医療費の日額はどれくらいかかりますか - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療費の日額はどれくらいかかりますか

マネー 保険設計・保険見直し 2009/03/11 17:48

はじめまして 保険についての質問です。51歳女性ですが今までに保険に加入したことがありません。恥ずかしい話ですが貯蓄もないためこれからのことを考え医療保険に加入することにしました。でもなにぶんにも年齢的に遅い加入のため掛け金が高めに設定されてしまいます。掛け捨てになってしまいますので最低限の補償となると1日いくらほどのものに加入すればよいのでしょう。高額医療控除や傷病手当金を差し引いた分での補償額が知りたいです。ちなみに給料は税込み38万〜40万ほどです。

makochanさん ( 福井県 / 女性 / 51歳 )

回答:6件

澤田 勉 専門家

澤田 勉
保険アドバイザー

- good

医療保険の日額をいくらに設定すればいいの?

2009/03/11 19:24 詳細リンク

makochanさま

こんにちは。

医療保険の日額ですが、当社でまとめた資料が
ありますのでご覧ください。
●「医療保険の入院日額5千円か、1万円か?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p22.php

それと保険料が安いこと、入院限度日数も
重要になってきますよね。
下記、参考にリンクを貼っておきますのでご覧ください。
払い込み期間を短くすれば、保険料が高くなってしまいます。
終身払いで保険料の安いものを選択してはいかがでしょうか?

ご参考関連リンク
●「最新!医療保険の比較検討一覧」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p24.php
●「医療保険の入院限度日数、何日あればいい?」
http://lify.jp/contents/insurance_point/p23.php


・ライフィのTOPページ →http://lify.jp/

回答専門家

澤田 勉
澤田 勉
(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

澤田 勉が提供する商品・サービス

対面相談

法人保険を活用した節税対策

決算に応じ、財務体質強化につながる設計、生命保険をお見積り

対面相談

法人保険のご相談

財務体質を強化する決算に応じた法人保険の活用

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険について

2009/03/11 21:36 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

高額療養費制度や傷病手当金については、私のコラムをご覧いただければと思います。
そして、入院時の収支をだしてみられるといいですね。
例えば、1ヶ月入院したとして、出て行くお金と、入ってくるお金を計算してみて、日額を検討されるといいですね。

あとは、保障のないようですが、入院と所定の手術のみのシンプルな保障であれば、保険料も割安です。
1入院も、60日、120日とありますが、これから加入されるのであれば、120日のほうがいいかもしれません。

終身払いであれば、月保険料3000円弱ぐらいの商品もあります。
詳しい保険商品につきましては、個別にお問い合わせいただければと思います。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

入院保険についての考え方

2009/03/12 10:47 詳細リンク

makochanさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

先のことを考えると、病気や入院のことも気になってくると思います。

高額療養費の自己負担分は、makochanさん程度の収入の場合、1ヶ月で 80,100円+超過分の3.3%となります。80,100円を30日で割ると1日あたり2670円です。入院時食事療養費が1日780円になります。
入院時は治療費以外にテレビなどのレンタル代、お世話になった方への返礼などもかかってきますので、入院保険は少なくとも日額5000円は確保しておきたいところです。ただ、保障をシンプルにしたもので終身払いであれば、50歳代・日額5000円・1入院120日のものでも、保険料が毎月3,000円程度のものがあります。

もっと良い療養環境が欲しいと思えば、差額ベッド代も考えて医療保険の入院日額を決めます。さらに、社会保険が利かないもの(高度先進医療など)を使いたいときは、その特約を追加するか、貯蓄などの自助努力でまかなうことを考えます。

傷病手当金は、あくまでも働けなくなった時の所得補償のようなものです。入院時でもかかる生活費をまかなうものですので、医療保険とは分けて考えたほうがよいでしょう。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

病院や環境にもよりますが。

2009/03/11 22:11 詳細リンク

はじめまして、makochanさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


高額療養費制度や傷病手当についてご存知ですね。

入院された場合には、食事代が1食260円と差額ベッド代がまず頭に浮かびますね。

差額ベッド代は、病院にもよって変わりますが、1,000円〜数万円、数十万円となる可能性もあります。

大部屋で良ければ、この差額ベッド代は必要ありませんね。

あと心配するのは先進医療費ですね。先進医療は未だ公的医療保険の対象になっていないので自己負担になります。

統計では300万円くらい掛かる医療行為もあると出ています。

保険は掛け捨てでも、緊急資金として貯蓄もされておくと安心ですね。

保険商品については、最低限の保障で5,000円くらいと考えると3,000円くらいからあります。
後は、女性の方ですので女性特有の疾病に対する保障と先進医療の対象となる病気について保険で準備するのかを考える必要があるでしょう。

これからは老後資金についても考える必要があると思いますので、保険も大切だと思いますが合わせて老後資金としても使えるように貯蓄もされる事をお勧めします。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

医療費よりも差額ベットをかんがえておきましょう

2009/03/12 09:20 詳細リンク

makochanさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

傷病手当金はあくまでも現役で健康保険に加入している場合の保障ですので退職後のことを考えて加入したほうがいいでしょう。

70歳までの自己負担は1か月8〜9万円程度、70歳以上の場合は一般で44400円です。
医療費だけを考えると、保険でなくてもカバーできるのではないかと思います。
問題は差額ベット代ですね。

差額ベット代は一日あたり、5000円くらいが一番多いようです。
これを保険で準備すると考えてはいかがでしょう?
6人部屋に入れるとは限りませんので、この分くらいはあったほうが安心かと思います。

老後の負担を考えると、現役時代に保険料の払い込みが終了したほうがいいでしょう。
60歳払い込み終了、60日タイプで8000円、120日タイプで9500程度で確保できます。


全て保険で準備する必要はないと思います。

2009/03/15 19:19 詳細リンク

makochanさん、こんにちは。

年金・保険相談を専門にしている中山社会保険労務士・FP事務所の中山です。

これからの時代、医療費の心配は頭の痛い問題ですね。

まず入院した歳に掛かる自己負担の平均は8,500円程度と言われています。
これは、高額療養費制度を含めて考え、また差額ベッド代や食事に掛かる費用も含めての目安です。

プラスで、現役中はそこに傷病手当を受けることが出来ます。

ただし、医療費についてはどのような環境で治療を受けるかにより費用の差が出てくることを留意してください。

そのような理由から民間の保険で準備するのは日額5,000円で良いと思います。

全ての負担はまかなえませんが、全てを保険で準備する必要もありません。

予算の余裕があればそこから日額をプラスして見積もってみると良いでしょう。


「保険」と「貯蓄」のバランスを考えて老後の準備をしていきたいところですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直し ユリアンさん  2011-02-25 12:35 回答1件
母子家庭です。子供の保険で迷っております うりりさん  2012-10-26 09:27 回答1件
加入予定の保険について memememeさん  2012-03-12 23:30 回答1件
住宅ローンに対応し長期所得補償保険を検討中です。 さばらんさん  2009-01-17 22:14 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)