老後の蓄え - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

老後の蓄え

マネー 家計・ライフプラン 2007/04/09 12:02

夫50歳、私は48歳の専業主婦です。定年まであと10年ですが、預貯金が500万円ほどしかありません。(財形250万円、郵便局銀行の定期220万円、普通預金30万円)この10年で定年後必要なお金を貯めなくてはいけませんが、年間いくらぐらいの貯金をすればいいでしょうか。家は持ち家ですが、ローンがまだあと6年くらい(800万円弱)残っています。
今あるお金から少しでも住宅ローンを返すべきか、それとも少しでも有利なものに預けかえるべきかも教えてください。ちなみに夫は年収手取り約700万円です。
私は去年までパートで働いていましたが、親の介護のため仕事を辞めました。しばらくは働けないと思います。

さららさん ( 北海道 / 女性 / 48歳 )

回答:2件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

必要なお金と準備されているお金の比較をしましょう。

2007/04/09 13:11 詳細リンク
(5.0)

さららさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

リタイア後の生活に必要なお金の準備についてですが・・・

リタイア後の生活イメージは出来ていますか?
住む場所や趣味・旅行、住宅の修繕、保険・保障などの
生活スタイルが決まってこないと
生活するためにいくら必要かがわかりません。

また、現在準備できているものとして、
年金の給付予想額、退職金、定年後も働く予定があるかどうか?
など収入予定のものも確認されることもオススメします。

これら今後長期に渡る収入と支出の予定を
「キャッシュフロー表」を用いて作成されると良いと思います。

あとまだ10年あります。
でも安心できるわけではありません。
今後のさららさんの行動次第で大きく変わります。

一つ注意点としては、
質問文中にあった住宅ローンの繰上げ返済については
今後のライフプランや貯蓄計画が決まってから、
返済しても大丈夫かどうかの判断をしてください。

介護等でお忙しいと思いますが、
ご夫婦で今後の生活プランについて話し合うところから始めてください。

評価・お礼

さららさん

老後のライフスタイルをもう少し具体的に
考える必要がありそうですね。
夫とも再度よく話し合ってみます。
参考になりました。ありがとうございました。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

まずイベント表とキャッシュフロー表で確認ください

2007/04/10 00:47 詳細リンク
(5.0)

さらら様、初めまして。ファイナンシャルプランナーの吉野充巨です。

貯蓄額を図るには、お二人の今後の生活について、イベント(退職する予定の歳、老後の住まい、車の購入など)と概算費用を書き出してイベント表を作成ください。
この表を作ることで、将来を概観できます。
その上で、将来の収入(給与、退職金、年金等)と支出(生活費、車の購入費用、旅行等々)を記載したキャッシュフロー表で貯蓄必要額を算出します。
私のHPにこれらの表のサンプルを掲載しています。宜しければご参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm
キャッシュフロー表で将来必要とする貯蓄額が分かりまましたら、それに基づき住宅ローンの繰り上げ返済や、貯蓄額を計画ください。

なお、一般的な老後の生活には、夫婦お二人で約30万円、妻だけでは約21万円が必要とされています。60歳時点での女性の平均余命は約28年、男性は22年です。従ってさらら様90歳迄の30年間に必要とする金額は、
30万円×12ヶ月×22年+21万円×12ヶ月×8年=9,936万円
ここから公的年金の支給額と退職金を引いたものが貯蓄必要金額になります。

公的年金は社会保険庁のホームページに概算シュミレーションがありますのでご使用ください。退職金はお勤めの企業の規定をお調べ願います。

評価・お礼

さららさん

なるほどイベント表とキャッシュフロー表を作成すると老後のライフプランも立てやすくなりますね。それにしても1億円近いお金が必要になってくるとは、思っていた以上に高額なので驚きました。9936万円ー公的年金支給額ー退職金=貯蓄額というわけですね。実際貯められるのかどうか不安になりますが、具体的な金額がわかると励みになりますしやる気も出てきます。とても参考になりました。ありがとうございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後のマネープランについて。 じゃい子さん  2008-06-16 12:48 回答6件
母子家庭のマネープランについて テケテケさん  2010-01-29 22:07 回答3件
家計診断をお願いします。 カイカイさん  2008-06-04 15:31 回答11件
繰り上げ返済と資産配分 kalswanさん  2008-05-31 12:24 回答4件
貯蓄の配分を、教えてください。 花みずきさん  2007-10-15 17:14 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)