家計診断お願いします(家を買うべきか) - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計診断お願いします(家を買うべきか)

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/29 16:18

先日妻の妊娠がわかりました。今後妻は退職し、当分私の給料のみで生活する予定です。現在の住居は、夫婦両方の職場の中間地点に位置しているため、今後はこの場所のメリットもなくなると思われ、家賃も82,000で、補助が27,000円あることを考えても家賃がもったいと思い、持ち家にするべきか考えているところです。
子供のためを考えれば転校等の関係がない小学校入学までの間に家を建てたいと考えているのですが、金銭的に買うタイミングがあるのかどうか不安です。
また、住宅ローン減税や利息、今後の消費税増税などを考えると、少しでも早いほうがいいのかなと思います。しかし、現在貯蓄はなくもし購入するのであれば全額借り入れとなる予定です。
【質問】
1 効率的に家計を絞る方法等アドバイスお願いします。
2 賃貸に引っ越すかこのままここに住んだ方がよいのか、家を購入した方がよいのかアドバイスお願いします。
3 この家計で家及び分譲マンションの購入ができるかアドバイスお願いします。
【月給】(現在の手取り)
夫(28歳)241,600 妻(28歳)240,000(概算)住宅手当27,000
月給計 508,600
【支出】
家賃(築2年77平米2階建て) 82,000(毎月支払額)
水道料(2ヶ月分) 5,000
電気 10,000
ガス 10,000
食費 30,000(概算)
雑費 20,000(概算)
昼食代(夫) 2,000
携帯(2台) 12,000
通信料 7,000
ガソリン 約30,000
生命保険(団体)掛捨 10,000
医療保険(夫) 終身 4,820
医療保険(妻) 終身 5,800
その他保険等 6,300
小遣い(夫) 30,000
小遣い(妻) 30,000
新聞代 3,000
車両保険 8,060
車のローン 18,740(3年)
月支出計 324,720
貯蓄 約180,000
【賞与】
夫 約800,000 妻 約500,000 賞与計 1,300,000

おでさん ( 愛知県 / 男性 / 28歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入は延期されるようお勧めします

2009/03/29 19:50 詳細リンク

おで 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピー の吉野充巨です

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3.( 資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。

現在の収入月508,000円、ボーナス1,300,000円、合わせて約740万円のうち奥様の分の退職で年間で338万円の収入が減少します。
そして、現時点で住宅取得により、住宅ローンを負うのは大きなリスクが伴います。
例えば、おで様のご収入だけで、住宅ローンを返済する場合を仮定した借入可能額を、元利均等払い、35年返済、固定金利3.2%、返済負担率25%で試算しますと、約1950万円になります。この借入の返済金額は毎月77,234円です。このほかに固定資産税や修繕費等が掛かります。

私は奥様が再度お仕事に就かれるまでは賃貸住宅でのお住いをお勧めします。
住宅購入では、ローン返済の負担を少しでも抑えるため、頭金を30%程度準備し、収入に対する返済負担率を、できれば20%未満、多くても25%以下にされるようお勧めします。

なお、住宅購入を投資・運用として捉えた場合、大きな借入で投資し収益は相当する家賃になります。従って家賃を前払いすることと同じです。家賃の支払は勿体無いことではありません。
ローンの借入は金利分が勿体無いと考えることも出来ます。
宜しければ下記のコラムをご一読ください。

賃貸の良さと住宅ローン
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/17058

奥様のお仕事への復帰、お子様の成長に伴う学習費の増加、住宅購入などを考慮した将来設計の作成をお勧めします。
サンプルと作成手順をコラムで掲載しています。ご一読下さい
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/list/series/7802/

お子様の教育費の参考に
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/03/30 09:45 詳細リンク

おでさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

質問1について
ご記入いただきました家計簿データを拝見いたしましたが、特に過剰と思われる家計支出は見あたりません。
よって、家計はしっかりと管理されていますので、ご安心ください。

質問2について
各条件によりキャッシュフロー表を作成して、資金残高の推移を確認しないと、残念ながら判断はできかねます。

質問3について
おでさんの手取り月収金額241,600円だけで住宅ローンを組むとした場合、無理なく返済していくためには、ローン負担率として28%ほどに収まるようにしていただくことをおすすめします。

よって、毎月の返済額の目安は68,000円ほどとなりますが、住宅ローンの審査に当たっては現在返済中の車ローンも審査対象となってしまいますので、現実的には思うような物件をおでさんだけの収入で購入することは難しいと思われます。

奥様が職場復帰をして、収入を見込むことができるようになってから、改めてご検討していただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入は共稼ぎが前提でしょう

2009/03/30 08:22 詳細リンク

おでさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

住宅購入されるようですと、奥様が退職せず、産休や育児休暇で乗り切ることが前提のようです。
退職の場合は収入が半減します。
現状の家計でもほとんど貯金はできませんね。

住宅を購入すると、住宅ローンの返済だけでなく、固定資産税も発生しますし、マンションの場合は管理費や修繕積立金、駐車場代などが必要ですよ。

退職しない場合は産休中は給与の3分の2、お子さんが1歳になるまでの育児休業中でも給与の3割の手当があります。
もう一度話し合ってみましょう。

また住宅購入の前に車のローンを終わらせましょう。
他のローンがあると、審査が通りにくくなります。
それと新築の場合で物件価格の5%、中古の場合で7〜10%の諸費用分と1割程度の頭金は準備したいですね。

賃貸であれば収入が減った場合は安いところに引っ越しもできますが、購入したらそうはいきません。
ローン減税や金利情勢に惑わされず、事前にしっかりと計画を立てることをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

老後に向けて家計診断をお願いします 老後が不安さん  2009-09-03 17:21 回答6件
家計の見直しについて cookie2004emiさん  2009-01-01 22:17 回答5件
家計診断お願い致します めーたろうさん  2013-07-21 08:21 回答1件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
自宅の売却と家計について s983606さん  2009-04-28 12:44 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)