事業の失敗時の対応 - 企業法務 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業の失敗時の対応

法人・ビジネス 企業法務 2009/02/15 11:51

これから事業を始めることを検討していますが、厳しい社会状況からももしもの時のことも考慮しておきたいと思います。
法改正で現在の事業体は法人4種とLLPと個人だと認識しております。

負債を抱えて破綻した場合、個人・LLP・法人企業(株式・合名・合資・LLC)のどのタイプが金銭の問題解決に最も有利になりますか?

ビリオンさん ( 岡山県 / 男性 / 29歳 )

回答:1件

実務上はあまり差異はないと思います

2009/02/19 20:50 詳細リンク
(4.0)

法律上、会社が負債を抱えて倒産した場合、会社の株主(中小企業では通常社長)が出資額の範囲内でしか責任を負わずに済むものを「有限責任」といい、株主が無限に責任を負うものを「無限責任」といいます。

したがいまして、法律上は、有限責任の事業体であれば、倒産時の責任範囲が限定的になるという意味で有利ということができます。なお、有限責任となりうるものは、LLP、株式会社、合資会社における無限責任社員、合同会社(LLC)です。

ただし、実務上、非上場の中小企業の場合、事業体の種類に関わらず、額の大きい取引においては社長個人の連帯保証がとられることが通常です。このため、会社の責任としては有限であったとしても、結局社長は無限に責任を負うこととなりますので、いずれの事業体であっても大差はないと考えられます。

補足

法律上、有限責任であれば、会計や税務上、無限責任ということにはなりません。

評価・お礼

ビリオンさん

わかりやすいご回答ありがとうございませた。

「法律上」ということですが、会計上等違う場合があるのでしょうか。できればご回答いただければと思います。

回答専門家

金井 高志
金井 高志
(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社の清算に関しての質問です。 flyingkids999さん  2016-03-31 16:37 回答2件
ロゴデザインの著作財産権の譲渡について ksdesignさん  2010-01-18 12:53 回答2件
事業主とは? たままさん  2008-07-17 15:54 回答1件
売掛金回収(強制執行) yoshi2215さん  2008-02-20 21:03 回答1件
業務委託契約の解除について 一般人さん  2010-10-27 15:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)