犬の脱毛・肌の黒ずみ - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬の脱毛・肌の黒ずみ

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/02/22 11:46

1才になるトイプードル(メス)ですが、最近、身体と足の毛が脱毛し、その部分の肌が黒ずんできています。頭と顔は脱毛していません。痒みや痛みはないようで、肌の質感も以前と変わりありません。食欲もあり元気ですが、水を飲む量が以前より多くなった気がします。どのような病気の可能性がありますか?また、どのような治療をすればいいですか?

ykkさん ( 大阪府 / 女性 / 34歳 )

回答:1件

RE:犬の脱毛・肌の黒ずみ

2009/03/05 14:11 詳細リンク
(5.0)

皮膚疾患には様々な原因が存在し、原因に適応した治療でないと症状は治らないばかりではなく、悪化してしまうこともあります。皮膚の検査はされましたか?
主な皮膚疾患としては、アレルギー性皮膚炎、寄生虫性皮膚炎(ノミダニ駆除薬では駆除できないものもあります。)、細菌感染、真菌感染のほか、内分泌疾患や栄養障害等が挙げられます。これらが単独の原因として発症していたり、あるいは複数の原因が混在していることも少なくありません。これらの原因を検査により確定、もしくは除外することによりその原因にあった治療法を行なっていくのがベストかと思います。
被毛、皮膚を採取し顕微鏡検査を行うことでノミ、ダニなどの寄生虫、細菌、真菌などの感染を除外できます。
今回のご質問は若齢ということですので、食物アレルギーや何らかの感染があるかもしれません。若齢での内分泌疾患はあまり多くはありませんが、内分泌疾患や栄養障害などは血液検査を行えば診断が可能です。
飲水量の増加は、ステロイド薬の副作用やストレス、糖尿病などの内分泌疾患、腎臓病や子宮蓄膿症などの病気で見られることがあります。
皮膚疾患は複数の原因が混在して発症に至る事が多いため、上述の検査を進めていくことにより原因を一つずつ除外する必要があります。
これらの検査により皮膚に何が起こっているかを正確に診断し、そしてその結果により改めて現在の治療法を見直してみてはいかがでしょうか?

評価・お礼

ykkさん

とても参考になりました。
詳しい検査をしてみます。
ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

「ペットの不調」に関するまとめ

このQ&Aに類似したQ&A

下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
猫の痙攣 緊急です ちびやまさん  2013-01-20 21:10 回答1件
猫の腫瘍、脳腫瘍について テキママさん  2011-05-04 19:11 回答1件
大型犬 骨肉腫 予防接種 しゃぼんだまさん  2010-11-21 07:24 回答1件
子宮蓄膿症と診断されました yuki97さん  2009-06-15 02:46 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)