ、そういうことになるのでしょう。

人は、常に、新しい経験(目標)を望むところがあります。
だから、その時、一番良いと思う手ごたえを得ても、それもまた、不足に思えるところがあるでしょう。

ところで、ご質問の転職するべきか否かですが、
応募書類や、面接の際、その仕事に対する熱意を伝えきれていないのではないでしょうか?
また、これまでの仕事の経験から、どんな知識を身につけて、どんな経験をして、そしてそれらから、何を得ることができたか?
訴えきれていますか?

イギリスの大学院での学び(知識)を、今後どう生かしたいのか、訴求することができれば、
希望する職種への転職はかなうでしょう。
しかし、今は、自信を持って訴えるだけの仕事の成果がないのではないかしら?
だから、応募書類や面接での受け答えに、力強さがないのではないかと思います。

今の仕事が、どうしても「いや」ということではければ、自分が思う成果を上げるまでは、
努力して続けられみては?と思います。
長期間であるかどうか?よりも、次の仕事に出会うためには、今の仕事から何かを得て、
それを基盤として、次は何を目指すか、しっかり決めてから転職活動に取り組まれることをお勧めします。

回答専門家

竹内 和美
竹内 和美
(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

在職しつつ、根気強く、転職活動を続けましょう。

2009/05/17 07:22 詳細リンク

こんにちは、minuさん。My人事の葉玉です。

英国での就職市場は存じ上げないので、日本での人事経験に基づいて
簡単ながら、お問い合わせにお答えしたいと存じます。

''> 本来の自分は、真面目で責任感が強く、頑張り屋なのですが、''
''> 書類選考の段階で、かなり悪い印象や誤解を与えているように感じます。''

職務経歴書と自己PRに、相手に上手に伝わるように、minuさんの良さを
盛り込む必要があるかと思います。

くどく、言い訳がましくならないように、理路整然と、かつ人間くさく、
経緯の説明と、信頼のおける人間性について、表現をしてみてください。

真意が伝われば、少なくとも、転職歴の多さ等によるマイナス部分は、
選考担当者の方で、考慮してくれるものと思います。

''> このまま粘り強く転職活動を続けた方が良いのでしょうか?''

あきらめない限り、活路は見いだせると思います。

チャンスの時期は、景気が上向き基調を示し、各企業が先駆けて、
人材の確保に動く時期になるかと思います。

どこで、このチャンスを拾えるかは、活動を継続する中でしか
見えてこないと思います。

あきらめず頑張ってください。

''> 今の会社で長期間在籍した方が良いのでしょうか?''

前段の活動の中、確実に次の会社が見つかるまで、という方針で
在籍されるのが、ベターな選択かと思います。

軽々な離職は、お勧め出来ません。

是非、ご自分の力(能力)を信じて、夢を達成してください。

日本の地で、心から応援しています。

竹間 克比佐

竹間 克比佐
転職コンサルタント

- good

専門分野は崩さない方が良いと思います

2009/05/19 16:47 詳細リンク

minu様
初めまして。chikuma humanresources.instの竹間と申します。御転職事情は良く理解できました。でも折角のお力を生かさないのは勿体無いと感じます。国際物流のお力をお持ちの「専門能力」を生かした転職活動は可能ではないかと思います。しかし、このご時世です。北海道内でのご就職活動が可能なのかは不透明ではございますが?
転職回数が多いのは、確かに不利な状況ではあると思います。しかし、海外経験は「語学」と言う大きな武器を生かす事ができますのでマイナス要素ばかりではないかと思います。特に貿易実務や物流実務は職種の範囲が非常に広いと感じます。外部的な要因(経済情勢:世界での)は、minu様のせいではない訳ですから、それを悲観的に思う必要はないのではないでしょうか?
ただ、「焦り」の転職は危険です。それは、履歴書に残ってしまうからです。履歴とは、積み重ねてスタップアップの為の材料にしないと不味いと思います。途切れてしまうとかえって履歴は下がってしまいます。即ち崩れた履歴になりがちです。どのような履歴かはこのサイト上でははっきり分かりませんが、''専門能力''を生かすのであれば、早い転職も試みても良いかも知れません。

その際には、決して現職を退職せずに始めるべきです。
人事:「何故このように転職回数が多いのですか?」
minu様:「確かに仰る通りです。しかし、スペシャリストとして御社の方向性を拝見して、今までの力を
さらにステップアップできると確信して受験をと考えました」
minu様:「日本と海外の橋渡しの仕事をしたいと考え転職を考えておりました。そのため渡英して
まずは資格を習得しました。その後、リーマンショックのような世界的な事態が起きてし まい止むを得ず現職を選択してしまいました。適職を考えた時に御社のお仕事が目に止ま り受験に至りました」
などのコメントでは如何でしょうか?

質問者

minuさん

早速のお返事、ありがとうございます

2009/05/18 20:35 固定リンク

竹内様、

早速お返事を頂きましてありがとうございます。

「現在の職場で一定の成果を」との事ですが、希望する職種と異なる職種での成果は強力なアピールポイントとなり得ますか?

例えば、現職のソフトスキル(対人スキル、マナー)やITスキル等は応用出来そうですが、専門的なスキル(会計知識等)に関しては、希望職種とは軸がぶれてしまう様に感じます。

一方、前職の国際物流職では、国際的なプロジェクトの立ち上げを経験し、一定の評価を頂いたので、その時の経験を基に、

>仕事の経験から、どんな知識を身につけて、どんな経験をして、そしてそれらから、何を得ることができたか? 訴えきれていますか?

この部分を再度煮詰めて行くのが良いのではないかと考えました。もし、竹内様の見解が異なる場合は、再度ご意見をお聞かせ頂けると幸いです。何卒宜しくお願い致します。

minuさん (北海道/30歳/女性)

質問者

minuさん

早速のお返事有難うございます。

2009/05/18 21:09 固定リンク

葉玉 様、

早速のお返事有難うございます。

イギリスでも日々転職希望者には厳しいニュースばかりで、年齢によるあせりもあり、最近は精神的に弱っていました。しかし、今回の葉玉様のアドバイスに勇気付けられました。コラムも大変興味深く拝見しています。仰る通り、暗い状況の中でも明るい気持ちを持てなければ、チャンスは遠のいてしまいますね。今の職場で頑張りながら、自分を信じて、辛抱強く時機を待とうと思います。


>職務経歴書と自己PRに、相手に上手に伝わるように、minuさんの良さを盛り込む必要があるかと思います。

この点ですが、具体的なご提案があればアドバイスを頂けますでしょうか。

こちらのCV(履歴書兼職務経歴書)では、転職理由を記載する必要は特にありませんが、(してもしなくても良い様です。)私の場合、前向きな転職を印象付ける為に、「資格取得の為」「進学の為」等の理由を盛り込んだ方が効果的でしょうか?又、その他気をつけるべき点など、ご教授頂けると幸いです。

何卒宜しくお願い致します。

minuさん (北海道/30歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

転職すべきでしょうか 香奈子さん  2011-01-29 14:19 回答2件
志望動機があまいのですか? ecotaroさん  2008-07-19 01:36 回答1件
ジョブホッパーになってしまいました・・・ マンゴーマロンさん  2007-10-13 02:12 回答3件
方向性 tomozou-stさん  2009-08-09 00:32 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)