家計診断 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計診断

マネー 家計・ライフプラン 2009/05/08 17:10

今秋第一子が産まれます。家計診断お願いします。
現在夫のみの収入でなんとか生活していますが、今後子供のお金がかかるのと、できれば一軒家に住みたいので今後のアドバイスと、いつ一軒家を購入するのがベストなのかご意見お願いします。

夫手取り収入(27歳) 240千円
賞与手取り 450千円 × 2回

賃貸住居費 68千円
駐車場 8千円
光熱費(全て) 20千円
食費 30千円
ガソリン 10千円
雑費 10千円
生命保険(夫) 9千円
医療保険(妻) 2千円
携帯 17千円
こずかい(夫) 30千円
(妻) 10千円
車ローン 29千円・・・残高約400千円
定期積金 15千円

結婚後(約10か月)貯蓄 350千円 結婚前貯蓄 8000千円(内1550千円は投資信託)
できれば、緊急用に結婚前の貯蓄にはあまり手をつけず、今の収入内で生活していきたいと思っています。

sakugonさん

回答:6件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入時期について

2009/05/08 17:50 詳細リンク

sakugon様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

家計は、千円単位で、しっかりと管理されているようですね。

一軒家を購入する時期については、もちろん、お二人で、考えて、決めるべきことですが、参考意見としては、上のお子さんが、中学校に上がる頃、という考え方があります。

理由としては、その頃になれば、家族構成が、ほぼ固まっている可能性が高いため、部屋の間取りも決めやすい、ご両親との同居の可能性なども読みやすい、お子さんの進路のイメージも出来つつあり、教育費の見込み額も計算しやすい、といったことが挙げられます。

その間に、やるべきことは、お子さんの成長に合わせて、賃貸で、いろいろな物件に住んでみることです。そうすれば、使い勝手の良い住宅設備やら、将来的にどのような住まいの問題が発生しやすいか、といったこともイメージしやすくなります。

つまり、物件の目利きになれるということです。

一方、そこまで時期を延ばしてしまうと、家賃がもったいないのではないか、と考える方がいらっしゃいます。

その点については、頭金が少ない状態で、多額のローンを組むと、結局、返済当初は、利息ばかり払って、元本部分はなかなか減らない、建物部分の使用に伴う減価、デフレの進行による地価下落の可能性、といった点なども考慮すべきと考えています。

また、長期分散投資の考え方を理解されている方であれば、時間を味方につけた資産運用で、しっかりと頭金を準備するという考え方もとれます。

さらに詳しくは、独立系のファイナンシャルプランナーなどに相談し、綿密な計画を立てられるとよいでしょう。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理とマイホームまでの道のり

2009/05/09 15:26 詳細リンク

sakugonさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。

今の家計を拝見してみますと、
毎月の収入だけだと収支トントンといったところのようですね。金額だけみると、携帯電話代や光熱費などの見直しの余地があるように思われます。ボーナスの使いみちに余裕があるのであれば、生命保険を年払いに切り替えられてもよいかもしれません。
ボーナスである程度貯蓄はできておられるようですが、毎月貯蓄ができている状態が気持ちとしてはよい状態と思われます。それと、車のローンはとっさのお金で一括返済して、少しづつ返してもらうというのはいかがでしょうか。

マイホームがほしいようですね。
ご予算はおいくらくらいでしょうか。金額だけがすべてではないのですが、住宅資金の準備に当たってはご予算があると貯蓄目標が立てやすいのかもしれません。それと、何年後に建てたいかというのも大きなポイントになってきます。

夢をかなえるためには、
金額と時間との二つの目標が大事になってきます。その目標を仮にでも決めて、それから今の家計管理や働き方をあれこれ考えられてはいかがでしょうか。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/05/09 20:23 詳細リンク

sakugonさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『家計診断お願いします。』につきまして、食費が月額3万円などほとんどの支出項目でしっかりと抑えられています。

しかし、ご夫婦の小遣いは少々多すぎるかも知れません。
お小遣いの目安は手取り月収金額の10%ほどとなりますので、ご主人様とも話し合ってみてください。

また、毎月の貯蓄額につきまして、手取り月収金額の最低でも10%ほどは貯蓄するようにしてください。

よって、手取り月収金額24万円の10%相当額となりますので、毎月少なくとも24,000円は積み立てるようにしてください。

お子様のこれからかかる教育資金準備のため、また、一軒家わ将来購入できるようにしていただくためにも、毎月しっかりと貯蓄はするようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

3 good

少しずつ具体的にしていきましょう

2009/05/10 09:23 詳細リンク

sakugonさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

拝見したところ、家計の管理はしっかりとされていると思いますが、1つ気になる点をあげれば、車のローンでしょうか。

「結婚前貯蓄からの一括返済」が望ましいとは思うのですが、この辺はsakugonさんのお考えもあるでしょうから、まずは29千円の返済×残りの返済回数を計算して、残高の400千円とどのぐらいの差があるかを較べてみてください。
その差額が大きいようでしたら、一括返済をしたあと、毎月一定額を「結婚前貯蓄」に戻す形で積立されるといいかと思います。

