贈与税の関係書類の提出について - 遺産相続 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

贈与税の関係書類の提出について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2009/02/26 20:21

昨年マンションを購入し、購入資金として父から援助を受けました。そこで先日住宅ローン控除の申告時に同時に相続時精算課税制度の摘要を受けるための申請もしました。
父から住民票を預かり、自分は戸籍謄本を取り寄せました。
必要書類の中に「受贈者が20歳に達したとき(または平成15年1月1日)以後の住所または居所を証する書類。戸籍の附票の写しまたは住民票の写しなど」とあり、戸籍の附票でも住民票でもいいならと、住民票を提出しました。
ところが先ほど帰宅したら「書類が不足しています」との通知がきており、「戸籍の附票」にしるしが付いていました。
平成15年1月1日から、入居の前日までの住所を証明するものが必要だと。
「税務署の職員と一緒にひとつずつチェックしながら提出したのにな〜。本籍地に発行してもらうためにまた日にちも手数料も掛かるなぁ」と少しむっとしました。
どのような意図で「住民票でもよい」と書かれているのでしょうか?
また、住民票には3か所まで居所が記載されていると聞きました。
(自分のは確認してませんが・・・)私は今回も含めて3か所なので
住民票でもいいのではないかと思うのですが・・・。
戸籍の附票には居住していた月日なども書いてあるのでしょうか?だからそれでなければだめだと…。



わかりにくくて申し訳ありませんが、教えてください。

ろこちゃんさん ( 埼玉県 / 女性 / 27歳 )

回答:1件

平成15年1月1日以降の住所の履歴の証明が必要です

2009/02/27 00:22 詳細リンク

ろこちゃんさん、こんにちは

税務署の方も専門部署の方(あなたのケースでは資産課税部門)でなければ、
細かいところまで分からないケースも多いので、ご注意下さい。

ご確認なのですが、提出した住民票にはどこまで履歴が出ていたのでしょうか?

今回の申告で必要とされるのは、平成15年1月1日以降の住所の履歴の全てが
確認できる書類なので、途中繋がらない箇所がある場合や、
現住所のみを証明する住民票の場合には、戸籍の附表が必要です。
記載事項が確認できないのであれば、戸籍を取り寄せた方がいいでしょうね。


戸籍には住所の移動だけではなく、戸籍筆頭者に関係する身分法関係の
全ての履歴が記載されますので、相続人の確定等のためにも用いられます。


今回提出した住民票で確認すべき事項の全てが記載されているのであれば、
附表の提出に応じる必要はありませんが、
もし確認できない部分があるのであれば、提出をしなければ、
相続時精算課税の適用が否認される危険があります。

その場合には、できるだけ早く提出する必要がありますが、
税務署からの通知に書かれている提出期限までに間に合わないのであれば、
担当の方(部署だけしか書いていないかもしれません)に電話して
遅れる旨を伝えた方がいいでしょうね。

回答専門家

平 仁
平 仁
(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

ろこちゃんさん

ありがとうございます。

2009/02/27 20:47 固定リンク

今日管轄の税務署に電話で来てみたところ、やはり平成15年1月1日から、マンション入居の前日までの住所の証明が必要とのことで、住民票ではダメだとのことでした。
実際に自分がどのような記載の住民票を提出したのかおぼえてなかったので、そのように言われると、納得するしかありませんでした。
そして、結婚前の本籍地で戸籍の附票を取得してくださいと言われました。聞かなかったら現在の本籍地で取得するところだった(戸籍謄本は本籍地でしか取得できないので)と、ホッとしたのですが、担当部署にもかかわらず何とも自信なさげな回答だったので、結婚前の本籍地の区役所と結婚後の本籍地の市役所(現在住んでいる場所ではありません)に問い合わせたところ、両方での取得が必要だとのことでした。
平成15年から18年の途中までは結婚前の本籍地、それ以降は結婚後の本籍地で取得しないとつながらないのだそうです。

わからないことだらけでしたが、おかげさまでとても勉強になりました。
本当にどうもありがとうございました!

ろこちゃんさん (埼玉県/27歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅資金特別控除について 初めてローンさん  2009-02-03 14:11 回答1件
生前贈与と相続税について やまゆりさん  2008-08-18 10:42 回答1件
住宅取得資金贈与500万円の実行について yuri1017さん  2009-11-03 08:16 回答1件
住宅資金特別控除は税金がかからないのですか? みゆまさん  2009-05-01 12:24 回答1件
親名義の家をリフォームしたのに親に借金ができたら? こはる1208さん  2008-08-09 12:49 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

藤宮 浩

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)