競売物件の不動産契約について - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

競売物件の不動産契約について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2009/03/02 12:01

この度、戸建て住宅の購入を予定している者です。

その住宅は、売主である不動産業者が競売にて落札した物件です。現在、我々は住宅購入の申し込みを行い、銀行の住宅ローンの事前審査を行っている段階で、事前審査に通った後、本契約に進むこととなります。
しかし、不動産業者は未だにこの物件の代金を裁判所に納付しておらず、物件の所有権は不動産業者にはありません。我々としては、業者に所有権が移転したのを確認してからの契約と考えていたのですが、業者の方は裁判所への代金納付の前に契約を行うつもりのようです。
お聞きしたいのは、業者に所有権がない状態で売主として契約を結ぶことは違法ではないのか、またこのような場合でも手付金を払う必要はあるのでしょうか?
こちらにリスクの多い契約のように思われるのですが、不動産業者が途中で倒産した場合の措置など教えて頂けると助かります。

宜しくお願いします。

Mopsyさん ( 千葉県 / 女性 / 33歳 )

回答:1件


競売物件の購入

2009/03/03 11:08 詳細リンク
(4.0)

初めまして、弁護士の降旗です。
競売物件を落札業者からその代金納付前に購入するということですね。
思い切った決断だと思います。
建物内に居住者はいない(空き屋)ことを確認(内見)しましたか。
建物内に現所有者の動産類は残っていませんか。
これらの確認を御自身でしていなければ、落札業者に売買契約書上、明確に保証させなければなりません。もしもスムーズに引渡を受けられない場合は、直ちに契約解除できるようにして、手付金返還の他に損害賠償の条項も定めた方が良いと思います。
契約時他人所有の不動産を売ることは、許されない訳ではありません。ただ、業者は、契約時に重要事項として十分説明しすべきであり、違約があった場合の契約解除・損害賠償について取り決めておくべきでしょう。
また、引渡を受けても、全所有者または居住者の物品が残されていた場合、その処置並びにクレームを受けたときの業者の責任も明記すべきだと思います。そうでないと、Mospyさんが第三者から請求を受ける危険があります。
建物内部及び敷地内の現状を良く確認してから、購入契約に調印するのが筋でしょう。

評価・お礼

Mopsyさん

降旗様、ご回答頂き有り難うございました。

物件自体は未入居物件で内見しましたので、大丈夫かと思います。契約の内容に関しては、内容を良く確認してから行いたいと考えております。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

親子間売買がからんだ新築計画について shinta0121さん  2007-11-05 23:02 回答1件
住宅ローンを組むための方法について にしおんさん  2013-08-11 22:25 回答2件
新築建売住宅 オプション付後の解約について ie2013さん  2013-01-14 15:30 回答1件
諸費用は支払うべきか きあきたさん  2013-07-11 16:40 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)