枠組のCN釘と軸組のN釘 - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

枠組のCN釘と軸組のN釘

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/04/15 16:19

耐力面材を使って耐力壁を作るときに、枠組構造ではCN釘を使うことが前提ですが高い壁倍率が規定されてます。
一方、軸組構造ではN釘でも構わない代わりに、枠組よりも低めの壁倍率が設定されている場合が多いです。しかし、漠然と考えると、軸組でもCN釘を使えばN釘を使った場合よりも高い耐力が得られるように思うのですが、実際には軸組でCN釘を使った場合として、高めに壁倍率が認定されている耐力面材は少ないように感じます。
軸組ではCN釘を使っても枠組よりも水平耐力が出ない特別な理由があるのでしょうか? それとも単にメーカーが認定を申請してないからだけで、軸組でもCN釘を使ったり、釘のピッチを細かく打てば、設計耐力よりも高い水平耐力を得ることは出来るのでしょうか?

とやおたさん ( 茨城県 / 男性 / 38歳 )

回答:2件

壁倍率

2009/04/16 12:12 詳細リンク
(3.0)

釘(ビス)の間隔の違いかと思います。告示1540号枠組壁工法の場合は面材の外周部100mm以内、内部200mm以内となり、告示1100号軸組工法の場合は内外とも150mm以内となっているので、認定品の面材も告示に習った釘の間隔で算出していると思います。
耐力壁剛性は釘(ビス)の配列、間隔によって決まります。(外周部の釘間隔のみで算出しています。)
軸組工法の場合、許容応力度計算詳細法によれば、面材と釘の種類、間隔、配列により告示仕様と異なる耐力壁を自由に設計することができます。
枠組壁工法の場合も許容応力度計算によれば、釘の間隔から耐力壁剛性を算出することができ、壁倍率5倍超えた設計も可能です。しかし、2007告示改正により、告示仕様と異なる耐力壁を使用する建物は、耐力壁剛性は全て釘打ち間隔から算定し、剛性の算出方法を混用してはならなくなりました。

評価・お礼

とやおたさん

ビスの間隔は同じでも、枠組と軸組では壁倍率が異なる面材は沢山あります。

それらの違いは、釘の種類で、枠組はCN釘限定なのに対して、軸組はN釘、または、CN釘となっている場合が殆どです。多分、釘保持力が影響しているのだと思います。

回答専門家

佐野 靖
佐野 靖
(建築家)
アトリエ・イグレック1級建築士事務所 所長

住む人の夢を実現し、安心を提供する。それが設計士の仕事です

『何ができるか?』ではなく『何をしたいか?』をまず伝えて下さい。クライアントの夢を様々な条件を加味し具現化することが設計士の仕事と考えています。家はそこに住まう人々と共に変化していくものです。空間としての家作りをご提案いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
野平 史彦

野平 史彦
建築家

- good

「釘」は木造住宅の盲点

2009/04/16 11:02 詳細リンク
(5.0)

とやおた様

お久しぶりです。
とやおたさんはいつも難しいご質問を投げかけて来ますね(笑)
私も枠組構造については詳しいとは言えませんので、推論としてお聞き下さい。

結論としては、とやおたさんがおっしゃっている様に「単にメーカーが認定を申請していないから」だと思います。

枠組構造では9mmの構造用合板をCN釘で止めて壁倍率3、軸組構造では7.5mm以上の構造用合板をN釘で止めて壁倍率2.5となっていますが、この仕様規定に従えば軸組で9mmの構造用合板を使っても壁倍率を2.5で計算しなければならないことになります。しかし、実際にはもっと壁倍率は上がるはずです。枠組は元々壁で保たせている構造なので9mmで認定を取っていたと思うのですが、軸組は筋交い中心であったため、面材での壁倍率については7.5mmでの実験に基づいたものしかなかったのかもしれません。
個別認定を取るには実際に結構な出費を強いられるため、特別、耐力面材としての強みをアピールしたいものでない限り、メーカーも個別認定を取るケースは少ない様です。
軸組でも釘のピッチを細かくして高い壁倍率を認められている工法がありますから、とやおたさんのおっしゃるように、壁倍率は実際には上がるのです。

さて、軸組構造ではN釘を使うことになっていますが、関東地域においては何故かN釘が流通しておらず、CN釘が使われているならいいのですが、NC釘など梱包用などに使われる細い釘が使われ、所定の耐力をもたない家も随分ある様です。
また、今はほとんど釘打ち機を使って圧力を上げて打っているので、釘の「めり込み」の問題があり、釘頭が面材にめり込んでしまって所定の耐力が得られていない場合も多々見受けられます。

「釘」については、公的な検査においても殆ど検査される事がなく、設計者も殆ど意識していないので、木造住宅におけるひとつの盲点とも言えるでしょう。

評価・お礼

とやおたさん

また、ご解答下さりありがとうございます。
以前の集成材の剥離に関する件は、結局、集成材に手放しで安心できるだけの根拠が見いだせなかったので、無垢材を使うHMにお願いすることにしました。良い無垢材を使うHMは大手では無かったので、地元中心で展開している中小規模のHMを検討しています。

本件についてですが、枠組メーカーのホームページを見ていると、同じ構造用合板を使っても軸組では2.5倍にしかならないのに、枠組では3倍の強度があると書かれていましたが、それは認定倍率の問題で、実際の違いは釘の違いだけのように感じたので質問しました。軸組でもCN釘を使えば、計算上には現れない安全ファクターがかかると考えて良いのかも知れないですね。

ご指摘の施工の問題は、最も気になるところです。
今は出来るだけ多くの現場を見せて貰い、ご指摘の釘打ち器の圧力調整など、カタログに現れにくいところを手を抜かず丁寧に施工してくれるHMを探しています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

構造柱について StingEBTGさん  2012-09-23 14:44 回答1件
既存物件の準耐火構造の確認について bolsoさん  2011-08-19 11:23 回答2件
一戸建て2Fベランダ支え部分からの雨水侵入 shin_shinさん  2012-06-06 23:38 回答1件
確認申請について bolsoさん  2012-01-13 10:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)