独立起業前の住宅購入か賃貸か - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

独立起業前の住宅購入か賃貸か

マネー 家計・ライフプラン 2009/05/03 05:58

こんにちは。現在独立起業を考えている者です。現在は賃貸マンションに暮らしています。今後の住まいに関して、サラリーマンである今の内に住宅ローンで中古マンションを購入するのが得策か、それとも賃貸のまま住み続けるのがいいのか迷っています。今まで引っ越しが多かったので、将来的には資産としても残る棲家を得たいとは思っています。

今、サラリーマンの内に購入するのがいいのか?それとも独立して信用を築いてからの方がいいかアドバイスお願いします。

銀次郎さん ( 東京都 / 男性 / 41歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

起業を優先されるようお勧めします

2009/05/03 08:40 詳細リンク
(5.0)

銀次郎 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご質問の中で家族構成、資産内容が記載されていません、また、どのような職業での起業も判りませんので、個人事業主としての起業及び住宅取得との対比を回答申し上げます。

独立・起業前の住宅取得は、何時起業されるのかがキーポイントになります。

業界・業種にも拠りますが、通常は3年経って黒字化が果たせれば成功とされています。この場合の黒字化とは、事業主としての生活費も含めて貯蓄が出来るようになるレベルを指します。

株式会社であれば給与等の営業経費を支払った後の営業利益が出るレベルとなります。

従いまして、起業が数年内であれば、開業時の資金+営業資金(黒字化するまでの運用資金を含む)のため、資金を他の用途に流用するのはお勧めできません。

起業時期が長期的展望であれば、起業時に住宅ローンの完済と起業のための資金が確保される場合には住宅取得も宜しいのではと考えます。

独立起業、住宅取得は夫々に大きなリスクを抱えます。独立起業の資金を優先されるようお勧めします。

なお、参考になればと考え退職後の個人事業主の起業イメージを掲示します。

評価・お礼

銀次郎さん

早速のアドバイスありがとうございました。

起業してからの収入というのを深く考慮して、やはり住宅取得は黒字化を果たしてからにしたいと思います。

幸い住宅取得はそれからでも遅くはない年齢でもあるので、頑張ってみたいと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/05/05 09:45 詳細リンク
(5.0)

銀次郎さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今、サラリーマンのうちに購入するのがいいのか?それとも独立して信用を築いてからの方がいいかアドバイス...』につきまして、賃貸の場合も収入が少なくなった場合には収入に合わせて支払い家賃が安く済む賃貸に移り住むことで家計収支をコントロールすることができるのに対して、住宅を購入して住宅ローンを組んでしまった場合、毎月の住居費用は完済できるまで減額することは出来なくなってしまいます。

よって、住宅購入に当たりましてはサラリーマンのうちの今の方が住宅ローンを組みやすいことは確かにあると思いますが、独立当初に見込むことができる収入のことも十分に考慮したうえで、賃貸のままにするのか、あるいは購入するのか判断するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

銀次郎さん

アドバイスありがとうございました。

やはり住宅購入よりも独立の夢実現の方が自分にとっては大きいので、賃貸を中心に考えたいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

会社員のほうが審査は通りやすいです

2009/05/03 11:45 詳細リンク
(5.0)

銀次郎さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

マイホームを優先されるのでしたら、会社員のうちに購入する方がいいでしょう。
独立後ではなかなかローンの審査が通らないかもしれません。
信用を築いてからとなると、最低でも3年は見たほうがいいでしょう。

またローンを返済できる期間を考えると早いほうがいいとは思います。

しかし独立する前にローンが組めたとしても、その後ずっと返済可能かという問題があります。
起業して収入が落ちた時に賃貸であれば、安いところに引っ越すという選択肢がありますがローンの場合はそれができません。

どちらが先かの判断は非常にむずかしいですね。

現在の資産や年収、家賃、購入物件とローンの返済額、起業したあとの見通しなどを総合的に考える必要があるかと思われます。

起業前に購入されるようでしたら、最低家賃並みのローンでの購入を考えたほうがいいでしょう。
または売却や賃貸が可能な物件ということになります。この場合はある程度の頭金が必要となるでしょう。

将来的にどこに住みたいかも考えてみるといいでしょう。
セカンドライフを過ごしたい地域がそこでしたら、早めの購入をお勧めします。
そうでなければ慎重に!

評価・お礼

銀次郎さん

早速のアドバイスありがとうございました。

やはり起業してからの売り上げが落ちた時に賃貸であれば柔軟にレベルダウンできる、購入だと手放すことになりリスクがありますね。

地域的には各地に居住して終の棲家のイメージはできているので、それも考慮に入れて購入か賃貸かじっくり考えたいと思います。

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

両方を求めるのは?

2009/05/04 09:40 詳細リンク
(5.0)

銀次郎さん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

独立起業することと、住宅を取得することは、どちらも大きな資金のいることです。

自分の現在の金融資産のなかで、両方を追い求めることが可能なのかを、よく考えてみてください。

独立起業しても、すぐに生計が成り立つレベルになるものなのか?

何年かは、赤字覚悟だとすれば、その間をしのぐだけの貯えが必要です。

住宅は、自分が住んでいる場合は、お金を生むことはありません。
住宅ローンという、借金を抱えることになります。
ですから、「資産」ではなく「負債」です。

賃貸住宅なら、移転の自由度が高いというメリットがあります。

独立起業と住宅の取得と、どちらを優先とするのかをお考えください。

評価・お礼

銀次郎さん

アドバイスありがとうございました。

移転の自由度の高い賃貸、住宅ローンの負債を考慮によく考えたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします。 momo03さん  2012-05-25 17:35 回答1件
資産運用とライフスタイルへのアドバイスを yarikuri7さん  2012-11-23 18:39 回答3件
離婚後の生計 gummyさん  2016-01-24 19:40 回答1件
家計診断をお願い致します ちびまるさん  2012-03-07 12:41 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)