購入地の隣にペット霊園の計画 - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

購入地の隣にペット霊園の計画

住宅・不動産 不動産売買 2009/05/04 03:47

現在、分譲地の一画で新築を建てています。ちょうど隣が空き地になっており、以前から何か建築の計画等がわかれば教えてほしいと業者にお願いしていましたが、最近になってその地にペット霊園の計画があることを知りました。それを知るきっかけは業者ではなく、近隣にすむ友人です。たいへん驚きすぐに業者に説明を求めました。今年の3月に突然ペット霊園を造ると近隣住民に知らせがあったといい、3月中旬に説明会が行われたといいます。その説明会の数日後に私どもは地鎮祭を行い家の基礎工事にとりかかりました。(重要事項等の説明、手付金などは去年のうちに終えています。)そして説明会から約一ヶ月後に上棟を迎え、中間金の支払をいたしました。地鎮祭後、今に至るまでに何度か現地を見ながら、隣の空き地について質問をしていましたが、業者は特に何も計画はないような口ぶりでした。
もしそのような説明会があった時点で説明があれば、土地は更地のままですし迷いなく契約解除していました。
まだ説明会があったのみなので説明する必要がないと業者にいわれましたが、本当にそうなのでしょうか?宅建業法の事実不告知にはあたらないのでしょうか?説明会だけでは事実と認められませんか?また消費者契約法の不利益の不告知には該当しないのでしょうか?
私たちが偶然その話をきいたから知ることができただけで、そうでなければその後も説明をするつもりはなさそうな口ぶりでしたので危うく何も知らないまま引き渡しを受けるところでした。
今からでも契約を解除し手付金・中間金の返還を求めたいのですが、可能でしょうか?またどのようにすればよろしいでしょうか?今回の件で業者には不信感を募らせています。できれば損害賠償も求めたいくらいの気持ちです。
長文失礼いたしました。よろしくご教示賜りますようお願いいたします。

よあけさん ( 京都府 / 女性 / 30歳 )

回答:2件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

- good

説明会のタイミング次第です。

2009/05/04 09:01 詳細リンク
(5.0)

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

法的な個別判断は、弁護士、司法書士等の専門家にご相談ください。

少しでもお役に立てればと思い、一般的な話としてご参照ください。

業者が、隣の空地のペット霊園計画を知ったのが、
本当に今年3月中旬の説明会のときであったとすれば、
おそらく宅建業法の事実不告知に問うことはできないと思います。
(業者は、重要事項説明の時点で知りうる範囲でしか説明ができないため)

しかし、仁義的には、説明会があった時点で、
「よあけ」さんに報告すべきだったと思います。

もし、「よあけ」さんが、
説明会の報告を受けて(今年の3月中旬)すぐに、
昨年締結済みの契約を解除しようとすると
手付解除もしくは契約違反による解除(違約解除)の
どちらかになったと思います。

現時点で、「よあけ」さんが契約の解除をすると
違約解除となってしまいます。

仮に、説明会の報告をすぐに受けて、
その時点で手付解除が可能であったならば、
現時点で違約解除により契約を打ち切り、
違約金と手付金の差額を争う形になるかと思います。

よく隣地の建築計画等について争っているケースがありますが、
そのほとんどは、重要事項説明をする前の段階で、
業者がきちんと調査をすればわかることを
ずさんな調査により見過ごされ、
後で問題になっているケースです。

今回、重要事項説明の段階で、
隣地のペット霊園計画が、通常の調査では
わからないものであったならば、
業者に責任を問うのは難しいと思われます。

ただ、「よあけ」さんの気持ちも良く分かります。
少なくとも、業者が説明会を受けた段階で
すぐに報告をしてくれていたならば、
こういった不信感も生まれずに、
協力して対応できたのでは思います。

どうしても納得いかないのであれば、
弁護士等の専門家にご相談下さい。

評価・お礼

よあけさん

困り果てていたところ、すぐにご回答頂き嬉しく思いました。ありがとうございました。ご指摘いただいたことを念頭において業者と冷静な話し合いを重ねるよう頑張ります。

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
高橋 正典

高橋 正典
不動産コンサルタント

- good

嫌悪施設の説明

2009/05/06 20:06 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。バイヤーズスタイルの高橋と申します。


早速ですが、不動産売買契約に関し、隣接地の所有状況や、まして更地について

の建築計画を調査するのは当然であり、この場合業者が知り得る範疇であると

推察できます。即ち、そうだとすれば重要な告知義務違反の可能性が高いとう事

となります。

3月が説明会との日程から、契約時に権利移動を終えていた可能性があります。

業者は、契約時に隣接地の登記簿謄本や更地に関するヒアリング等の結果を報告

する必要があり、それを提供されたのか? はお聞きしたい所ですね。 また、

説明会があったのみで、説明の義務がないとするその業者の言い分は非常に苦しい

ものです。


最終的な判断は弁護士等の専門家が判断しますから、あくまで業法上からの捉え方

として聞いて頂きたいと存じますが、まず契約時にその隣接地の権利がどうなって

いて、その内容の説明を受けたかについては、至急ご確認ください。



ご参考になりましたでしょうか?

この御縁がよあけ様にとって、素晴らしきものとなりますよう願っております。

株式会社バイヤーズスタイル
代表取締役 高橋 正典

家を通して考えるライフデザイン

夢を現実へ〜バイヤーズスタイルCEOのブログ〜

評価・お礼

よあけさん

ご回答ありがとうございます。記憶では「一戸建てが建つでしょう」といわれ、登記簿や権利についての詳しい説明はきいていません。
業者がいうにはもともと一戸建てを計画していたようだが隣地の条件(前面道路との隣接する面積が小さいなど)が整わず、今回のペット霊園が浮上してきたのではないかということでした。またそれは業者に対する嫌がらせであると捉えており(←今現在まだ分譲中の土地があるからです)静観する姿勢のようです。

なにか解決の糸口になるものが見つからないかと勇気が湧いてきました。ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

土地、建物の損害賠償の交渉について テルパパさん  2010-02-02 22:57 回答1件
建築請負契約解除について drkcrさん  2012-07-02 11:12 回答1件
手付放棄による解除は可能でしょうか? kinayoriさん  2010-02-04 14:11 回答2件
地盤改良工事の費用負担について athletic.Junkyさん  2011-12-17 00:26 回答1件
違法建築の売買について こひつじさん  2007-10-05 14:17 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)