経費の範囲 - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

経費の範囲

法人・ビジネス 会計・経理 2009/04/13 17:25

コーディネーターの者の経費申請の範囲についての質問ですが?
情報収集の為の経費として書籍代が認められる事は存じ上げておりますが・・・
個人所持のみでいつも 購入書籍を見た事がありません 個人のみの自宅でのみ書籍を利用してるのが日常です。
この場合も問題なく経費範囲なのでしょうか??

まちまちまちこさん ( 兵庫県 / 女性 / 46歳 )

回答:3件

藍原 節文 専門家

藍原 節文
経営コンサルタント

- good

経費申請の範囲は業種にもよりますが・・・

2009/04/30 11:07 詳細リンク

経費申請の範囲に関しては、業種にもよりますが、基本的には
社内である程度の決まりや規程を設けて、それに該当する場合
は、経費申請をできるような仕組みにするのがベストではない
かと思います。


販売促進支援・経営支援とデザイン制作を行っております
ファースト・シンボリーの藍原です。

弊社でもデザイナーというクリエイティブな職種のスタッフがおり
ますが、経費の範囲に関しては、ある程度決まりを設定しております。


例えば、

■経費申請の際に、どのような目的でどう使うのかを申請させる
(具体的な使用目的がない場合は却下)

■継続的に購読するものに関しては、会社にて年間購読の申込を
行い、通常は社内に置いてあるが、個人への貸し出しができる
ようになっている

といった形です。私は税理士ではありませんので、税法上、どうなのか
は詳しく分かりませんが、上記のような社内ルールを決めて実践して
おりまして、決算上問題がありませんので、
もし気になるようであれば、早急に社内ルールを作られたほうが良い
のではないでしょうか?

参考にしていただければ幸いです。


株式会社ファースト・シンボリー

回答専門家

藍原 節文
藍原 節文
(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
野村佳代

野村佳代
ライター

- good

購入された書籍を確認された方がよいと思います

2009/04/17 17:52 詳細リンク

コーディネーターは外部の方でしょうか?
社内のスタッフでしょうか?

購入書籍を見たことがない、ということは
まちまちまちこさん本人ではないということですよね。

私も情報収集のために書籍を購入することが多く、
またそれを家で読んだりすることがあります。
しかし、経費か否かの問題は難しいですよね。
たしかに、収集した情報が仕事に直接役立つとは限りませんから・・・

しかし、会社としてはきちんと経費の範囲を決めておいた方がよいと思います。
税法にのっとるのはもちろんのことですが、
経費として認めるために会社としてルールを定めることをオススメします。

たとえば、以下のようなものです。

・本の表紙をコピーして請求書と一緒に提出する
・必ず保管は会社で行う
・請求書に本のタイトルを記入させる

会社の形態にあった方法で続けていかなければ、
いつの間にか経費の範囲が甘くなってしまうのではないでしょうか。


職業からすると経費だと思います

2009/04/17 15:25 詳細リンク

まちまちまちこさん、初めまして、RISE Productionの佐藤と申します。
私も同じように小さな会社で仕事をしておりますので、よく同じようなことを感じておりました。


民主主義国家として、憲法として経済的自由を保障していますので、企業として個人事業主として、さまざまな努力をもって価値を創造し、経済活動を行い利益を得、社会に対して納税という形で還元するのが国民の義務と考えると、価値を創造するための投資を費用として、会計処理するのは当然と考えています。


ただ弊社としては個人事業主に近くても、法人化していますので、一応会社で使う必要な物と、個人が楽しむ物とはハッキリ区別しています。


その線引きは比較的曖昧な部分があることも確かです、感覚として業務上の情報収集が50%、個人で楽しむのが50%位だったら経費処理されても構わないのではないでしょうか。


職種によって、ここからは経費扱いを認められる、これはダメと言ったような線引きは有りませんので、決算期に会計士の先生や、確定申告の時に税務署員の方に業務内容から、必要な物と合理的に認められる物かどうか、確認されておくのも一つの手段だと思います。


経験則から税務署員の方は、なるべく納税額を増やすようなバイアス思考されますので、やぶ蛇になる可能性もありますが、確定申告で固定率でしか経費額を認めてもらえないような時には、帳簿を付けた上で交渉されるのも良いかもしれません。


コーディネータの仕事として、クライアントから求められる業務に関するインセンティブは、個人の頭にある情報の引き出しが大きく左右されると、説明出来るリソースも必要かもしれませんが。

補足

記入出来る文字数が限られていますので、追記させていただきます。

もう少し具体的に仕事内容と、購入した書籍内容を表記し、同じProFileのビジネスジャンルに有る「会計・税務」で相談されると、会計士の先生からもう少し具体的なアドバイスが頂けるかもしれません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

株式会社設立後のこと えびにんさん  2007-07-28 17:44 回答1件
税金について katumata50さん  2015-12-04 02:57 回答1件
仕訳について hinatabokkoさん  2013-11-08 22:11 回答1件
はじめて減価償却をします oonaoさん  2013-03-06 14:52 回答1件
クレジット購入 買掛金 未払金 kumosukeさん  2013-02-11 16:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)