賞与の未払計上について - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賞与の未払計上について

法人・ビジネス 会計・経理 2009/04/13 13:03

3月決算の会社なんですが、3月後半に急に売上があがったので、賞与を出すことになりました。
手続きとしては、3月25日に賞与を決めて、同日付けで全員に書面で金額などを報告し、確認印をもらいました。資金はあったのですが、賞与計算や振込みをする私の仕事が忙しくて3月中には時間が取れず、4月10日に支払いました。
この場合は、未払賞与の計上は問題ないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ハンドクリームさん ( 北海道 / 女性 / 35歳 )

回答:1件

賞与の未払計上について

2009/04/13 19:58 詳細リンク

法人税法施行令で第七十二条の五で
二 次に掲げる要件のすべてを満たす賞与 使用人にその支給額の通知をした日の属する事業年度
イ その支給額を、各人別に、かつ、同時期に支給を受けるすべての使用人に対して通知をしていること。
ロ イの通知をした金額を当該通知をしたすべての使用人に対し当該通知をした日の属する事業年度終了の日の翌日から一月以内に支払つていること。
ハ その支給額につきイの通知をした日の属する事業年度において損金経理をしていること。
は損金になるとされています。
イは、「全員に書面で通知」ということで満たしていますね。
ロは、「3月25日通知、4月10日支給」で満たしていますね。
ハ、以上で未払に計上すれば、損金となります。

回答専門家

黒野 晃司
黒野 晃司
(愛知県 / 税理士)
所長
0564-59-0199
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

会計ソフトの導入や電子申告の推進で、企業経営を大幅に効率化

愛知県岡崎市を拠点に、コンピュータを活用して、経営計画の作成支援などきめの細かい経営サポートを行っています。タイムリーな会計情報の提供や的確な税務処理はもちろん、会計ソフトの導入や電子申告の推進などにより、効果的な業績管理に貢献しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

ハンドクリームさん

再度質問させてください

2009/04/15 12:39 固定リンク

回答ありがとうございました。

ひとつ気になる点があります。
役員に支給しないのは問題ないのでしょうが、役員兼従業員に支給しないのは問題ですか?
あと一人、役員ではないが、数年前に公務員を退職して当社に再就職した、特別社員(次長)という立場の人にも支給していません。これは大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。

ハンドクリームさん (北海道/35歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

親からの運転資金の借り入れ joncoさん  2010-11-22 18:05 回答1件
国外送金等に関するお尋ねについて 非公開希望さん  2010-07-28 00:18 回答1件
隠し口座 hanatokikaijiさん  2011-09-03 09:55 回答1件
商品を代わりに購入する際の領収書等について シン太朗さん  2011-07-04 21:02 回答1件
個人事業主開業届け提出の適切なタイミング mikamさん  2008-10-15 21:22 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料ホームページ診断

ホームページに来ない、ご注文・お問合せ行かない原因を探します。

古堀俊行

オフィスコボリ

古堀俊行

(ITコンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

フェイスブックページお悩み相談

facebookで「困っていること」「やりたいこと」を何でも相談下さい。

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)