一軒家の購入のタイミングですが、これを考えるには、まず購入する希望物件の価格を考える必要があります。

仮に「4000万円」という価格が出たとすれば、「頭金として2割の800万、引越しにかかる諸経費に200万円」といった具体的な目標額ができますので、そのうえで「いつごろ購入するのか?」を検討してみましょう。

そのためにも、現在の家計状況が続いた時に、どのくらいの貯金ができるのかなども把握しておく方が望ましいので、できれば一度お金の流れを表にした「キャッシュフロー表」を作ってみられることをお奨めします。

※キャッシュフロー表の作り方は下記のページをご参照ください。
http://fpoasis.jp/modules/smartinvest/item.php?itemid=6

もちろん、「頭金と諸経費」だけですべての貯金を使い切ってしまうのは不安だと思いますので、最低でも毎月の生活費の6か月分〜1年程度は手元に残すようにしたいですね。
また、親御さんからの援助などが見込めるようであれば、それも含めて検討されるとよいと思います。

ご夫婦で話をされて、楽しみながら将来のプランを考えましょう。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

山口 京子 専門家

山口 京子
ファイナンシャルプランナー

- good

ハッピーライフプランを!

2009/05/14 02:52 詳細リンク

sakugonさん

ご結婚おめでとうございます。
赤ちゃんの誕生も楽しみですね。
ファイナンシャルプランナーの山口京子です。

結婚前の貯金800万円は
sakugonさんの働いていた時に貯めたお金だとすると
しっかり貯められていると思います。

また、貯めるだけでなく投資信託もお持ちで
計画的に増やす事もお考えのようですね。

是非、マイホームの夢も計画的に実現させて下さい。

どこに
どれくらいの広さの
どんなお家が欲しいですか?


埼玉県も広いので、1000万円台で一戸建て新築が買える所もあれば
2000万円台の所もあります。


1000万円違うと、プランは大きく変わります。


産後はお仕事をなさいますか?

たとえ、月8万〜9万円でもsakugonさんに収入があると
10年で1000万円になります。

定年まで30年ありますから、
3000万円ですね。

また、緊急用に取っておきたいお金の「緊急」とは
どんな状態で、どれくらいのお金が必要でしょう?

万が一に備えるお金は大切ですが、
漠然とした不安に、お金を残しておいて
マイホーム購入時期が遅くなったり(金利上昇の可能性)
ローン借入額が大きくなりすぎないように注意
する事も大切です。

新築のお家なら、休日は見学会ができる
所もあります。お散歩がてら、覗いてみて下さい。
いろんな勉強ができます。


6月に産前産後の方を対象にした、マネーセミナーをします。
よかったら参考になさって下さい。

「幸せ育児&幸せ財力養成講座」〜産前産後からのマネーマネジメント
気になる教育費用、マイホーム資金のため方などをお伝えします!

https://secsvr.net/birth-sense.com/apply/goodsprev.cgi?gno=C090906CS

どうぞお幸せに!

回答専門家

山口 京子
山口 京子
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
山口 京子 
03-6380-8619
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

家計管理から、保険、お金をふやす運用までアドバイス。

将来が不安と思っている人は多いけれど、そのために準備をしている人は少ないのです。今だけでなくも将来も、安心して暮らせる、お金の貯め方、守り方、ふやし方をお伝えします。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

1 good

ご主人と将来設計を話し合ってみましょう

2009/05/10 09:03 詳細リンク

sakugonさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

まず、車のローンを返済してしまいましょう。
そうすると、29千円が貯金に回ります。
携帯が高いですね。これを11千円に抑えると、毎月5万円貯金ができますよ。

現在の家賃と駐車場代76千円ですから、ローンとしては月10万円程度なら可能ではないかと思います。となると借り入れは約2700万円。
sakugonさんご自身の貯金を諸費用と頭金に入れる覚悟があれば今でも3000万円くらいの物件なら購入可能でしょう。

といってもお子さんの教育費の積み立てや車の買い替えなどもありますから、お子さんがある程度の年齢になったら働くことが前提でしょう。

ご自身の貯金は取っておきたいとお思いでしたら、少なくとも500万円くらいの貯蓄ができてからとなるでしょうね。
現在、結婚後の貯金だけを考えると、バランスシートはマイナスです。これがゼロになってからが本当の意味での貯蓄となります。

いつ購入がベストなのかではなく、いついくらくらいの物件を購入したいかを話し合ってみましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
子供が出来るのですが、、 ほーほーさん  2008-10-07 23:18 回答4件
家計診断、家購入と保険について starman2016さん  2016-01-30 17:08 回答1件
マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)